【WIN5】本気でやるなら単勝1倍台を狙っている内は高配当を取れない!? 妙味があるのはこちらのゾーン

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう

注:本稿は数万単位でWIN5に突っ込むガチ勢向けの記事となります。

 WIN5を購入する際に、どういうスタンスで狙っていくかは人それぞれだ。少額購入して数万、うまくいけば数十万を的中させるか。遊びくらいで数千円、または数百円で参加してスリルを味わうか。はたまた、万単位で突っ込んで高額的中を狙うか。

 安くても当たれば嬉しいのは確かである。

 ただ、当たっても数万くらいならば3連単でも普通に的中の可能性はある。むしろ、対象となる5Rとも当てないと的中扱いにならないWIN5の方が低配当の場合はデメリットが大きいだろう。

 2011年の開始から皆勤賞を続けている当方は試行錯誤を繰り返した結果、やるのであれば本気で向き合わないと安定したプラス収支は不可能と結論を出した。安い配当を複数回拾ったところで一度の高配当には到底敵わないからである。

というわけで、今回は3桁配当(100万超え)以上のWIN5を狙うにあたって役立ちそうなネタを採り上げてみたい。

 twitterやnoteでも以前からこういった話はしているが、当サイトでも改めて書いてみたいと思う。頭ではわかっていても案外、軽視してしまったり、忘れてしまうことが多い。

WIN5に限らず馬券というものははずれた人間が多い方が的中者の配当が高いのは当たり前だ。

いかに他人を出し抜くことができるか?

人と違うことをするためには何が必要か?

そんなことは誰にもわかれば、今更新しい発見でもない。

 だが、実際に自分が購入するときに実践できているかというとそうでもないのが実情となる。絞り切れないと点数が膨大になるWIN5ではできるだけ絞りたいという心理が他の券種よりも顕著。

そのため、WIN5の1番人気というのは大多数が基本的に押さえている人気馬になる。

最も勝つ確率が高いのが1番人気であるからそれは勿論間違いではない。

では、同じ1番人気でも最も不味く、最も美味しいのはどのような場合か?

それは単勝1倍台の断然人気馬である。

1倍台の支持を受けるような馬は購入者の大半、いや、WIN5の場合はさらに拍車がかかりやすい。

 なぜなら同じレースでも2点買えば2倍に膨れ上がるからだ。予算が1万だったとして1倍台の馬を1点ならいいが、2点にするだけで2万になってしまう。そういったときにはほぼほぼ人というのは1倍台の安心を選択する傾向が強い。

ここまではよくある話なのだが、問題は1倍台(1.0-2.0)の馬が、世間が考えている以上に飛びやすいということ。

例えば、2020年のWIN5で振り返ってみよう。

今年ここまでの対象レースで1倍台の馬が出走したのは10R。

 うち、人気に応えて勝利したのは3頭しかいない。裏を返せば7頭敗れている。おそらくWIN5購入者側では7割どころか8割くらいの割合で1点買いにした可能性が高い。

 1倍台に限らず全体的な1番人気馬の期待値が約3割ということを考えると明らかに不味いのだ。購入側の期待値が5割くらいと考えるといかに期待外れな結果に終わっているかがわかる。

 たかだか3割程度の勝率であれば断然人気ではない1番人気馬と大差がない。これを買う妙味というのはないに等しい。ただの1番人気と変わらない割に、的中したときの配当は誰もが買っている馬のためかなり安い。割に合わない馬ということになる。

 2020年のここまでの傾向の場合、ダートは5戦3勝の勝率60%でこれは割に合っているが、芝の場合は悲惨もいいところで5戦全敗となっている。少なくとも今年のWIN5の芝で安易に断然人気を鵜呑みにすると痛い目にあうというデータが成立する。

ちなみにこの傾向は2019年でもほぼ同じだ。

WIN5の歴史自体がほぼ同じ傾向のため、1年のみ遡って掲載する。

★2019年の単勝オッズ1.0-2.0だった馬の成績(WIN5)

◆人気別集計
集計期間:2019. 1. 5 ~ 2019.12.28
——————————–
人気 着別度数 勝率
——————————–
1番人気 30- 8- 6-13/57 52.6%
——————————–

◆人気別集計
集計期間:2019. 1. 5 ~ 2019.12.28
限定条件:芝のみ
——————————–
人気 着別度数 勝率
——————————–
1番人気 16- 7- 5- 7/35 45.7%
——————————–

◆人気別集計
集計期間:2019. 1. 5 ~ 2019.12.28
限定条件:ダートのみ
——————————–
人気 着別度数 勝率
——————————–
1番人気 14- 1- 1- 6/22 63.6%
——————————–

総合でも勝率5割、芝は4割5分7厘、ダートは6割3分6厘。美味くはないわね。

でもこれだけのデータでは断然人気って買う意味あまりないなで終わってしまう。

そこで、もうひとつポイントになるのが、1倍台が飛んだときに何が来ているのか?

これを押さえてこそ、ようやく攻略法っぽくなってくる。

以下のデータは2019年のWIN5対象レースで1倍台が飛んだときに1着だった馬の一覧。

レース名 距離 馬名 騎手 着順 人気
ベテルギ(L) ダ1800 スマハマ 藤岡佑介 2 2
有馬記念G1 芝2500 アーモンドアイ ルメール 9 2
阪神ジュG1 芝1600 リアアメリア 川田将雅 6 4
シャング・2勝 ダ1400 フォッサマグナ ルメール 3 2
嵯峨野特・2勝 芝2000 ダンスディライト 川田将雅 2 2
清水S・3勝 芝1600 トライン 松山弘平 5 2
御陵SH・3勝 ダ1900 ゴルトマイスター 武藤雅 10 3
京都大賞G2 芝2400 グローリーヴェイズ M.デム 6 11
グリーン(L) ダ1400 デュープロセス 福永祐一 5 4
新涼特別・2勝 ダ1400 チュウワフライヤー 川田将雅 6 2
弥彦特別・2勝 芝1800 アルミレーナ ルメール 3 4
函館スプG3 芝1200 タワーオブロンドン レーン 3 5
安田記念G1 芝1600 アーモンドアイ ルメール 3 4
東京優駿G1 芝2400 サートゥルナーリア レーン 4 12
NHKマG1 芝1600 グランアレグリア ルメール 4 2
火打山特1000 ダ1200 レッドランサー ルメール 6 6
矢車賞500* 芝2200 クードメイトル 藤岡佑介 2 2
スイート(L) 芝1800 セリユーズ 石橋脩 3 2
総武S ダ1800 ハイランドピーク 横山和生 5 14
すみれS(L) 芝2200 アドマイヤジャスタ 岩田康誠 2 2
斑鳩S1600 芝1400 レッドアンシェル 池添謙一 3 2
共同通信G3 芝1800 アドマイヤマーズ M.デム 2 3
銀蹄SH1600 ダ1400 イーグルバローズ ルメール 8 3
きさらぎG3 芝1800 ヴァンドギャルド M.デム 4 3
早春SH1600 芝2400 ヘリファルテ ルメール 2 2
アメリカG2 芝2200 フィエールマン ルメール 2 7
万葉SH 芝3000 ユーキャンスマイル 武豊 2 5

 勝利馬の人気の内訳は2番人気が12勝、3番人気は4勝、4番人気が4勝、5番人気が2勝、それ以下が5勝となっている。出現率と期待値では順当に2番人気が他を大きく離す12勝。

まずは、1倍台は積極的に狙わなくとも2番人気は全力で狙っておくべきということ。

2番人気では大差がないというなかれ。

大半は1番人気を買って死んでいるから、2番人気でも通常の5番人気的中くらいの破壊力がある。

これは単勝支持率との兼ね合いだ。

2020年だとこれ。

レース名 距離 馬名S 騎手 着順 人気
小倉大賞HG3 芝1800 ヴェロックス 川田将雅 9 4
共同通信G3 芝1800 マイラプソディ 武豊 4 3
きさらぎG3 芝1800 アルジャンナ 川田将雅 3 7
根岸SG3 ダ1400 コパノキッキング マーフィ 2 3
ジャニュ ダ1200 レッドアネラ ルメール 5 5
フェアリG3 芝1600 アヌラーダプラ ルメール 6 3
シンザンG3 芝1600 ルーツドール 川田将雅 7 2

2番人気が1勝、3番人気が3勝、4番人気が1勝、5番人気が1勝、7番人気が1勝の内訳。

やはり4番人気くらいまでが押さえておきたい範囲となりそうだ。

まとめ

1倍台なんて買っても安いだけ。

ほぼ5割以上来ないのだから、234番人気で他の購入者を出し抜いた方がいい。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと