帰ってきたWIN5反省会【22.07.31】

スポンサーリンク

昨年ほど常識外な結果にならなくなってきた印象。

あんなのはWIN5史上最悪に荒れまくったから今年はセンス次第で戦えるはず。

ということは今の自分がぶれているということ。

■新潟09R出雲崎特別(1勝)芝1800

1着○ジュンブロッサム
2着◎ケイアイセナ

----------
1番人気が強いレース。

実際に上位人気はなぜこんなところにって名前。

ダートはアテにならない3歳世代だが芝は安定している。

川田、福永に人気がが集中しそうだからこそ、
出し抜けを決めるなら同じ3歳の逃げ馬か。

ケイアイセナの前走ラップは悪くなかった。
----------

現在の新潟がいかにおかしなことになっているか分かるタイム。

5F通過が58.9を速いと感じるか遅いと感じるか。

今の新潟では遅い実はこれ。

その証拠にこんな時計でもレースラップの3Fは33.6。

こういう馬場造園課のカラクリを見過ごしていては的中が遠のく。

勝ち時計1.44.1はレコード(当然

こんなの絶対おかしいよ。

軽くて速いのは当然ながらディープ馬場。

これが佐渡Sの伏線となっている。

■札幌10R札幌道新スポーツ賞(2勝)芝1500

1着○ジネストラ
2着△アバンチュリエ
3着×ワザモノ
----------
ここも上位人気は3歳馬。

豊の乗らないゴーゴーユタカ。

実力上位ジネストラ。
----------

札幌(すすきの)の池添は勝負強い。

道中の位置取りも完璧。

■新潟10R佐渡S(3勝)芝2000

1着×カントル
2着○ノースザワールド

----------
ここは一転して3歳が不在。

4歳が順当にスライド。

善戦マンのキャラが定着したククナは怪しい。

ロールオブサンダーは前走でヒートオンビートを
9馬身も置き去りにしたが2年ぶりはさすがに厳しいか。

嫌いでも川田ダノンレガーロ。
----------

ダノンレガーロに期待したが
パドックの馬体重を見てやられたと思った。

前哨戦から仕上げる中内田スタイルはどうしたよ。

14キロ増で来るかよ。

今の新潟はディープ馬場なんよ。

ここもワンツー。

■札幌11RクイーンS(G3)芝1800

1着○テルツェット
2着-サトノセシル

----------
土曜札幌はとにかく内前だった。

レースの予想よりも逃げ馬を探せといっていいくらい。

ウォーターナビレラに関してはおそらく危険な人気馬。

重賞1番人気も信頼度が低い。
何も考えずに上から人気と枠を優先する。
----------

パドックでやたらとサトノセシルが良かった。

いっそこの馬が勝ってくれたらモヤっとしなかったのに。

すすきの謙一がまた買ったゾ。

勝春は本人も反省していたがペース落とし過ぎ。

もう少し離してるならこれでもいいけど
61秒2で今の札幌じゃ切れ味勝負で分が悪い。

テルツェットは難しい枠だったが
謙ちゃんが内でうまいこと捌いたね。

勝春は進路空けてるんじゃねえ。

そんなだから駄目なんだよ。

■新潟11RアイビスSD(G3)

1着-ビリーバー
2着-シンシティ

----------
脳死で8枠を買うのが定番のレース。

そういう意味では
これまで外を引くことの多かった馬が内。

ただ、開幕週の新潟は異常な馬場でもあった。
----------

土曜新潟見た感じだと
内でも戦える結論だったのだが。

終わってみればやっぱり外しか来なかった。

1着16番
2着17番
3着5番
4着18番

もういっそハンデ戦にして
外にいくほど増やしていけば?

千直で公正競馬が開催されないことを
思い知らされただけだった。

■回顧

夏競馬の勝負は3つ目からだな。。。

ただ来週の対象レースは
後ろ2つがダートなんだわ。

芝と違ってダートは比較的堅いのがどう出るだろう。

とはいえ

重賞の1番人気

てめえはダメだ

いや、いっそこいつら消せば点数削れると思うしかない。

今日のWIN5の対象レース。

一番難しかったのはどこか?

実はカントルだったわけ。

これの意味が分かるかどうか。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと

アクセスランキング