【WIN5】東京優駿(G1)他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
■東京09R 薫風S 1600万 ダ1600 ※逃げ不在

1400だと差しも決まってたが
1600は前残り警戒の東京ダート。

今年のWIN5ダート未勝利の祐一。
コラルノクターンが勝つかどうかがポイントになりそう。

この馬以外はなかなかの混戦模様で絞りにくい。

祐一のヘマに期待して穴を拾えるかどうかってところ。

ちょっと楽しみがありそうなのは隼人のワンダーマンボ。

東京実績もあるのに人気はない。

キタサンやバンブトンよりは狙える馬。

◎コラルノクターン
○ファイアランス
▲ゼノヴァース
△ワンダーマンボ
×ファシネートゼット

■中京09R 香嵐渓特別 1000万 ダ1900

前が残る1800に比べて1900は若干差しが決まる。

同条件好走歴のある組が優勢。

まあ普通に人気順になりそうだが。

◎メイショウコジョウ
○ブルーコンパクタ
▲ハヤブサナンデクン
△ユウゲン
×ゴールデンライオン

■東京10R むらさき賞 1600万 芝1800

データからの狙いは7人気以内で収束。

安定勢力の1600万だけに振り回すのはどうか。

ダイワクンナナの近走は直線だけの競馬で連勝。

これに先着したヤシャマルがすでに同級卒業なら。

問題があるとすれば内を引いたこと。

今の馬場が向きそうなのは外のエアファンディタ。

ハットトリック産駒らしい切れる脚。

祐一でも脳死で外回したら怖い。

◎ダイワクンナナ
○エアファンディタ
▲モンブランテソーロ
△モンテグロッソ
×サトノフウジン

■中京10R 安土城S OP 芝1400

例年は京都で開催されるレース。

中京も東京同様に差しが決まっているだけに
差し馬を優勢に見たい。

OPは芝ダートともに重ハンデこそが能力の証。

軽ハンデ狙いよりは実績馬を重視したい。

前走重賞組を狙う。

シヴァージとクリノガウディーは抜けた存在。

これにヴェスターヴァルト、ブランノワールあたり。

◎シヴァージ
○クリノガウディー
▲ヴェスターヴァルト
△ブランノワール
×エントシャイデン

■東京11R 東京優駿(G1)芝2400

今年の東京で印象的だったのはフラットな馬場。

いつもは内前偏重の八百長馬場なのに
外も伸びるのが今年の特徴。

オークスで差しが決まるのに
ダービーは前が残る理由が
BコースからCコースに替わること

で、今年も注意していたのだが、
時計だけ速くなって外差しは変わらず。

これではエフフォーリアの勝ちイメージに一致しない。

まるでサトノレイナス仕様の馬場ではないか。

オークスでハギノピリナの直線一気が決まっているんだから。

うーん、ちょっと悩む。

ただ、土曜の傾向を鵜呑みにしたら
日曜で一変することもあるのが馬場造園課のヤリ。

JRA的にもソダシが飛んだ以上は
エフフォーリアが勝たなければ困るだろう。

土曜の夜辺りにいじくり返しても不思議はない。

まあそれ以前に東京の2戦を
いずれも上がり最速で勝っている馬に
切れ不足を懸念するのも違う気もするか。

あと、終わってみれば系で話題になったのが共同通信杯の結果。

ありゃすでにダービーだったんでないか説はある。

賞金的に必勝期していたシャフリヤールが負けたなら
今回ノーマークに近いヴィクティファルスは
共同通信杯2着馬。

タイトルホルダーとともに人気がないなら狙い目。

青葉賞は時計的にレベル疑問。

それはともかくオークスの2.24.5が
土曜500万下の2.23.8に0.7も後れを取ったのは大問題。

馬場いじり過ぎだろうよこれいい加減。

このパターンだとロジャーバローズが荒らした
19年の馬場に近いイメージも浮上する。

ならやっぱりエフフォーリアに戻って来る印。

サトノレイナスは好走されてから再考しても間に合う。

今回は消す。

◎エフフォーリア
△ヴィクティファルス
△タイトルホルダー
△グラティアス
△タイムトゥヘヴン
△シャフリヤール
△グレートマジシャン

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと

アクセスランキング