傾向と対策

2015CBC賞(G3)過去10年の傾向と対策

かつては冬の重賞だったが夏場に移動してはや10年。だいぶ違和感もなくなってきたが、難解さは相変わらず。 2003年にシーイズトウショウとカフェボストニアンで穴を取ったのと2005年にカネツテンビーに割り込まれて外した記憶だけは鮮明に残ってい...
結果分析

第56回宝塚記念は6番人気ラブリーデイが初G1勝利。ゴールドシップは世紀の大出遅れで15着惨敗

2015第56回宝塚記念(G1)の結果分析中間の雨の追い風もあり、史上初となる同一G1の3連覇がかかったゴールドシップにまずます有利になったと思われた宝塚記念だったが、ゲートから出ないというまさかのトラブルで15着。勝ったのは今年に入って重...
徹底攻略

2015宝塚記念(G1)出走牝馬の考察

今年の宝塚記念は牝馬が5頭も出走するのが特徴でもある。 中でもデニムアンドルビー、ディアデラマドレ、ラキシスの3頭を送り出す角居勝彦厩舎が最多。 次にヌーヴォレコルトの斎藤誠厩舎とショウナンパンドラの高野友和厩舎。 それぞれピックアップして...
スポンサーリンク
アクセスランキング
ja日本語
ja日本語