【きさらぎ賞、東京新聞杯】帰ってきたWIN5反省会【24.02.04】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

193人の購読者に加わりましょう
■京都10R令月S(OP)ダ1200

1着○クロジシジョー
2着-ヴァガボンド

----------
短距離かつオープンで芝ダートいずれも荒れる条件。

全体的な構成を見渡すと
ここで穴が出ないと低配当ほぼ確かもしれない。

近走の対戦成績を優先すると
スマートフォルス、クロジシジョーが優勢か。

ただいずれも勝ち味に遅いというか
突き抜けて勝つまでのタイプでもない。
----------

逃げ切りを図ったヴァガボンドを
ゴール前で外からクロジシジョーが差し切り。

少し前まで足りない競馬をしていた馬だが
ここへきて連勝。

力をつけてるね。

西村も上手く乗っていた。

クロジシとスマートのワンツーはなさそうだと予想していたが
スマートは伸びを欠いて6着凡走。

この手の馬は京都のダ1400がよさそうね。

サトノテンペストは近走だらしなかった割に
なぜか3番人気。

実際3着に来たけどルメートルとルメール間違えて買われたのかな。

■東京10R白嶺S(3勝)ダ1600

1着◎コスタノヴァ
2着×イグザルト

----------
キムテツとルメカスのコスタノヴァが人気確実。

先行力が安定しているし大崩れはなさそう。

ならこの馬をマークして交わせる馬を探す必要がある。

シンプルに時計だけならエルゲルージで足りる。

良の東京ダ1600でコスタが1.36.3に対し
こちらは1.35.7で0秒6のアドバンテージ。

まあ問題は子猿だけどね。
----------

前半3Fが35.1に対し後半が37.2。

逃げ先行勢はオーバーペース。

コスタノヴァは前走で先行抜け出しの優等生なレース。

スタートミスって後ろにいたときには
このまま負けてくれと期待した。

ところがぎっちょん(言いたいだけ)

実は前が速くて差し馬に向く展開。

前の馬が総崩れになったのに
2着に残したイグザルトの強さだけが際立った。

先生マスターとしては
今回見送ったから漏らしそうになった。

先生がういんご勝つときは基本押さえてるからさ。

でもルメカスさんは持ってるねえ。

出遅れたレースでハイペースだもん。

個人的にイラっとしたのは藤懸。

前走得追い込み決まって
今回も腹をくくるかと思いきや
まさかの先行策。

いやいやそういうんじゃないって。

■小倉11R小倉日経OP 芝2000 ※逃げ不在

1着◎ダンディズム
2着-フォワードアゲン

----------
最近メイン開催で乗る機会も増えた富田君だが
それまで下手騎乗の象徴的な存在がダンディズム。

58キロを背負うとはいえ、
昨年同時期の関門橋S(OP)でディープモンスターの2着。

同3着ビッグリボンがマーメイドS優勝。

順当ならこれってところだけども
土曜小倉で前残りも気になり始めたので
展開次第では取りこぼしも十分あると見た。

だったら先に抜け出せるタイプの馬が穴候補か。

まあ順当ならライトクオンタムだろうなあ。

小倉の芝中距離はバカみたいにディープ案件だ。
----------

フォワードアゲン突っ込んできたときは焦った。

この馬は穴狙いでちょくちょく押さえていたけど
俺が買ったときは一度も馬券にすらならなかった。

だからもうお別れでいいやと思ったらこれだもの。

まあ力通りならやはりダンディズムだったか。

富田君地味だけど成長してるよ。

聖奈より乗れるんでないか。

最近重賞でも顔を出すこともある中
付き合いの長い相棒で勝てたのはいいこと。

学習しとるなあって思う。

ライトクオンタムは隼人が制御しきれてなかったね。

道中もなんかぎくしゃくしててリズムが悪かった。

ただロンと違って立て直せてるみたいだから
牝馬限定のG3くらいなら勝てそうな雰囲気あるね。

■京都11Rきさらぎ賞(G3)芝1800 ※逃げ不在

1着◎ビザンチンドリーム
2着-ウォーターリヒト

----------
新馬勝ちの内容ならビザンチンドリームが秀逸だった。

前が残る展開ながら加速ラップを覆して3馬身差の大楽勝。

エンジンのかかりは遅いが
突き抜けた末脚は一級品。

ザバエフから引き継いだピーヒュレクは不安も
追い切りからコンタクトを取っている。

早熟エピファ産駒もこの時期は強い。

スケール感ならこれだろう。
----------

どんぐりの背比べ的なメンバー構成だったが、
新馬勝ちの内容が本物なら
ビザンチンドリームが楽に勝てると思ってた。

終わってみればハナ差の辛勝に見えてクソ強かったね。

道中はスローで展開的にも東京新聞杯みたいな内容。

内から前々で競馬した馬しか好走しない条件だった。

2着3着は騎手が上手く乗っての好走。

外を回した川田も弘平も伸び切れなかったね。

それだけにピーヒュレクの下手さ加減が突き抜けて酷かった。

パトろーり映像でもスローを無理に押さえて
馬と喧嘩している様子が残ってる。

それで一番伸びない大外をぶん回して差し切り。

この時点で並の馬じゃねえわ。

普通の騎手を乗せればもっと楽勝していたはず。

こいつは結構な大物かもしれないぜ。

■東京11R東京新聞杯(G3)芝1600 ※逃げ複数

1着-サクラトゥジュール
2着○ウインカーネリアン

----------
秋華賞で望来のクソ騎乗にブチ切れて以来、
デビュー戦から目をつけていたマスクトディーヴァが登場。
まあとにもかくにも不安材料は子猿。

仮にリバティアイランドがいれば
1倍台前半の断然人気だっただろう。

個人的には望来がやらかさなければ
秋華賞勝てたんでねえかと思っているだけに
本来なら1点にしたいくらい。

※スローペースを楽に先行して抜け出し。
スタートで後手踏んで勝負どころは進路が塞がる大失態。

外人乗せれば普通にG1勝てると期待している一方で
いやいや断然人気こそ疑えよというのがWIN5の鉄の掟。

子猿の断然人気って条件に関しては
取りこぼしを警戒する必要がある。

じゃあ何がいいのか。

そりゃ下手糞でも逃げたら勝てるというのが持論であるわけで
そうなるとあいつを警戒しないとならない。

そこでいつもは買わないポリシーを曲げて足したいのは
ゴ三浦でもウインカーネリアン。

これはまあ追い切りが絶好だったのよ。

G1で本当の騎手の腕や底力を要求されると足りないが
そうじゃないときには勝算がある。
----------

安くてもいいから当たってくれという願いも虚しく
ゴール前でサクラがウインを交わして勝利。

いかにもこの時期の東京らしい内前決着だった。

サクラは堀厩舎とキングのコンビ。

今年に入ってはや重賞2勝目なんだから素晴らしい。

これこれ、こういうのが腕で勝たせる騎手だよな。

石橋脩でも勝てる馬なんだから弱くはなかったと。

にしても7歳にして初重賞制覇とはねえ。

ネオユニ産駒ってもうダートの1700くらいしか
使い道ないと思ってたけど殊勲の勝利だね。

馬券的にはウイン軸にしてサクラもアスクも突っ込んでたけど
8番で買わなかったヤスがハナ差で3着に突っ込んできた。

ワイの3連複は124着でハズレ。

来てたら10万馬券だったらしいよ。

GFeVS1da4AAp9LW

武史はダメだなあやっぱ。
時代はもう一度ヤスだわ。

このハナ差はしんどい。

で、本題に戻るとマスクトディーヴァちゃん負けちゃったねえ。

ゲートに突進して他の馬と同じタイミングで開かなかった。

これって安全面に配慮して?

そんなこといったって見方によっては八百長じゃねえの?

まあ落馬しようが競走中止しようが外枠発走しようが放馬しようが
返金は絶対にしたくない銭ゲバJRAだからしょうがねえけどさ。

負けるとしたら後ろで外回して脚を余したまま届かない。

これくらいはイメージできる程度に競馬歴はある。

だからこそ理想と現実で馬券はウイン軸で買ってたくらい。

とはいえ、マスクトディーヴァが上を目指すには
岩田望来の存在は足かせでしかないことも事実。

リーディングだけ上でもヤスの方が全然上なのは周知の事実だろ。

エージェントのおかげで中身のない勝ち星だけ稼いでる。

今回のは馬の問題もあってだから
一概にこいつだけが悪いとは言い切れないけど
他の騎手で同じアクシデントが発生したのかどうかは分からない。

一方で今回の敗戦をそう悲観する必要はないとも思う。

東京のマイル戦ってこういうトラブルが意外と起きるコース。

ロジクライが暴走してアーモンドアイ潰したりね。

あと、個人的に苦笑したのは
リバティならこういう展開でも勝てたって言ってた素人。

アルテミスSのこともう忘れちゃったのかな?

今日みたいのは強い馬でも展開のアヤで負けるかもしれないってだけよ。

あとは、忙しいレースよりも中距離でいいとも感じたよ。

春の目標にVMを見据えているようだけど
これなら大阪杯出せば勝算あるんじゃないかな。

毎年レベルが低いしあそこ。

とかなんとかいいつつ
外人に乗り替わってVMあっさり勝つパターンもありそうだが。

とりあえず言いたいのは結果がどうであれ未来の継続は勘弁してくれってこと。

こいつが重賞で通用しないのは周知の事実でもある。

騎手はミスしてもまだまだチャンスがあるが
馬はほんの数年しか走れない。

今の望来の腕ではマスクトディーヴァと釣り合いが取れてないと思う。

それだけ。

■回顧

ワンチャン好配当なら前半の2つでと期待したものの
2人気と断然人気ではどうしようもない。

きさらぎ賞でピーヒュレクの下手さ加減に冷や汗をかいて
なんとか最後でと思いきや

マスクは出遅れ&ゲートが開かない嫌がらせまで。。。

それならゴ三浦師匠で何とかならないかと見守っていたら
最後にまたキングか。

今年のういんごが取りにくいのは
最後の5レース目が荒れまくってるから。

7人気サクラトゥジュール
1人気エンペラーワケア◎
3人気チャックネイト
5人気ダノンデサイル
8人気シュバルツカイザー◎
5人気イフェイオン
5人気リカンカブール◎

そういや俺も3つしか拾えてねえわwww

うーん、難しいねえ。

いつもは5レース目が一番荒れないレースなんだが。

後は最低人気の付き合い方だね。

今年のWIN5で5レース中最も荒れた人気
7人気
7人気
6人気
5人気
8人気
5人気
8人気

荒れても5678人気までね。

今回のサクラも例に漏れずこのパターン。

前半は脳死で後ろ勝負のがいいかも。

でも4つ目はそこまで荒れてないので注意。

マスクさん負けたけど
せめて乗り替わってくれたら気分も晴れる。

ではまた来週。

スクリーンショット 2024-02-04 141911

最後だけ2着のWIN4。置きに行ったのがマズかった。

スクリーンショット 2024-02-04 190450

WIN5の配当は必ずしも難易度と比例しない。

もっと荒れても簡単だった回はなんぼでもある。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと