帰ってきたWIN5反省会【22.10.30】

スポンサーリンク
■阪神10R古都S(3勝)芝3000

1着-プリュムドール
2着-マリノアズラ

----------
いきなり高難易度。

この条件は、それほど大きく荒れてはいないが、
このメンバーで絞れというには少々難しい。

何があるのかはわからない。

不確定要素があるだけに広げるのがベターだろう。

印はつけるが、これだけでは終わらない。

残りとのバランスを見ながら警戒する。
----------

ここは予想が成立しなかったこともあり
点数は思い切り広げた。

というよりも、ここくらいしか高配当を拾えるトリガーがなかった。

とはいえ、結果は2番人気と1番人気のワンツーという最悪の結果。

その上、長距離苦手な望来と池添のはずが
この二人がかなりうまく捌いたよね。

メインでやらかした望来だけど
こっちは綺麗に乗ってたのよ。

明暗を分けたのは直線の捌き方。

外にナムラカミカゼもいて
坂井君がもう少しうまければ勝ち負け狙えたんだけども
外を選んじゃったから届かなかった。

対する未来はロスなく馬群の内を狙って最短距離で抜け出し。

この勝利は望来の勝利といっていい。

3着ナムラが8番人気で4着アスティが10番人気。

こいつら来てくれていたら少額勢みんな死んでくれたのになあ。

■東京10RペルセウスS(OP)ダ1400

1着○レモンポップ
2着◎タイセイサムソン

----------
レモンポップの断然人気想定。

中山と違って東京の戸崎の信頼は高い。

ダート1400も得意条件で問題なし。

そこで狙いたいのが和生のタイセイサムソン。

レモンポップと直接対決が一度。

そのときは負けたのだが、
これは出遅れてスローに泣いたもの。

その後は、好位差しに転換成功した。

倒す可能性があるとすればこの馬だけと見る。
----------

タイセイで勝てると思ってたのに
レモンポップが想像を二枚も三枚も上回る強さだった。

逃げて勝っていた馬だけに
前残りのバイアスの力が大きいと読んだのだが
今日は控えるレースで鮮やかな抜け出し。

しかもタイセイサムソンもすぐ外にいて
ポジションはほぼ同じ。

加速力の差ばかりが目立った。

勝ち時計1.22.7は芝並の超速。

これってフェブラリーSにも通用するレベル。

■新潟11RルミエールAD(L)芝1000

1着○ジャズエチュード
2着-マウンテンムスメ

----------
まず念頭に入れておきたいのは
10月新潟の情報。

千直条件のレースが何度か行われているが
実はすべてが逃げ切り勝ち。

そこで大事なのが、差し追い込みの利かない馬場だということ。

差しの決まる馬場の時は
後ろからでも外枠なら届いていたのが千直。

だが、今回の開催はどうだ。

そもそも最内の馬が逃げ切ったケースもあったように
馬場状態は完全に前有利のシフト。

狙っていいのは逃げ馬だけ。
----------

マウンテンムスメは外枠なら買いだったけど

内から外に動いていくとゴール前で垂れると読んでやめた。

安定の外枠決着。

それだけ。

■阪神11RカシオペアS(L)芝1800

1着◎アドマイヤビルゴ
2着○プログノーシス

----------
毎日杯(G3)の走りを見ていると
素質は重賞級のプログノーシス。

アンドヴァラナウトに楽勝した実績からも
秋天に走っていて不思議ではないスケール感もある。

この馬の凄いところは
春の内偏重八百長馬場でも
外差しで勝っていたこと。

これはよほど実力差がなければ不可能。

ただ、川田で無敗でも佑介ハゲで3着。

中内田の川田忖度がある中で
わざわざ天皇賞で乗れない日のレースに使う意図は?

しかも岩田のボンクラ息子?

誰が乗っても勝てるから調教やっとけって?

半年ぶりの休み明けで?

なんか嫌な予感するんだよなあ。

とはいえ、対象4レース目って
そんなに荒れないのが特徴でもある。

広げる必要はないが
前走の内容が悪くなかったアドマイヤビルゴで。
----------

ここは読みがズバリと決まってめちゃくちゃ気持ち良かった。

サイトの予想を読んでいる人にも
役に立てたと思う。

むしろ多くは語らない。

■東京11R天皇賞秋(G1)芝2000

1着◎イクイノックス
2着×パンサラッサ…ハンパに色気を持つより行き切った方が残り目

----------
改めてジャックドールのG1級じゃない説を
証明する時がやってきた。

分かりやすく説明すると
上がり最速を出すような馬が
脚を余さないで勝つのか?

それとも行ったもの勝ちで
後ろの馬が届かないのか?

要はこの二択しかない。

これは毎週毎週馬場チェックをしている身としては
非常に注目していることであり、
当時の馬場が差し馬殺しの偏重馬場だったことは把握した。

ジャックドールが逃げ切りで連勝した時期がこれにあたる。

だから大阪杯では通用しなかった。

結論からいえば秋の東京が正反対の馬場だということ。

今の東京芝2000は上がり最速馬が勝つような馬場になっている。
----------

裏取りの詳細は予想記事の方を見て欲しい。

予想通り上がり最速の馬が勝った天皇賞。

10月東京で行われた芝2000mの特別戦は
これですべて上がり最速の馬による勝利。

データで拾ったイクイノックスとダノンベルーガが
そのまま1着3着なのだから、こちらとしては十分に満足できる結果。

パンサラッサとジャックドールの両馬についても
色気を出したら切れ負けするジャックより
行き切ればチャンスがあるパンサラッサを上に評価できた。

ただ、気掛かりがあるとすれば
シャフリヤールがジャックドールの上がりより遅かったこと。

JC目標だからという声があるのは認めるが
これは大きな割引材料だと思う。

■回顧

やっすwwwww

ただ、プログノーシス勝ってたら

それこそ1万円くらいだった訳だから、これでもマシな方。

当たったからといって反省会なことに変わりはない。

なぜなら的中しても毎回反省することは多いからだ。

調子は少し上向いてきた。

来週からの反撃を頑張りたいところ。

----------

凍結喰らったので転生しましたw

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと

アクセスランキング