【秋華賞】帰ってきたWIN5反省会【23.10.15】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう
■東京10Rテレビ静岡賞(3勝)ダ1400

1着-レオノーレ
2着○レイニーデイ

----------
非根幹距離ということもあって
ある程度は誤差を想定する必要がある。

近走善戦のスプラウティングがおそらく人気。

ただこの馬、東京未勝利と信頼性はもうひとつ。

好位追走でアメリカンファクトに負けてるくらい。

WIN5に安定感はいらない。

で、日曜が雨っぽいのも気になる。

こういうときはまず逃げ馬のチェックから。

下手糞でもとにかく前にいれば展開で何とかなるのも競馬。

アメリカンファクトはさすがに1着ってタイプでもなかろうよ。

可能性ありそうなのはサンカルパとレイニーデイ。

これはキープしたい。
----------

いやあ、レイニーデイで勝てそうって思ったんだがなあ。

レース前に雨やんだからか?w

ゆうてもレオノーレに3馬身差の完勝されては仕方ない。

この馬は確かに気になってたけどもゴ三浦だからやめたんだよね。。。

川田が乗ってた安田厩舎の馬で
テン乗りのゴ三浦師匠ってプラスのイメージないやん。

それでもダートで4人気以内なら
師匠でも買っていいというデータは持ってたの。

実際そこまで人気してなかったし。

にもかかわらずレース後のオッズは4番人気(オイ

結果的にHITしないはずのデータに合致した。

なーむー。

■京都10R大原S(3勝)芝1800

1着○ゴールドエクリプス
2着◎コスモサガルマータ

----------
子猿を1点にするかどうかが悩ましいレース。

これが3戦全敗阪神なら疑わしいのだが
京都は相性がよさそう。

でも今回は56キロが気持ち悪い。

糺の森特別で普通に負けてるしねえ。

つうわけで近年の阪神開催で特徴的だった3歳。

これでピンと来た人は結構なマニアかもね。

答えは秋華賞当日の10Rは3歳馬が5年連続勝利してること。

18年三年坂特 サンラモンバレー(アーモンドアイ)
19年三年坂特 ヴァンドギャルド(クロノジェネシス)
20年大原S  レイパパレ(デアリングタクト)
21年西宮S  ジェラルディーナ(アカイトリノムスメ)
22年西宮S  ピンハイ(スタニングローズ)

そらコスモサガルマータよ。

和田が勝てない騎手ってのは
もうWIN5界隈では周知の事実だが
彼は阪神苦手でも京都はマシ。

広げても2点までかなあ。
----------

このレースは勝ったゴールドエクリプスよりも
負けたコスモサガルマータの和田が残念なレースだった。

馬上で慌ただしくてずっと押してるんだけど
外を不利なく回ったゴールドに先に前に出られている。

直線入り口でも捌くのに手間取った中で2着。

半馬身差だっただけに乗り方次第で
もうちょっと何とかならんかったのかなって思える負け方だった。

和田はこういうとこあるよなあ。

ルメールなら違ったか?ってとこ。

■新潟11R信越S(L)芝1400

1着▲サーマルウインド
2着-グランデマーレ

----------
ここも微妙に混戦模様。

新潟開幕週とか気持ち悪。

てか新潟ってクソ前残りか
クソ追い込みかのどっちかが多くない?

ちょうどいいのがあまりないよねえ。

ただパラダイス組が相性いいのは当然。

人気のサーマルちゃんよりは
返り討ちにしたメイショウチタンに食指だわね。

ルプリュフォールは2年前の朱鷺S勝ち馬。

下手糞でも逃げ馬は押さえろと同じく
下手糞でも追い込み馬の大外は警戒しろだね。

何しろあの石橋脩(ハンデ60キロ相当)でも勝ったのよ。

秋山も似たようなもんだわ。
----------

ハゲ散らかしてたグランデマーレが久々の好走だねえ。

レース展開はメイショウチタンが気分よく行けると思いきや
ブリンカー外した隼人が絡んで激流寄りに。

前走はメイショウの返り討ちに遭ったサーマルが抜け出して完勝。

この馬は重巧者だから少し渋ったのもよかったか。

グランデ以外の上位4頭指名してるから
狙いとしては悪くなかったんでないかな。

点数も絞れたし。

個人的に残念だったのはロンドンプラン。
なんかもう天才子役から凡人になった感じ。

ワクワク感がなくなっちゃったね。

小倉2歳組らしく早熟なのか。

怪我の影響もどうかわからんね。

■東京11RオクトーバーS(L)芝2000

1着×ヤマニンサルバム
2着-シルトホルン

----------
ジャンダルムからは降ろしたくせに
ヅラ江師匠は浜中をそこそこ重用している。

ラブリーデイで秋天勝ったもんな。

クソ安WIN5だったけどあれ。

一応勃起リーニにはまだ乗せてるし
ディープモンスターさんもまだやれるやろ。

ここは狙っての裏開催参戦。

で、頭が痛いのは
ハゲとゴ三浦がぼちぼち穴に乗ってるところ。

いつもなら騎手見て消すけど
今回はそういうのを避けてあえて入れてみる。
----------

普段ならまず買わない芝中距離のゴ三浦。

ただ昨年も名前を見たら即消している大野君が
ゴールドスミスで勝ったでしょ。

その教訓を生かすというか
下手糞でも逃げそうな馬は押さえろと指名した。

でもまさかゴ三浦師匠がWIN5で連勝なんてある?

調べてないけど毎回やってる俺としては
おそらく史上初じゃないかな。

多分あってると思うよ。

シルトホルンが勝てないのは完全に力負け。

ディープモンスターは展開と馬場だろうね。

前後半5Fが60秒2-57秒8では後ろの馬にはどうしようもない。

勝つ気あるんですかっと。

ね?騎手ってこんな奴ばっかなのよ。

■京都11R秋華賞(G1)芝2000

1着◎リバティアイランド
2着▲マスクトディーヴァ

----------
まあ一番強いならリバティアイランドだろうさ。
そんなんもうハッキリ言うてそらそうよ。おーん。

気になるポイントは2つだけ。

雨で馬場がおかしくなる可能性と3枠6番の内枠。

オークスなんてのは箱の大きい府中で距離も2400。

あんなのは出して行けばある程度位置は取れる。

今更川田もそんなミスはしない。(ちょっとだけ期待したけど)

だが何も起きないとハナから脳死で信じるのは避けたい。

どうしてって?

だって俺たち今までなんぼでも見てきたやんそういうの。

馬券はともかくさ。

WIN5みたいなキチガイな券種で
9割方の人間がWIN4だと思って買う訳よ。

どうせ当たったって安いに決まってる。
そりゃ他で大荒れ連発もあるかもだけどよ。

2011年の初回から皆勤している人間としては
なーんか引っ掛かるんよねえ。

ハナでも頭でも間に合わずに2着なら荒れる。

それだけでも十分に夢は見られるんじゃない?

印については仕方なし。
さすがにこれ以外に打ったら失礼だわね。
----------

二冠牝馬に敬意を表して◎にしたけど
本心としては▲マスクトディーヴァが本命。

だから3連単もこの馬1着で買ったよ。

とまあここまでが伏線。

実際リバティアイランドは強かったよ。

でも馬の強さが目立ったのはマスクトディーヴァの方だったよね。

この勝敗は完全に騎手の差だったように思う。

成貴さんがレース解説で
結果的に踏み遅れたことで2着に来たわけで
スムーズなら来てなかったと言ってたけど
こちらとしてはとてもそうは見えない負け方だったね。

よくあるパターンだとは思うよ。

抜けて強い馬がぶっちぎって
勝ちに行った馬が力尽きたところを
着拾いに徹した馬が2着や3着ってのは。

だが今回のマスクトディーヴァについては別だと考える。

これは結果的にハマったのではなく
明らかにスムーズさを欠いたが故の敗戦に映った。

その証拠に上がりも上回ったし
ゴール前の脚色も完全に上。

まだ脚が余ってた。

ゴール後に望来がおもいきりガックリしてたでしょ。

あれは乗ってる本人が一番わかってたと思う。

で、一応ニュートラルな立ち位置でレースを振り返ると
1着2着の差は完全に騎手の差だったかなと。

大本命の馬としてはいかに不利なく
馬の力を出し切れるか。

これに対して川田将雅は完璧に実践していた。

レースプランとしてはいくつかあったと思う。

出遅れた場合
→どうにかこうにか進路を確保する
多少下げてでもブレーキを踏まずに終える形を作る

現実には普通にゲートが決まった。

この時点でリバティの負けは実質なくなった。

ただそれを決定づけたのは
川田が常に外の進路を意識して
いつでも出せる位置に誘導したことだ。

3.4角の位置を見て圧勝もあり得ると予感したもの。

本当にリバティアイランドが1頭だけ飛び抜けた存在だったなら。

ただ、そう思わせなかったのがマスクトディーヴァの存在である。

あくまで結果論で話しているため
4角で既に3番手に付けていたリバティよりも前で
競馬をすべきだったとまでいったら暴論。

それでも出し抜いて先に仕掛ける発想くらいは欲しかったけどね。

Twitterの方に映像付きで解説入れてるから
ここでまたしつこくは話さないけどさ。

道中のポジション取りは
ハッキリ言うて最悪だったと思うよ。

出がよくなかったことは関係しているかもだが
道中の運びがずっとちぐはぐ。

これは望来の中で内を突くか外に回すかの
判断がグルグルとしていたのかもね。

直線入り口でもまだどっちつかずの場所にいたでしょ。

その間にもう外からスイスイと川田は追い出しに入ってる。

普通は物理的に逆転のない位置関係。

もしこの2頭の位置が逆だったら着順も逆だったろう。

4角の2頭は実際に見て欲しい。

あれでセーフティリード確定したから。

で、ここからが競馬民の大好きなタラレバ論争。

成貴さんが解説で話していた
ハマったから2着の話に戻るよ。

長年競馬を見て来ていたら
あれがハマっての2着だったかどうかは
明言するのが難しいと思う。

なにしろ完全に脚色が上回っていたし
ゴール過ぎても脚を余していたからだ。

冷静に振り返れば秋華賞の前後半5Fは
61秒9-59秒2で後傾2秒7もの超スローペース。

ただでさえ午前中から逃げ切りの多発していたこの日の京都。

前にいた馬が絶対的にアドバンテージを得られる馬場。

しかもそんなクソ前残りを一番末脚が切れると思われる
リバテイアイランドが3番手に付けていた。

直線12番手のマスクトディーヴァにとって
いかに絶望的なポジだったか分かる。

普通は伸びてこれないのよあれじゃ。

つまり力が抜けた馬じゃないと来れない。

勿論、単勝1倍台の二冠馬が三冠馬になったため
上っ面だけ見ているとリバティの強さばかりが目立つだろう。

いや、ちょっと待て。

これは一番強かろう馬に一番うまい乗り方をした騎手がいたという
プラス補正が大いに掛かっているはずだ。

対するマスクは一番かどうかは分からないが
完璧騎乗の川田と天地の差があるほど望来が下手に乗ってしまった。

騎手が逆なら入れ替わった可能性を感じられるほどにね。

リバティ最高だぜって思ってる人には
負け犬の遠吠えに思えるだろうけども
この2頭の力差はファンが思っている以上に小さかったんじゃないかな。

ずっとマスクを推していたという個人的な補正は認めるが
この着差って単純に川田と望来の差に過ぎなかったように思う。

それこそ外人騎手や豊やルメならもっとスムーズな競馬だったのでは?

というのが当方の見立て。

リバティが無事三冠馬になった事実は称賛に値するし
川田の度胸も素晴らしかった。

ただただ消化不良で気持ち悪さが残ったのは
望来の騎乗で素直に敗戦を受け入れるのに抵抗があるだけ。

これで何回やり直してもリバティが勝つと
世間の評価が固まるようなら
次回の対決こそリベンジの機会はあるかもねってとこ。

ローズSの望来は完璧に乗れてたのよ。

前哨戦で出し切って本番でヘグるあたりは
彼が重賞で100連敗近くしていた理由を思い出すね。

結論としては望来がマスク、川田がリバティなら
何回繰り返しても結果は変わらなかった可能性が高いということ。

しかし馬の力に関しては互角。

何しろデビュー戦で31秒台の上がりを出したような馬が
超スローの上がり勝負で直線3番手にいたんだもの。

あれを捕まえていたらそれこそ化け物だよ。

そういう意味ではマスク推しとして
力を再確認できたと前向きに捉えたい。

でもなあ。

馬の負けじゃなくて望来の負けなだけなんだよなあ。

気色悪いなあ。

すっげえモヤる。

負けたのは岩田望来であってマスクトディーヴァではない。

■回顧

荒れる可能性を考慮して6点選んだ東京10Rで即死。

5レースで一番警戒したところが外れたんだから
こちらとしても言い訳できない。

え、やっぱり残りはそれ以上に自信があった訳で
こりゃWIN4かもなあと覚悟。(実際にそうだった)

2レース目の和田は正直勝って欲しかった。

ゴールドが1倍台で1点候補なら
むしろ秋華賞よりここかとも考えた。

でも予想にも書いたように
秋華賞当日の10Rは3歳馬が相性いいレース。

5連勝中だったしね。

新潟も混戦に思えはいたが3点で抜けるのに成功した。

東京もポリシーを曲げてまで詰め込んだゴ三浦ヤマニンが勝った。

下手糞でも逃げ馬なら押さえとけ乃典型的な例だね。

下手な騎手はスローで後ろにいたり
馬群を捌けなかったり
仕掛けどころや進路取りも下手糞。

その点逃げ馬なら内のいいところを走れ、
少なくとも馬の力分は走れるから騎手の割引がない。

内枠先行馬だけにゴ三浦でも逃げる選択をしてくると読めた。

で、最後の秋華賞も予想としては間違っていなかった。

相手の自滅に期待するスタイルはハゲとかゴ三浦とか石橋脩レベル。

おそらく今の川田にそれを望むのは難しいとまでは考えた。

だが真っ向勝負で負かす馬がいたとしたら。。。

そりゃマスクしかおらんという結論で2点。

ここを下手に広げなかったのは我ながら満足。

正直期待してた以上にマスクが強過ぎて
逆に腹が立ったというオチ。

もしリバティがJC逃げるようなことがあれば
こっちに出て欲しい気もする。

社台だからノーザン使い分けの影響ないでしょ。

春にはオークス馬だって評価していた馬だから
東京で見たいよねえ。

さすがにお釣りが少ないか。

いや、クソスローの直線しか走ってないから
ローズSほどのダメージはないぞ。

それにしても残念だったが
これは面白い馬に育ったなって感想。

ラスト2点にたどり着いた結論に悔いはなし!

即死はいただけないが、事故みたいなものだから仕方ない。

最後はマスクが勝ってれば3桁も見えていたよ。

予想の段階でも触れたように、ハナから脳死でWIN4だと決めつけない方がいいというのは正解だったと思う。

そりゃ結果的にそうだったとはいえね。

来週また出直しだ。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと