【WIN5】北九州記念(G3)、札幌記念(G2)他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう
■新潟10R阿賀野川特別(2勝)芝2200

逃げ馬がいないということで展開は騎手次第。

2勝クラスなら上位人気の3歳馬が通用。

先週もストーリアが人気に応えたが
勝率的にはそれほど高い訳でもなく4割程度。

しかもこれ3人気以内に限定している。

セレシオン1点には少々嫌な予感もする。

で、負かすなら何だと考えると
この前に祐一のセントカメリアが
戸崎のラーグルフに負かされたのを思い出す。

だったらレベランスか。

人気だけどね。

そこで引っ掛かるのがシルブロン。

前走でそのレベランスを負かしてるんだなあ。

ただ、これはレーンもうまく乗った。

新潟の津村が買えるとは言え、
逃げ馬でもないなら過大評価は避けたい。

腐っても戸崎が上。

◎セレシオン
○レベランス
▲シルブロン
△プルミエロール
×ポレンティア

■札幌10R大通公園特別(2勝)ダ1700

ここは登録段階からジョイスだと思ってた。

武史は北海道のダ700上手いんだよね。

キュールエフウジンは前走でブラッティーキッドと0.1差。

克駿のバルムンクの一発警戒。

気乗りしないけど隼人キタノセレナード。

ハーツクライのダートが好調なのでルメカスも。

◎ジョイス
○キュールエフウジン
▲バルムンク
△キタノセレナード
×アンダープロット

■小倉11R北九州記念(G3)芝1200

例年は8人気の差し馬を狙うのが高配トリガーのレース。

これに気付けてからは何度か大きめを拾った。

ただ、昨年のヨカヨカあたりから雲行きが怪しい。

好位から抜け出して後ろの馬に出番がなかった。

そして今年の小倉もCBCがバカみたいな八百長馬場。

開催が進むごとに逃げ切りが増え
過去の常識や先入観が通用しなくなっている。

それもこれも馬場造園課の仕業。

土曜小倉を見た感じだと
差しはそこそこ決まっていたものの
勝ち時計は未勝利で1.07.1が出た。

このレースは差し馬が勝ったけど
重賞級になると届かないのではないか。

8枠の差し馬にだけ警戒しておく。

◎ナムラクレア
○テイエムスパーダ
▲キャプテンドレイク
△アネゴハダ
×タイセイビジョン

■新潟11RNST賞(OP)ダ1200

土曜に雨が降って日曜も湿ったダートが残りそう。

となるとどう考えてもハイペースの行ったまま。

攻略のカギはハイペースが当たり前の中山ダ1200で好走があるか
「良馬場」で好タイムがあるか。

なぜ良馬場なのかというと重の時計はアテにならないから。

◎ノンライセンス
○メイショウテンスイ
▲ハコダテブショウ
△ヒロシゲゴールド
×サイモンハロルド

■札幌11R札幌記念(G2)芝2000

春から待ち続けていたソダシとの因縁の舞台。

宣言通りバッサリと行く。

ジャックドールについても
春の連勝はトラックバイアスを
最大限に味方につけていただけ。

だから本物ではないと説明したように
大阪杯は案の定の結果。

札幌なら多少はといいたいところだが、
ソダシにとっても同様パンサラッサが出るなら話は別。

この馬は身を切る自爆的な逃げが持ち味。
下手に追いかけると巻き込まれる。

札幌芝2000は今年の開催で
2分を切る勝ち時計と上がり34秒台が出ていない条件。

おそらく2番手ジャック3番手ソダシに落ち着きそうだが
勝ちを意識して早めに上がると共倒れしそう。

そもそもスーパーG2といわれるようにG1馬が5頭。

マカヒキは用がないにしても
グローリーヴェイズ、ユーバーレーベンは無視できない。

また、オールカマーの状態に戻りつつあるウインマリリン。

展開的にこの3頭でいい。

◎グローリーヴェイズ
○パンサラッサ
▲ウインマリリン
△ユーバーレーベン
×ハヤヤッコ

馬連3連複ボックス

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと