2016産経大阪杯(G2)過去10年の傾向と対策

スポンサーリンク

2016産経大阪杯(G2)過去10年の傾向と対策

G1昇格が検討中の大阪杯。

今年もG1馬が5頭参戦と豪華メンバーが揃ったものの、スーパーG2でこその趣もあった。

長距離が敬遠される近年、春の天皇賞の存在意義も問われそうだ。

個人的にはG2だからこそよかったと考えるが・・・。

◆2015          
1着3枠3ラキシス    牝5C.ル2.02.911-1135.955.04
2着5枠7キズナ     牡5武豊2.03.212-1236.057.01
3着3枠4エアソミュール 牡6M.デ2.03.704-0437.557.06
◆2014          
1着7枠7キズナ     牡4武豊2.00.308-0833.958.02
2着3枠3トウカイパラダイス牡7柴山2.00.502-0236.456.06
3着4枠4エピファネイア 牡4福永2.00.606-0534.458.01
◆2013          
1着4枠5オルフェーヴル 牡5池添1.59.009-0633.058.01
2着3枠3ショウナンマイティ牡5浜中1.59.112-1032.957.02
3着5枠7エイシンフラッシュ牡6C.デ1.59.103-0333.558.05
◆2012          
1着8枠11ショウナンマイティ牡4浜中2.05.511-1234.356.06
2着5枠6フェデラリスト 牡5横山2.05.703-0335.257.01
3着2枠2トーセンジョーダン牡6岩田2.05.801-0135.658.02
◆2011          
1着5枠8ヒルノダムール 牡4藤田1.57.807-0634.457.01
2着7枠13ダークシャドウ 牡4福永1.57.812-1233.957.08
3着8枠15エイシンフラッシュ牡4内田1.57.809-0934.159.03
◆2010          
1着8枠11テイエムアンコール牡6浜中1.59.504-0434.957.06
2着5枠6ゴールデンダリア牡61.59.608-0834.757.09
3着6枠8ドリームジャーニー牡6池添1.59.611-0834.659.01
◆2009          
1着6枠8ドリームジャーニー牡5池添1.59.707-0634.057.03
2着8枠11ディープスカイ 牡4四位1.59.704-0434.259.01
3着2枠2カワカミプリンセス牝6横山2.00.010-1033.855.04
◆2008          
1着7枠9ダイワスカーレット牝4安藤1.58.701-0134.856.01
2着7枠8エイシンデピュティ牡6岩田1.58.803-0334.757.07
3着6枠6アサクサキングス牡4四位1.58.902-0234.959.04
◆2007          
1着3枠3メイショウサムソン牡4石守2.01.406-0434.459.01
2着8枠10シャドウゲイト 牡5安光2.01.501-0135.257.02
3着6枠6メイショウオウテ牡5四位2.01.611-0834.257.08
◆2006          
1着5枠5カンパニー   牡5福永2.04.510-0836.857.03
2着3枠3マッキーマックス牡6藤田2.04.608-0537.257.06
3着8枠12スズカマンボ  牡5安藤2.04.804-0237.859.05

■人気別成績

1番人気 4.3.2◎

2番人気 1.2.1

3番人気 2.0.1

4番人気 1.0.2

5番人気 0.0.2

6番人気 2.2.1

----------

7番人気 0.1.0

8番人気 0.1.1

9番人気 0.1.0

10人下 0.0.0

※1番人気が期待値をクリアの4勝と存在感はある。

一方で6番人気も2勝と意外な伏兵が大物を倒すことも。

■枠順別成績

1枠 0.0.0

2枠 0.0.2

----------

3枠 2.3.1

4枠 1.0.1

5枠 2.3.1

6枠 1.0.3

7枠 2.2.0

8枠 2.2.2

※1,2枠が未勝利と不振。

実績馬が外から抜け出すケースが多い。

■年齢別成績

4歳 5.2.3

5歳 4.4.2

----------

6歳 1.3.5

7歳 0.1.0

※ハイレベルの戦いで6歳以上は苦戦。

高齢馬はG1馬といえども若さに敗れている。

■斤量別成績

55.0 1.0.1

56.0 2.1.0

57.0 4.8.2◎

58.0 2.0.3

59.0 1.1.4

※58.0キロ以上でも勝ち鞍はあるが勝つとなると最後に響くことも。

ただ、57.0組は母数が大きいこともある。

■脚質好走成績

逃げ 1.1.1

先行 2.4.4

差し 4.3.4

追込 3.2.1

※毎日杯のスマートオーディンのように外から差し切りの可能性が高い。

内前残りよりも外差しが有力。

■前走別成績

中山記(G2)  3.2.1

有馬記(G1)  3.0.4

----------

京都記(G2)  1.2.2

ジャC(G1)  1.1.0

大阪城(OP)  1.0.0

凱旋門(G1)  1.0.0

※有馬記念で勝ち負けした馬は好走。

中山記念組は勢いが大事。

■まとめ

・4番人気までで8勝も人気の盲点となる6番人気の2勝は警戒。

・真ん中から外枠有利。

・4,5歳主力で6歳からは割引。

・差し。

・実績馬もハンデが影響しないが58.0キロまでが望ましい。

・有馬記念、中山記念経由。

■ピックアップ

アンビシャス

キタサンブラック

ショウナンパンドラ

ラブリーデイ

※58キロでも楽勝した京都大賞典に宝塚記念、天皇賞秋を考えるとラブリーデイの反撃。

中山記念組の好走なら迷わずアンビシャス。

豊さんの乗るキタサンブラックも面白い。

■なぜ無料でここまで出来るのか普通に考えてみてください。

各情報サイトは儲かっていそうな実績を並べてはいますが、儲かっているのになぜ会員さんから高額の情報料を取るのか。

私たちが無料で競馬情報サービスをお届け出来るのは、馬券で儲かっているからです!

なので会員様から高額の料金を取る必要がないのです。

これでもか!というくらい好きなだけ無料で使ってください。

スーパーだって試食コーナーありますよね?

美味しかったら勝手に買いますよね?

競馬情報だってそれと同じです。

当りもしない不味い情報に誰が馬券代払います?私なら絶対に払いませんね。

当たらない情報が当たり前ではありません。

当たる情報が当たり前です。

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

アクセスランキング