コンセプト


■WIN5徹底攻略のコンセプト

WIN5徹底攻略は元競馬記者が導くデータ理論ブログ、くる馬WIN5のデータ重視版。

これまでよりさらに詳細なデータと独自の見解を提供予定。

タイトルの通り、WIN5を攻略の役立つ情報がメインコンテンツ。

ではまず、そもそもWIN5って何?というところから。

・WIN5とは?

JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着となると思う馬を選び、5レース全ての1着馬を当てる馬券。100円で最高6億円の払戻金を手にするチャンスがあること。

※だからといって当たるとは言っていない。

競馬で一攫千金を狙いたい人にはうってつけだ。宝くじなんかと違って自分で予想して買えることにやりがいがある。

・「JRAが指定する5レース」って?

競馬を行っているすべての競馬場から5レースをJRAが指定。原則として「WIN5の最後のレースは、各競馬場メインレースのなかで発走時刻が最も遅いレースとし、そのレースからさかのぼって5レースをWIN5のレース」として指定。

・100円で購入できるのですか?

WIN5は、100円からご購入可能。

また、WIN5はインターネット投票からのみご購入できる。
そのため、「JRAダイレクト」「即PAT」「A-PAT」のいずれかに事前の登録が必要となるので忘れずに準備しておきたい。

ネット購入のみ券種のため、
競馬場、ウインズ、ARS方式電話投票では購入できない。

各競馬場メインレースのなかで発走時刻が最も遅いレースとし、
そのレースからさかのぼって5レースがWIN5対象レースになる。

実際の「WIN5対象レース」は下記URLにて公開。
http://www.jra.go.jp/dento/info/win5.html

◆発売開始時間
WIN5は日曜日のレースが対象のため、
土曜日の19時30分からの発売開始。

◆締切時間
・即PAT会員、A-PAT会員の場合
WIN5の最初のレースの発走予定時刻の10分前
・JRAダイレクト利用者の場合
WIN5の最初のレースの発走予定時刻の15分前
※はくぼレース期間中は、土曜日の20時から発売開始。

◆さらに詳しい内容はJRAのHPで確認。
http://www.jra.go.jp/w5jd/win5/index.html

■WIN5のメリット

最大のメリットは何と言っても100円で6億が狙えること。

庶民が現実的に狙うならば数十万から数百万クラスが妥当。

馬券が外れる原因として多いのが、2着抜け、3着抜けのパターン。WIN5の場合は1着馬が対象となるため、2着や3着に比べて荒れるリスクが最も低い。

一般的に1番人気の馬の勝率は約3割に収束する。

さらに2番人気の馬の勝率が約2割。

単純計算では1番人気と2番人気を購入すると約5割の確率で的中。
5Rすべてだと0.5の5乗であるから0.03125で3%くらいの確率。
調べてみると現実は0.05程度で5%と気休めくらいには上昇。

※しかも当たったところで間違いなく低配当。
世の中そんなに甘くない。

でも宝くじよりは当たる可能性が高いのはいい。

ギャンブルをやっているからには他人任せではなく、
ある程度は自分の意志で大金を掴みたいもの。

また、的中すれば自分の手柄、外れても自己責任ならスッキリする。

■WIN5のデメリット

とにかく当たらない。

※仕事で競馬をしていた小生ですらたまに心が折れそうになる(笑)

押すレースと引くレースのバランスの選定が難しい上に注意しないと点数が破滅的に増える。

軽い気持ちでやってもまず当たらない。

1レースも的中しなくても4レースまで的中しても同じくハズレ。
レースごとに購入すれば外れたレースのみの損害だがそれもなし。

まさにすべてを手に入れるかすべてを失うかの二つに一つである。
WIN4までいきながら最後の最後で外れたときの絶望感ったらない(笑)

外れても外れてもむしろそれを快感に脳内変換できるくらいのドMの豚野郎でもなければお勧めできない。

単純に1R×5回の予想で取れるような代物ではない気がする。

※ほぼ2回に1回は7番人気以上の穴馬が勝つが、それが1~5Rのどこで出現するかわからない。

基本的に無関係ではあるが、税金の話。

例の裁判の判例はあくまで常勝ルーチンを組み込んだプログラムを利用しての
投資認定を受けられたから勝てた。

WIN5長者は既に何人も誕生しているはずだが、未だに裁判になっていない。

※今のところは犠牲者の報告はなし。

まあ残念ながら殆どの人には縁のないこと。

■WIN5の点数の考察

・何点くらいがちょうどいい?

何も考えずにただ買うとおそらく大変な点数になる。

そのため、1Rでの点数ならともかく5Rトータルで考える必要がある。

実はこれが非常に厄介だ。

1R×5Rなら単純に5倍になる?んなこたぁない。。。

例)1R~5Rで2頭を選択して購入した場合。

誤⇒2頭×5R=10点
正⇒2頭×2頭×2頭×2頭×2頭=32点

5割(1番人気勝率3割+2番人気勝率2割)の確率で
勝つと想定される1、2番人気の組合わせ2頭を買ったとしても
的中の期待値はわずか5%程度(およその目安)。

そして容易に見当がつくのは限りなく低配当であること。

・1,2番人気馬の扱い。

やみくもに1,2番人気ばかり購入しても赤字になるのはわかった。

かといえ最も出現率の高い組み合わせである1,2番人気を無視して
的中にありつこうというのは相当な難問であり、現実的ではない。

人気馬を上から買えばいいだけの簡単なやり方と
逆に1,2番人気以外の全頭で5レース分買うのとは訳が違う。
※誰だってそう思う。俺だってそう思う。

ただ、資金的な都合はあると思うが、対象5レースのなかで、
5Rすべての1,2番人気は最低限のベースとしては押さえておきたい。

最初から32点は必要経費として入れておくのが望ましい。
※せっかく穴馬を拾っても誰でも買える1,2人気を切ったレースで
外しては本末転倒となる。

32点をベースにした上で1,2番人気以外の穴馬を
どうやって飾り付けていくかが腕の見せ所ではないだろうか。

まさにケーキの土台のスポンジが1,2人気で
デコレーションが穴馬のイメージならしっくりとくる。

・実用的な点数とは?

端的に言えば買う側がWIN5に対してどの程度の投資の覚悟次第。一般的な金額であればやはり1万円程度が妥当なライン。

日曜のみの開催であるから週一で趣味に1万円くらいなら許容範囲。勿論これは個人差があり一概にどうこうは言えないのではあるが・・・。

遊びで買う程度ならば3000円くらいでいい。
※ここで見落としやすいのが、中途半端に買ってしまうリスク。

所詮はギャンブルなだけに勝たなければ意味がない前提がある。
やるからには勝つのが目的であって、それでこそ負けても消化出来る。

勝つ気もなくだらだらと浪費するくらいならやらないほうがマシ。

的中方法に綺麗も汚いもないだけに要は勝てばいい。
勝つために何が必要か?

そりゃ資金力に他ならない。
限られた資金をいかに小額で済ませられるかは予想力とセンス。

それがないなら他人の予想に乗っかるか、
それを補う資金の追加投入が必然となろう。

別に大量の点数を購入して的中したからといって何の問題もない。

要するに費用対効果さえ黒字を維持していればいいだけのこと。

最近は競馬情報会社でもWIN5の情報も提供されており、参考にしてみるのも選択肢の1つである。

ウィンファイヴァーへの覚醒

クワトロ「またWIN4か。苦しくはないか?」

ck

カミーユ「いえ。でも何度味わってもイヤなものですね、この感じ。」

クワトロ「3連単を買っていた人々は、この何倍もの低い回収率に耐えながらWIN5に切り替えた。」

カミーユ「知っています」

クワトロ「彼等はWIN5にこそ希望の大金があると信じた。
自分達を金欠に追いやったJRAのエリート達を憎むことより、
その方がよほど建設的だと考えたのだ。」

「3連単の重力を振り切ったとき、人は新たなセンスを身に付けた。
それがウィンファイバーの開花へと繋がった。そういう意味では、確かにWIN5に希望はあったのだ。」

カミーユ「よく分かる話です。僕もその希望を見つけます。それが今、僕がやらなくちゃいけないことなんです。」
「(そうしなければ、いつまで経っても馬券生活者になれない)」

クワトロ「あまり、気にするな。」

カミーユ「気にしてなんていませんよ、気にしてたら、WIN5なんてやってられないでしょ?」

c

クワトロ「(的中したらしたで次は税務署との戦いが待っている)」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加