帰ってきたWIN5反省会【23.04.09】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう
■中山10R鹿野山特別(2勝)芝2000 ※逃げ不在

1着◎キングズパレス
2着-リリーブライト

----------
ゴ三浦、石橋脩、大野を買わないのは国是のようなもの。

それくらい彼らはWIN5で使い物にならない。

本来ならキングズパレスでいいはずなのだが、
肝心の松岡の信頼度がもうひとつ。

それにこの馬が負けたサンストックトンが
近走おかしくなっているのも気になる。

まあ2勝クラスならってとこではあるが。
----------

ヤマニンガラッシアに期待したが
思ったより早く後ろが上がってきた。

先週の美浦Sみたいにはならなかったか。

キングズパレスはさすが強い4歳世代。

サンストックトンがこけたのとは違ったね。

■阪神10R競馬法100周年(3勝)芝2000

1着▲セイウンハーデス
2着-ハートオブアシティ

----------
土曜阪神を見た感じだと
まともに予想はしない方がいいという感想。

馬場のバイアスが大き過ぎて
ハッキリ言って騎手の乗り方次第なところ。

後ろにいる奴はどうしようもない。

当然ながら騎乗馬も逃げ先行内枠を重視したい。

セイウンハーデスは前進気勢が強いだけに
外でも積極策が濃厚か。

ただニシノとセイウンの馬はWIN5で来ないんだよなあ。
----------

戸崎ブラックシールドと川田ヘッズオアテールズは自信の消し。

セイウンは外枠でも前に行く馬だから怖かった。

アウスヴァールの逃げ切りもあるかと思ったが
途中で和田のアップデートがいらんことしい。

あれでタイトな流れになった分だけ
前の馬にはきつくなった。

まあこちらも強い4歳世代。

4歳買っとけば大抵何とかなるんよね自己条件は。

■福島11RモルガナイトS(OP)芝1200

1着△ヴィズサクセス
2着▲サンライズオネスト

----------
ここも予想をする方が難しい。

ただ、荒れ馬場で昨年と打って変わって
差し馬場になった小倉組は危険。

ああいうのは普段は勝てない消極的なタイプ向き。

勝ちに行った騎手が想定外の追込みで交わされる程度。

土曜福島は前が残っていたため
あくまで行く気のある騎手だけを狙いたい。

まともならサンライズオネストだけど
近走が信用ならない。
----------

土曜福島を見ていると開幕週らしい前残り。

他場と違って福島は開催が進むごとに
差しが決まりやすくなるフラットな状態。

なら当然前に行く馬だよね。

普通ならジュニパーベリーが単騎逃げのはずだが
スタートが悪くて逃げられず。

となると逃げ先行が圧倒的に有利な訳で
逃げたヴィズサクセスと2番手のサンライズオネストで決着。

ヴィズサクセスを狙えたのは
武藤君が1200でしか結果を残せていなかったこと。

過去の相手関係でのそれなりの相手に善戦している。

で、奥村はWIN5で注目している厩舎。

そらもう迷わず買いよ。

むしろ前売りで15番人気とかなってて
こっちが不安になった。

■中山11R京葉S(L)ダ1200

1着○テイエムトッキュウ
2着-クロジシジョー

----------
週中にツイートした通り
現在、スズカ手コキタイの新メンバーを募集中。

ダートで4連勝中のサンライズホークに注目が集まるが
よりによって中山ダ1200のような特殊条件に使ってきた。

小倉のダ1000mを楽勝しているように
スピードはあるだろうが中山は別。

ここはスプリンターズSよりも
前半3Fが速いことも珍しくない魔境。

速いときは平気で32秒台や33秒台前半が出る。

初体験では追走に手一杯だろう。

岩田がこの馬のために乗りに来るテコキタイの敵ではない。

怖いのはむしろテイエムトッキュウの方。

前走は完敗だが今回は1キロもらい。

詰めの甘かった津村が勝ち切るようになったのも警戒したい。

そもそも行ったままの展開が多い条件でもある。

大外は好条件でも取りこぼしには注意が必要。
----------

2着クロジシジョーも気になったが
1着で考えると怖さはなかった。

後はスズカテコキタイ次第な訳だが
前走が強過ぎたことと不良だったことが引っ掛かった。

登録段階ではこの馬1点でとも考えたのだが
最近の津村の覚醒と安定の逃げ馬ということでテイエム。

サンライズは予想通りの敗戦。

スズカも奥村案件ではあったものの
昨秋から使い詰めしているのはどうかと思った。

11月から連戦してここが6戦目。

それを踏まえた上で予想を修正できたのはよかった。

■阪神11R桜花賞(G1)芝1600

1着▲リバティアイランド
2着△コナコースト

----------
先週の反省会でも触れた通り
桜花賞対策の確認から始めたい。

大阪杯当日の3歳・1勝クラスで
芝1600m戦の時計が1.32.7良だった。

これがまず入り口。

勿論、この時計は今年の阪神芝1600最速で
チューリップ賞(G2)の1.34.0や
洛陽S(L)の1.33.1より速かった。

この時点でもうおかしな馬場が作られていることが分かる。

その前提で疑いながら見ていた大阪杯。
ジャックドール絡みの馬券を買い足すほど
危険だと感じた結果は周知の通り。

まともな馬場ならスターズオンアースの勝ちだったろう。
----------

リバティアイランドが強い馬ということは当たり前のように分かっていた。

でも内枠を引いたら馬群に詰まる可能性を考えなくてはいけない。

ただでさえ超速前残り馬場の阪神でフルゲート。

川田が詰まってやらかしたら飛ぶとも思った。

ところがである。

ある程度出してポジションを確保するしかないと思っていたのだが
川田の選択は下げてからの外。

これは常識的に考え得る中で最悪の選択。

ロータスランドの岩田が
下げてから最内を突いたのと真逆。

こんなことをしたらまず無理。

勝てっこない。

道中の位置を見てそれみたことかとほくそ笑んだが
直線大外に持ち出されてからは目を疑うような光景。

こんなんデータも馬場もクソもありゃしない。

下手に乗っているからこそ馬の強さが余計に浮き彫りになる。

いや、乗り方は最悪でもこれは実は最善の選択だったのか。

馬の実力っで負けることがないのだから
要は不利さえなければいい。

これってディープで豊がやってた乗り方じゃん。

実際、2着や3着は前にいた馬で騎手も先行策。

普通ならこっちよ。

そらそうよ。

だってリバティアイランドが普通じゃなかったんだもの。

ただ1頭異次元の32秒9.

当然ながらこの32秒9は今年の阪神で最速。

馬場がどうこうで飛ぶような馬ではなかったということ。

競馬を見ているとたまに度肝を抜かれることがあるが
これは近年で一番気持ち悪かった。

こんなものを見せられたら土下座するしかない。

ダービー出ても楽勝できるよ。

今年の牡馬はうんこだもの。

むしろ使わない理由はない。

牝馬三冠なんて意味はない。

アーモンドアイ超えを狙えばいい。

それだけにアルテミスのクソ騎乗は叩いていい。

あれこそ川田将雅の慢心以外何物でもなかった。

せめてもの憂さ晴らしはこれくらい。

■回顧

反省会とはいえ、予想ではしっかりとWIN5的中。

福島を全通り買いするわけでもなく
予想で拾えたのもよかった。

でもなぜ▲にしたセイウンを買わなかったのかって?
まあそれは表に出せない大人の事情によるもの。

救いがあるとすれば50万を超えない程度の配当だったこと。

もし3桁いってたら人間関係に亀裂が入ってたと思う。

多くは語らん。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと