【中山記念、阪急杯】帰ってきたWIN5反省会【24.02.25】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

193人の購読者に加わりましょう
■阪神10RマーガレットS(L)芝1200 ※逃げ多数

1着-ナナオ
2着△ピューロマジック

----------
名前は見たことがあっても
レース映像はあまり覚えていないメンバー。

一応それでも映像のチェックはしてみたが
これといって決め手のある馬は見当たらなかった。

ただ念頭に入れておきたいのは昨秋の八百長馬場。

テイエムスパーダの行ったままを思い出す必要がある。

なら必然的に外を回す差し馬よりも
内から抜け出せる逃げ先行馬狙いがセオリー。
----------

重馬場で前後半3F34.1-35.3のやや前傾。

逃げたピューロマジックを
番手のナナオが捉えて楽勝。

先手を取りに行くと思った1番クリスアーサーも
2番ビッグドリームも後方。

ちょwおまwww

河原田なんて行くしか選択肢なかったけどなあ。

ハイペースならミルテンベルクで届くかと思ったが
意外とペースは速くなっていない。

ナナオはJFでも穴で押さえた馬だが
WIN5で竜二は買わない人。

結果的に2番人気で抜けてしまった即死。

ンゴゴゴゴゴ。

■中山10R春風S(3勝)ダ1200

1着◎マニバドラ
2着○サザンエルフ

----------
中山ダ1200に豊と森ハゲが
コンビで出して来たら買いというデータを持っている。

残念ながら今回はヒットしないで別売り。

それでも豊のサザンエルフ
森ハゲのマニバトラは買えということだ。

ホント訳の分からない混戦過ぎて
明確な線引きをできないとはいえ
ここで点数を無駄打ちしてももったいない。

大抵4番人気以内くらいで決着して拍子抜けするだけ。
----------

ここは今日一番完璧に読み切れたレース。

人気とフラグを綺麗に回収した。

ゴ三浦師匠はゴミなので3着でもノーカン。

師匠が来るときは師匠でも勝てるくらい強い馬じゃないとダメ。

芝はほぼ不要でダートのみ4人気以内が条件のデータあり。

■小倉11R下関S(3勝)芝1200

1着-カンチェンジュンガ
2着-エコロレジーナ

----------
いやあもう考えたくねえ。

てことで今年の小倉芝で好調な順でいいんじゃないの?

まず前走で◎打ったピンクマクフィーはいいね。

ヤクシマに展開がハマり過ぎただけと考えたい。

小倉ではハゲと克駿、佐々木と丹内が上位を独占中。
----------

逃げたメイショウエニシアの刻んだハイペースは
前後半33.6-35.4の激流。

それでも勝ち馬のカンチェンジュンガは5番手
2着も2番手エコロレジーナで3着も3番手エイシンフェンサー。

やはり開催が進んで謎の前残り馬場となっている模様。
小倉はこういうのやるから気持ち悪いんだよな。

カンチェンジュンガは穴を出す前走1着馬。

でも小郡特別がだらしなかったから軽視した。
その前の西日本新聞杯もね。

ただ結果を見ればコース適性の問題もなかったみたい。

庄野厩舎がWIN5で年間未勝利更新中だったし。

阪神10Rで警戒したビッグアーサー産駒がこちらで爆発。

いい訳しか出てこない。

■阪神11R阪急杯(G3)芝1400

1着◎ウインマーベル
2着○アサカラキング

----------
正直このメンバーならウインマーベルで足りると思った。

これさあ、阪神の開幕馬場も考慮して
買うなら内枠条件って決めてたんだよな。

それくらい内外の偏重があるって意味。

外を回す展開になると苦しいと見る。

と思いきや狙っていたウインマーベルが最内を引いた。

もはや考える必要はない。

逆にアサカラキングの扱いが難しい。

逃げ馬なら外枠でも関係ないしなあまり。

雰囲気としてはちょうど去年のアグリに似てる。

多少外からアサカラが飛ばしても
内で脚を溜めれる分差し切れるはず。
----------

中山10Rとここが今日のベストオブベスト。

どちらも本命対抗のワンツー決着だった。

特にウインマーベルは入魂の1点縛り。

こういうのを勝ち切れると気分が上がる。

アサカラが悪くないのは織り込み済み。

2点にしなかった自分を褒めてあげたい。

これ2頭の枠が逆だったら2点にするつもりだった。

サトノレーヴ弱くはないけど勝つ気なら綾也は乗せないっていったでしょ。

次だろうな。

ダノンティンパニーはオープンの壁を感じる負け。

■中山11R中山記念(G2)芝1800

1着△マテンロウスカイ
2着-ドーブネ

----------
展開的にはすんなり先手を取れればドーブネも面白い。

だが去年は豊が絶妙に超スローまで落とした上に
イルーシヴパンサーとシュネルマイスターを巻き込んで潰した。

レッドモンレーヴは東京向きで中山は疑問。

和生もこの馬では後ろからの競馬を選択している。

前で競馬できるセンスはないだろうから差す競馬だろう。

後ろからでは間に合わないと見る。

ソールオリエンスは早熟の成績。
武史がうまく乗れてなかったというのはあるけど
有馬で通用しない皐月賞馬ってのは成長しない。

エスパーも中山の1800はダメダメ。
マイルは最高なんだけどな。

それならいっそのこと典弘おじさんの方が面白そう。

この人は拠点を関西に移してナンチャッテ関東所属だけど
中山記念は過去5勝と得意。

スローから上がり勝負の東京新聞杯5着なら上々。

中山変わりは前進あるのみだ。
----------

仕事の方でマテンロウスカイとジオグリフの推し記事を書いた。

どちらも馬券圏内に来たからそれなりに頑張ったよね俺。

ドーブネもWIN5は苦しいが馬券には来れそうという読み。

3頭しっかり見抜いてるけどこの3頭の組み合わせはなし。

3連複7万もついてるじゃんか。。。

なぜ外れたのかってそりゃ
ノリと西村の2頭軸にしちゃったからさ。

当分の間、ボックスにしようかねもう。

傷口がデケえわ。

前残りも想定内でソールオリエンスも真っ先に疑った。

ヒシイグアスも重馬場からっきしダメ。

でもジオグリフもっと人気なくてよくない?

netkeibaだと二桁人気くらいの想定だったが。。。

まあ圭太ちゃんがうまく乗ったよなこれ。

隼人は何も考えずに行くだけだから
下手糞でも逃げ馬は買えで拾える。

読みが外れた原因はエルトンバローズの凡走。

切れる脚がないタイプだから重は歓迎と思ったが。。。

ドーブネはむしろ人気なさ過ぎじゃね?

■回顧

結果的に即死して終了だった訳だが
WIN5専門の人としてはそれなりに頑張ったつもり。

今回のテーマは東西メインをぶち抜くことだった。

そう、Twitterで言ってるから
もうみんな知ってると思うけど
今年の5レース目は史上最高クラスに荒れているのだ。

だから想定ラインとしては7人気前後を警戒。

過去10年の中山記念が5人気以内で決着していたことを
データ的に気付いていてもだ。

そこを狙い撃ってマテンロウを押さえた判断は自画自賛したい。

5レース目を1番人気が勝ったのは根岸Sのエンペラーワケアのみ。

来週の弥生賞はどうやろねえ。

スクリーンショット 2024-02-25 133938

後ろ2つを読み切って満足。金額も控えめに。

スクリーンショット 2024-02-25 174409

東西メインを見抜けて前半の213人気を全勝できなかった。

スクリーンショット 2024-02-25 181156

今年のういんご攻略は最終関門の的中にあり!

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと