【スプリンターズS】帰ってきたWIN5反省会【23.10.01】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

192人の購読者に加わりましょう
■中山09R2勝クラス・ダ1800

1着-カランセ
2着-ティルドーン

----------
7頭立てのサフラン賞からの入れ替え。

まあうんこJRAがたまにやる手口。

頭数多いレースと入れ替えて
難易度上げようなんて優しいよね(死ね)。

無難なところならカフェプリンセスだろうか。
----------

ティルドーンがスローに落とした逃げ。

◎カフェプリンセスがいい手応えで
4角来たから交わせって思ったら
そこから差が詰まらない。

川田とは相性よくないから
保険でティルドーン突っ込んではいたけど2着まで。

まとめて交わしたのは佐々木君のカランセ。

近走は伊藤工真で頭打ちって感じだったのが
テン乗りの佐々木君でこの鮮やかな差し切り。

1勝クラスの中山ダ1800で楽勝あったけど
急にこんな変わるとはねえ。

佐々木君はもう完全に世代トップだわ。

■阪神10R堺S(3勝)ダ1800

1着-ホウオウルーレット
2着-キュールエフウジン

----------
ここは能力拮抗で難しい。

下手に絞るよりは手広く広げたいところ。

タガノエスコートの安定感は魅力も
勝てない和田竜二なら信頼度は低い。
----------

3人気ラインオブソウル10着
1人気タガノエスコート11着
2人気ロコポルティ12着

点数広げてホウオウルーレットは押さえたけど
阪神ダ1800で鬼のハゲが突っ込んで来て焦った。

狙う気満々だったのに
追い切りのL1で14.7とかバタバタだったもんで
来ないのかと思ったら来るんだもん。

このデータは脳死で使った方がよさそうね。

ヤスのういんご勝利も
3月のテコキタイ以来の半年ぶりと来たもんだ。

■中山10R茨城新聞杯(2勝)芝2000

1着○マイネルモーメント
2着-クレバーテースト

----------
レベルが低すぎて予想が難しい。

一応陣営の強気さを買って
トーホウガレオンとマイネルモーントがリード。

でもどっちもアテにならない3歳馬なんだよなあ。
----------

前走札幌組より新潟組が勝利。

マイネルモーントは強い勝ち方だったね。

逃げたクレバーテーストはまんまとマイペース。

ウインシュクランは引いちゃったねえ。

■阪神11RポートアイランドS(L)芝1600

1着◎ドーブネ
2着-グラティアス

----------
なんだこれ。

少頭数でも厄介なメンツだなあ。

阪神は馬場いいし
すんなり先手を取れたら
ドーブネがそのまま流れ込みってのはあるか。

ただ、スローだからって
そのままって訳じゃないのは
神戸新聞杯で証明されている。
----------

前半3F35.9、4F48.1の超スロー。

ワールドリバイバルに勝ってくださいといわんばかりの展開。

こんなクソスローで残れないのは馬の問題。

ドーブネ1点も考えたけど
隼人にそこまで期待するのも怖かった。

一番強かったのはエアファンディタだよねえ。

60キロがしんどかっただけで。

グラティアスも切れる脚がないだけ。

■中山11RスプリンターズS(G1)芝1200

1着-ママコチャ
2着-マッドクール

----------
行きたい馬というか
行って結果を残した馬が多数。

面白いのはジャスパークローネ。
短距離馬の旬はとにかく短い。

それがCBC賞を1.07.2(33.7-33.5)
2キロ増えて57キロの北九州記念で1.07.3(32.9-34.4)は上等。

前半32秒台でも勝ち切れたなら先行勢で生き残る可能性はこの馬だけかも。

それでも逃げ切るまでの強さは感じないか。

なんだかんで一番対戦比較で安定しているのはナムラクレア。
----------
3人気ママコチャが競り合いを制して優勝。
2着に6人気マッドクール、1人気ナムラクレアが3着。

うーんまあ、これはこれでって決着なのかなあ。

勝ちタイムは1.08.0で33.3-34.7の前傾1.4秒。

ラップだけ見るとハイペースなんだけども
実際は行った行ったの超前残り。

逃げたジャスパークローネが0秒4歳の4着だしね。

ただ川田→坂井で団野と来たように
大舞台で積極的な騎乗が出来る騎手の上位。

度胸のないタイプには
リスクを負うだけの覚悟がなかったってことなのかもね。

ママコチャにしても克駿のままなら
3人気ってこともなかったろうし。

ハイラップだったこともあって
テイエムスパーダやモズメイメイみたいな
フロックホースは轟沈している。

テイエムの富田君は前走でいいとこ見せたのに
今回はあっさりと引いちゃったし。

こういうのは多少頭がいってる騎手の方が怖いよね。

マッドクールの前走は超速馬場とハンデが敗因か。

ただ勿体なかったのはナムラクレアの浜中と
典ちゃんのアグリかな。

この2頭は乗り方次第でもっと上を狙えた気もする。

特に勿体なかったのは浜中の進路取り。

1番人気で大事に乗ろうとしたんだろうけど
回りの出方を見てからにしたから
ガシマン、、、決め打ちしていた瑠星に先を越された。

インで脚を溜めて内から抜けるのが
勝ちパターンだと思ったけど
一列下げた上に外を回すロス。

ポジション逆ならこの馬が勝ってたんじゃないかな。

アグリに関してはセントウルで
謎の後方待機策を採った時点で嫌な予感がしていたが
本番でもやっぱり後方待機。

この馬は元々逃げるくらいに
先行抜け出し続けていたから
スタイル変えていなければもっと勝負になったと思う。

というかセントウルも負けてなかったのでは?
典ちゃんは好きだけど残念ながらプラスになってなかった。

何なら和生のままでよかった気もするね。

菊花賞のトップナイフに期待。

で、当方の狙ったオールアットワンスは13着の惨敗。

前売りで13番人気だった馬が
最終的に9番人気って何があったのか。

俺にそこまでの影響力はないしなあ。

ASDの走りなら通用すると思ったけど
この結果ではどうしようもない。

うーん、直感でピンと来たんだけど
今回はファクトがなくて勘だけってのが不味かったか。

NHKマイルの9人気シャンパンカラーや
中京記念の8人気セルバーグは
どちらも本命にしたけどファクトがあってのものだった。

まあこれはこれで人気なくてめっちゃテンション上がったからいっか。

次走でもまた狙いたい。

■回顧

234Rは拾ったけど即死とラストも3着。

これじゃ悔しいと思う資格はなし。

10番人気が来たけど配当263万しかついてないのは渋いよねえ。

1倍台の馬が飛んだ方が配当上がるわやっぱ。

来週はまた3日間開催で日月連荘。

やるっきゃないね。

 

はいはいWIN3、WIN3

混戦が多かったからこそ、票が割れて上下のブレが少なかったのかな。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと