【WIN5】優駿牝馬(G1)他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
■中京10R鳳雛S(L)ダ1800

雨も降っていた中京のダートは前残り。

後ろでちんたらやってると見せ場もなく終わりそう。

内を引いたセイルオンセイラーの行ったままを警戒する。

ダートの1800なら禿げても問題なしのハピ。

幸も押さえておきたい。

◎セイルオンセイラー
○ハピ
▲タイセイドレフォン
△カンピオーネ
×ウッドショック

■東京10RフリーウェイS(3勝)芝1400

ソウルトレイン取消で17頭立て。

抜けた馬が不在のため、ある程度は広げておきたい。

堅そうで荒れるときはドカンとくる条件。

キルロードやハーフバックみたいなケースが無きにしも非ず。

それはともかく怪しそうなのは川田のブルースピリット。
人気する理由は分かるが、17番はさすがに手が出せないか。

日曜雨が降らないため、スローの切れ勝負も濃厚。
上がりの速い馬に有利なはず。

◎サトノアイ
○アヴェラーレ
▲イルクオーレ
△メイショウシンタケ
×テンハッピーローズ

■新潟11R韋駄天S(OP)芝1000

夏の新潟と違って春は外一辺倒ではない傾向も…。

とはいえ、スピードだけで押し切れないのも千直。

昨年は6番から14番人気タマモメイトウが差し切り勝ち。

さすが新潟でしか買えない男・津村。

オールアットワンスは人気確実で斤量が増える。

昨年のASD優勝時は51キロで3歳。
この馬450キロもないから4キロ増はきついかなと。

57キロ以上の勝利がほぼないレース。
アローワンス考えれば57キロに該当するのも微妙か。

データの推奨はやはり外の2頭。

マリアズハートは器用さがないため、
いつも後手に回って脚を余す乗り難しい馬。

この条件でこそと自信の◎を打ったのが
6番人気で勝利した昨年のルミエールAD。

ちなみにこのときの2着がタマモメイトウで
3着がジュニパーベリー。

タマモがいないだけで再現濃厚とみる。

◎マリアズハート
○ジュニパーベリー
▲オールアットワンス
△オヌシナニモノ
×デトロイトテソーロ

■中京11R大垣S(3勝)ダ1400

当該条件のレースがほぼなく騎手他の期待値がメイン。

この2週で新潟が荒れて中京が堅かったが、
そろそろ流れが変わっていいタイミング。

レモンポップを負かしたトーセンアランの人気は納得でも
前走の惨敗は引っ掛かる。

他の馬もアテにならないなら広げていいはず。

◎トーセンアラン
○ワルツフォーラン
▲オールイズウェル
△ゼンノジャスタ
×スカーレットスカイ

■東京11R優駿牝馬(G1)芝2400

桜花賞は馬場差が激しい中での開催だった。

あんな八百長馬場で公正競馬もクソもないだろう。

東京にしてもおかしな感じだったのがNHKマイル。

各馬の力関係以前に馬場まで予想させるJRAはホントクソ。

ゲートが開く以前に枠で勝敗が決まってしまう。

で、改めて桜花賞を振り返ると
スターズオンアースが勝った事実もあれば
川田が上手く捌いたレースでもある。

実際の勝ち馬なのだから
あえて難癖をつける意味もないだろう。

問題は重賞ずっと勝てないルメカスと18番枠。

これでは頭はないはずだ。

不利な外枠から1頭だけ伸びて来たのがサークルオブライフ。
ミルコはラヴズとユーバーで優勝しており、
舞台設定やデータ的にも問題なし。

素直にこの馬から入りたい。

と、思っていたのだがここでもう一捻りしたくなった。

そもそもこの世代で当方がトップ評価をしていたのがナミュール。

JFやチューリップ賞を見ても力があるには間違いない。

桜花賞は流れの悪かった武史の焦りもあったと考えれば、
そこまで悲観する必要があったのかと思い直した。

赤松賞の内容は本当によかった。

今春のG1でいいところなしだが、
反撃があるならそろそろではないか。

今回は枠にも恵まれたから東京で自分のレースに徹したらいい。

桜花賞は大型馬優勢だが、優駿牝馬は小型馬が好走しやすい。
ジャングルポケットの入っているピンハイに直線一気の淡い期待。

◎ナミュール
○サークルオブライフ
▲スターズオンアース
△パーソナルハイ
×ピンハイ

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと

アクセスランキング