【札幌記念、北九州記念】帰ってきたWIN5反省会【23.08.20】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

193人の購読者に加わりましょう
■新潟10R阿賀野川特別(2勝)芝2200 ※逃げ不在

1着▲リビアングラス
2着×ウインオーディン

----------
今夏の新潟開催で妙に気になったのは
1番2番からイン差しが決まっていること。

夏場はとにかく調子がそのまま結果に直結する。

真ん中より内に入って掲示板確保が目安。

即消しゴ三浦師匠でも最内引けたのは無視できねえなあ。

外なら消せたのに。
----------

ハナを主張したリビアングラスが逃げ切り。

ラップ的には5F58秒9と流れている。

途中からまくっていく馬もいて
出入りの激しい競馬になったが
最後まで先頭を譲らずにゴールした。

捲くった馬が234着で
5着に何もしなかった大野君。

この辺はいつもの大のクオリティか。

騎手のせいで負けたといえば
やはりゴ三浦師匠だろう。

内が有利の新潟で後方に下げて外から差し。
これでは勝てないのも分かる。

リビアングラスの吉田豊は
パンサラッサの矢作厩舎が起用した時点でお察し。

そりゃ逃げるわね。

■札幌10R手稲山特別(2勝)芝1200

1着-ワックスフラワー
2着-ハピネスアゲン

----------
今週から来日したマジックマン。

うんこが漏れいらで信じたい。

武史が少し残念な競馬からの乗り替わり。

ここは武史とセット案件でどやろか。
----------

大した精査もしないで
とりあえず上位人気馬で
無難にやり過ごそうとした結果がこれ。

手抜きすると許されないWIN5の怖さを思い知った。

上から8→6→5→13→7番人気と荒れ放題。

3番人気以内の3頭で外すという
情けなさ過ぎる結果だった。

WIN5としての予想だから
ハピネスアゲンについては
あえて見送ったけども
同じ3歳のラウラーナとタリアの選択は間違えるし
1着3着が3歳馬なんだからどうしようもない。

3歳馬疑って組み立てているから尚更だ。

ただワックスフラワーは
中山で連勝していた馬で
ローカルなら一枚上。

ここ2走で連敗していたから
頭までは足りないと考えたのだが
短期の休養でリフレッシュしていたっぽい。

疲れが敗因だったなら
これくらいのパフォーマンスはおかしくなかったか。

黛も年に1回来るかどうかって騎手だが
20年からで裏取りしてみたら中京と札幌しか来てなかった。

札幌あと2週あるから気をつけないと。

■小倉11R北九州記念(G3)芝1200

1着△ジャスパークローネ
2着○ママコチャ

----------
過去10年で1番人気の勝利はなし。

最多が8人気3勝で次が6人気2勝と荒れ放題。

クソ八百長馬場だった昨年のテイエムスパーダの
イメージが強く残るが実は小倉のCBC賞。

テンプレ通りに脳死で
56789人気辺りで決め打ちしたくなるのだが
それを躊躇させたのがデュガの存在。

あと引っ掛かったのは土曜小倉最終で1.07.1がマークされたこと。

32.8-34.3=1.07.1の逃げ切りは無視できねえわ。

速いときは32.2くらいで流れる小倉だが。。。

一応警戒してCBC賞組も保険で?
----------

1着当てるWIN5の予想だから
これはこれで別にかまわないんのだが
土曜小倉の佐世保S(3勝)よりも
G3の北九州記念の勝ちタイムが
遅かったことは気になった。

しかも前後半3Fのラップまで完敗している。

佐世保S 32.8-34.3→1.07.1
北九州 32.9-34.4→1.07.3

どちらも逃げ切り勝ちで
佐世保のメイショウゲンセン56キロに対し
北九州のジャスパーは57キロ。

1キロ差程度なら0秒2差は変わらないと思う。

つまりは文句なしの勝利に見えて
やっぱりバイアスの掛かった結果ってことじゃないかなあ。

先生マスターの当方でも今回は見送ったスマートリアン4着、
昨年大穴開けたボンボヤージの5着は苦笑い。

ガシマンは小倉得意なのね。

あまり小倉で乗ってるイメージなかったよ。

個人的に応援しているロンドンプランは4角ケツから2番手で8着。

長休明けとしては悪くなかったんじゃないかな。

16キロ増だったしね。

■新潟11RNST賞(OP)ダ1200

1着△アルファマム
2着▲チェイスザドリーム

----------
上位陣はある程度計算できる代わりに
点数が絞りにくいのがここ。

生き残ってればリーチも掛かるだけに
絞り過ぎても怖い。

前残りの目立つ過去だが
行きたい馬も多数。

前走で驚いたアルファマムも押さえておく。
----------

過去の傾向で逃げ切り多発していたから
最後の最後まで追い込み馬のアルファマムを信用し切れなかった。

チェイスザドリームが勝つように見えたが
なかなかの末脚でぶち抜いてしまった。

前走5番人気で勝ってクラスの上がったOP初戦でこれなら上々。

新潟で走らなかったデンコウリジエールとデュアリスト。

ハンデが重かった割には健闘している。

前日夜の前売りでデンコウリジエールが
1番人気という不可解な光景を目にしたが
大口購入があったらしい。

胡散臭いな。

■札幌11R札幌記念(G2)芝2000

1着×プログノーシス
2着-トップナイフ

----------
昨年との連覇が懸かるジャックドールだが
このレースで連覇を成し遂げたのはエアグルーヴさんのみ。

過去10年で1番人気が未勝利なのも引っ掛かる。

後続の脚を削りながら逃げて勝ったのが昨年とはいえ
それまでは高速馬場でスローの前残りを生かしていた。

G1も勝って徹底マークされる今年で
同じように逃げ切れるかは難しい。

大阪杯の勝利はスロー寄りの高速馬場を
そのまま展開の恩恵で逃げ切れた。

何もかもがうまく行き過ぎていたからこそ怖い。

プログノーシスについては
確かに川田で負けたことのない馬だけど
弱い相手にぶつけてきただけ。

そらモレイラのが不気味やで。

不可解な負け方をしていたソーヴァリアントの復調感じる。
----------

いやあ、印こそつけたけどプログノーシスが規格外の勝ち方。

毎日杯でシャフリヤールに負けたけど
禿げてたからってことなんやろか。

G1勝つような馬には思えなかったのだが
札幌記念はこれまでで一番強い競馬だった。

実際、この馬を疑ってアドマイヤビルゴの単を拾ったり
金鯱賞もフェーングロッテンやアラタが相手だったから
いきなりメンバー強化のここで勝つまではイメージできなかった。

川田が嫌いだからといっても
デビュー以来最大着差だもんね。

高いポテンシャルの持ち主だけど
乗り難しいというコメントの通り。

鞍上でここまで変わるなら
川田が乗る意味がある。

ソーヴァリアントは力を出し切っての完敗。

ダノンベルーガも仕上がり途上でこれ。

ジャックドールは昔から評価していないから
今日みたいな前掛かりの展開で
自分から勝ちに動くと味がない。

ウインマリリンも明らかに仕上がってなかった。

シャフリヤールの11着は謎だ。

追い切りは動いていたはずなんだが
ここまで惨敗する馬でもないでしょ。

ズルズルと勝負どころで後退したから
故障でもしたんだろうか。

■回顧

一応印をつけた馬がWIN4だったけど
これ全部買ってた訳じゃないからダメダメ。

特にドル箱となっている8番人気が抜けたのでは
高配当ゲットは夢のまた夢。

即死をしたくなくて最初に点数割いたけど
脳死で削った2つ目で荒れたんだから最悪の結末だ。

夏競馬のういんごは荒れ放題で
穴党には最適条件が揃っているのだが
あともう一つの読みが足りてなくて空ぶっている。

残り2週しかないので
何とか修正していかないとだねえ。

確かに楽しいよ。

楽しいんだけど当てないと楽しくない。

7.8番人気をどうやって狙い撃って行くかがポイントだね。

2つ目3つ目で高配トリガー。

思った以上に見当違いな結末。

チャンスは毎週訪れている。

今夏の傾向について唯一言い続けて正しそうなことは

人気のある馬から疑っていけという作戦。

最も人気していたジャックドールが敗れた一方で

5レース中で最も疑われていたアルファマムが勝利した。

これは他のファンを逆張りするには重要な要素だ。

周りが堅いと思っているところで穴をねらって

逆に荒れると思われているところで人気馬をあえて狙う。

だからこそ高配当になる理屈。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと