帰ってきたWIN5反省会【23.04.30】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう
■東京10RブリリアントS(L)ダ2100 ※逃げ不在

1着○ディクテオン
2着▲ダノンラスター

----------
昨秋の東京で生姜君以上の活躍だった戸崎圭太。

しかし、一転して現在の戸崎圭太にかかわった馬は
悉く不運に見舞われている。

当初は戸崎に同情もしたが
なんだかんだでやっぱり下手糞だわ。

考え方を変えれば戸崎自身が特級呪物のようなもの。

一応東京で1番人気に騎乗した際の勝率はおそらく全騎手トップ。

空き巣をしているお陰とはいえWIN5では消せない。

少額購入なら1点勝負も視野に入るが
ガチ勢なら話は別。

これまでの相手関係を考慮すると
ダノンラスターとディクテオンは押さえておきたい。
----------

晩秋Sの再現みたいな結果になった。

当時も後方から伸びた2頭のマッチレースになったが
3着を6馬身も離してたから展開に左右されにくいと見た。

ディクテオンに関しては東京特化型と考えていたため
中京の近2走で凡走は想定内。

穴っぽいと警戒したアーテルアストレアが3着なら
大体予想通りの結果だったと思う。

騎手の巧拙も結果に繋がったと思える内容だねえ。

レース映像を見直しても菅原君の進路取りは完璧。

ジグザグで走らせた田辺は後手に回った。

騎手が逆ならダノンが勝てたんじゃないか。

自分より前にいた馬も交わせなかったバイシュラバナは
折り合いはともかく位置取りは悪くなかった。

戸崎がテン乗りの不安はあったけど
これで伸びないのはよくわからない。

いずれにせよ今の戸崎は使い物にならないということだけ。

■京都10R端午S(OP)ダ1400

1着△スマートリアン
2着-マホロバ

----------
阪神から京都に替わって最も厄介なのがここ。

例年のように上位人気馬が敗れている。

過去10年を振り返っても6789人気馬が7勝と波乱。

実際、春天回のWIN5は、このレースが荒れるのが高配トリガー。

前が残りやすかった阪神から
京都に戻るなら狙いたいのは差し馬一択。
----------

イメージ通りの前潰れ展開。

荒れるときは差しが決まるのだが、
武豊の閃きが勝利に結びついた。

序盤は後ろからでワンテンポ先に動いたのが巧い。

一見危うそうに見えて着差以上に余裕があった。

むしろこのペースで2番手から粘り込んだマホロバは強い。

3着フェルヴェンテはポツンに近い最後方から。

これは展開待ちだったけどもエンジンの掛かりも遅過ぎた。

1番人気オメガシンフォニーを切って勝負に出たが
それで広げた割に3番人気ではガッカリ。

ここで高配狙いを決めただけに当たっても安いと諦めた。

■新潟11R谷川岳S(L)芝1600

1着△ピースオブエイト
2着-ヴィジュネル

----------
アドマイヤビルゴは好きな馬だが、
武豊でこそって感じ。

他の騎手で勝ったこともない上に
最近はボロが出始めた今村ちゃん。

でもって60キロ背負ってマイル戦ではねえ。

接戦したビッグリボンが牝馬の重賞で通用したなら
オープン入ってもアナゴサンは買える。

あとは個人的にまだ諦めていないピースオブエイト。
----------

早熟も懸念したピースオブエイトが復活勝利。

マイルCSでも狙った馬だからこれは嬉しい勝利だ。

重のマイルで前後半3F35.2-35.7の押し切り。

58キロを背負って2馬身半の楽勝だから価値がある。

アナゴサンも頑張ったが今回は相手が悪かった。

ただ、前走をスローの逃げで押し切ったのだから
2番手でも消極的な判断だったように思う。

この辺は小崎綾也のダメなところではないか。

ビルゴの最下位はいくらなんでも酷過ぎるね。

ただ今村以前の問題であって
ガサのない馬が60キロで重のマイル戦。

出るからには勝つために出ないといけない前提だが
こんなやる気のない使われ方は疑問。

普通なら調教師がOKしないだろう。

それでも出したなら追い切り代わりということになるが
馬券を打っていいのか疑わしいレベル。

友道厩舎にしてはヤラズが過ぎる。

■東京11RスイートピーS(L)芝1800 ※逃げ不在

1着○ウヴァロヴァイト
2着△アリスヴェリテ

----------
いやあわかんねえよこんなの。

というわけで前走のレース映像をチェックしてみた。

前走中山組は気乗りしないが
アグラシアドは悪くない勝ち方だった。

津村推しは継続しているので引き続き狙いたい。

ウヴァロヴァイトはデビュー戦でドゥアイズとアタマ差で
ドゥーラに先着。

前走の惨敗はぶつけられて心が折れた様子だから度外視も可能だ。

菅原君が好調なので押さえたい。
----------

ウヴァロの前走は判断が難しかった。

見た目は距離に敗因っぽいけど
騎手のコメントを信じるなら
ぶつけられて戦意喪失したという
前走の武史の言う通り。

ダメダメだったのは津村だなあ。

最近は勝てる騎乗も増えて馬も悪くなかった。

ただ、馬群に入れたままずっと窮屈な走りを強いていた。

直線も前が邪魔で追い出しが遅れて3着まで上がったところがゴール。

これは以前の津村だった。

特筆すべきはまたまたまた菅原君、。

8枠13番から奇麗に末脚を伸ばした差し切り。

先週のフローラSの和生と追違い。

あいつは外枠に入った時点で勝てないと諦めていた。

そりゃ東京の2000mだったこともあるけど
菅原君のような工夫が一切見られない騎乗内容。

あんなことを言ってる人間に大事な金は預けられない。

先週
7番人気ライフレッスンズ→2着
7番人気ゴールデンハインド→1着

今週
4番人気ディクテオン→1着
1番人気ウヴァロヴァイト→1着

マジで菅原明良警報出ているよ。

馬質で勝っているのではなく
菅原が乗っているから勝っている。

これは戸崎と大違い。

関東で一番乗れている若手だよね。

武史や和夫が目立っているけど
騎手としての腕なら菅原が上だな。

春にブレイク間違いなしだよ。

■京都11R天皇賞春(G1)芝3200

1着○ジャスティンパレス
2着△ディープボンド

----------
世代を超えた新旧最強ステイヤー決定戦。

別に連覇の法則にHITするからタイトルホルダーという訳ではない。

まず念頭に入れておきたいのが、世代間のレベル差について。

タイトルホルダーに関してはエフフォーリアらがいなかったにしても
昨年の春天と宝塚で文句なしの勝ち方をした実績を持つ。

個人的に日経賞は仕上がり過ぎていた気もするが
むしろ危ないなら春天激走後の宝塚と考えた。

渋った馬場の長距離戦の後は
キタサンブラックも飛んでいた記憶がある。
----------

我ながら持ってないというか
危険は予知していても予定より先にアクシデントが発生した感じ。

タイトルホルダーが怪しいなら春天を圧勝した次と考えていたからである。

レース展開的にはなんてこともない。

春天は別枠で詳細に触れようと思うので
ここではあまり書かないが
タイトルホルダー以外は予想通りの着順。

エンドロールの7着には驚かされたが。。。

川田が長距離ダメなのは
これではっきりしたねえ。

中距離までは周りの騎手が動かさないから
動かせる川田が好成績を残しているけど
長距離だとやっぱり合わない。

乗り方にも工夫が全くなかったね。

普段いい馬ばかり乗っているから
馬任せにし過ぎた感じ。

ボルドグフーシュって菊も有馬も
弱者が一発を狙う競馬で穴を開けている。

今回は終始外々を回るロスもあって
足りないから負けただけの内容。

阪神大賞典でジャスティンとの勝負付けが終わっていた。

克駿は応援しているけどルメカスの巧さばかりが目立つ。

マーカンドは最初から論外だったしね。

■回顧

4→3→1→2→2人気の決着で41万と平穏。

こういうのは狙っていないから
配当的にもしょうがねえなってとこ。

少額勢の方が素直に上位人気を買えたんでないか。

今回の収穫は何といっても菅原明良の覚醒を確信できたこと。

頑張って現場観戦したけど自宅に優るものはなし。

体力的にも疲れたしガチるならグリチャが一番だと再認識した。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと