【WIN5】京都記念(G2)、共同通信杯(G3)他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

180人の購読者に加わりましょう
■阪神10R茨木S(3勝)ダ1800

逃げ切りか追込みくらいしか荒れない条件。

近走の対象レースを予想している際、
横の能力比較で気になっていたのがシルバーエース。

積極策を見込める馬だけに悪くない。

上位安定はやはりペルアアか。

岩田の息子も一流ではないながらも
時折、目につく騎乗を見せるようになった。

阪神のダートも乗り慣れており問題なし。

問題はこれら2頭以外か。

ステイブルアスクは毎回人気して勝ち切れない競馬。

オナホちゃんからガシマンに変わって
多少前で競馬をするようになったのが前走。

完全な勝ちパターンで交わされたのは
勝ち馬のアーテルアストレアが強かったということ。

ゼウスバイオは連勝中で阪神も得意と買い材料が多い。

4歳馬というのも歓迎だ。

ただ、和田がまあ恐ろしく期待できない。

ダートは芝よりもひどいのだから
このタイミングで和田の起用は割引。

どうせ人気なので疑ってみたい。

◎シルバーエース
○ペルアア
▲ステイブルアスク
△ゼウスバイオ
×セイクリッドゲイズ

■東京10RバレンタインS(OP)ダ1400

芝と違ってダートは時計比較の信頼性が高い。

そのまま走ればレッドゲイルで足りそうな雰囲気はある。

まあ問題はすっかり裏切り者になったルメカスさんだが。

回ってくるだけの競馬なら何とかしてくれるんじゃないか。

気になったのは内を引いたロードシュトロームの存在。

元々カセノダンサーを評価していたのだが
直接対決で負かしている上に5キロ差があった日野特別。

ただでさえ負けた相手に今回2キロ差となると逆転が見えない。

となると基本路線はこの2頭。

ロードは内田君の積極策で2連勝と好相性。
ここも行くだけなら任せていい。

残りは底力上位組の扱いよね。

ハセドンとコンバスチョンには警戒したいが
典から和生に変わってどこまで積極的に出すのか
あと、前走地方組はWIN5のダートで凡走傾向にある。

それならまだ外枠のディアノイア?

◎ロードシュトローム
○レッドゲイル
▲ハセドン
△コンバスチョン
×ディアノイア

■小倉11R北九州短距離S(OP)芝1200

毎度難解な小倉メイン。

下手に悩むよりコース適性と逃げ先行馬。

先週の浜中がイン突きを決めたように
外差しでは間に合わない可能性が高い。

え?土曜小倉?見てないけどええやろ。

まず真っ先に狙いたいのは最内ヤマトコウセイ。

小倉の1200は新潟千直と何気に好相性。

3歳時にはやぶさ賞で経験済み。

ダートの印象も強く前走大敗だから
人気の盲点と思いきや前売りはなぜか人気。

なんでや。

基本は4歳馬でいいと思う。

例外的に引っ掛かったのは外のハゲ。

阪神ダ1800専用と思いきや
小倉の芝はそれなりに得意条件。

◎ヤマトコウセイ
○カルネアサーダ
▲ダークペイジ
△ハリーバローズ
×ストーンリッジ

■阪神11R京都記念(G2)芝2200

イクイノックスさんをダービーで負かしたドウデュース。
かつての現役最強馬エフフォーリア。

当方が初心者なら胸が躍る顔合わせだったろう。

ただもう酸いも甘いも経験した現在では
疑うことしかしなくなった。

この2点でいいならどれほど簡単だろうか。

ということでひねくれたおじさんは
人と違う視線で隙を窺うことにする。

まずこの時期の阪神の芝はバカみたいに内前しか来ない。

昨年の桜花賞なんかもそうだったでしょ。

アフリカンゴールドの逃げ切りなんてのも馬場の恩恵。

今年も出るけどさすがに今回は厳しい。

この馬はノーマークで無視してもらってなんぼ。

火事場泥棒が持ち味だけどハナに立てなさそう。

当然ながら矢作厩舎の2頭が主導権だろう。

ガシマンと子猿を考えれば主戦のガシマンに色気あり。

ほら、思い出してくださいよ。

こいつが2年前の宝塚記念で2着だったことを。

絞り切れないというコメントも出ているが
追い切りを見た感じは何も問題なし。

ここはあえての泣きだと読む。

ガシマンを先に行かせて子猿が蓋をするイメージで落ち着いた。

ウインマイティーもマーメイドSの好走あるが
和田じゃダメだよ和田じゃ、怖さがない。

プラダリアの買い時は前走だったはず。

謙ちゃんは人間的にも問題あるし
復帰していきなりってのもねえ。

話を元に戻そう。

ドウデュースは追い切りの動きもよく疲れも感じない。

とはいえ、ドバイを目標の馬がいきなり勝ちに行くだろうか。

豊も押していくこともなく出たなりの競馬でしょ。

あっさり勝たれたら諦めるし
馬券なら脚を余して3着くらいでいい。

何しろ京都記念はダービー馬に鬼門の条件でもある。

キズナやハープスターも負けたしね。

エフフォーリアはもう来る来る詐欺に近い。

調教師すら原因が分からないのだから
外野のこっちはさらに分からない。

おっと忘れちゃいけない3頭目のG1馬キラーアビリティ。

ザバエフ信者としては買い。

あ、今年のG2は4歳馬勝ててないからそこも注意。

◎ユニコーンライオン
○キラーアビリティ
▲ドウデュース
△キングオブドラゴン
×マテンロウレオ

■東京11R共同通信杯(G3)芝1800

意外と人気馬で決まらないレース。

過去10年でも6番人気までが想定。

2頭いた6番人気のうち
ディーマジェスティは外れたが
オウケンムーンは的中した。

残念ながら他のレースでハズレてWIN5にはならなかった。

ただ比較的このレースは得意でもある。

2年前のエフフォーリアを買えずに
ラストで死んだのは恥ずかしい話だが当時は4番人気。

昨年はダノンベルーガに◎を打てた。

ポイントになるのは後ろから交わされた敗戦がないのと
連勝中もしくは新馬勝ちであること。

えーとこれ、条件クリアするのって
タスティエーラとタッチウッドしかいなくね?

後は情状酌量ならレイベリングか。

阪神の2歳G1って外枠厳しいもんね。

14番枠から勝ちに行く競馬をして
着拾いのようなダノンタッチダウンに出し抜かれただけならセーフ。

この馬は新馬勝ちを記事にした注目馬でもある。

タッチウッドは逃げても上がり最速で楽勝。

ライアンからバシュロはどうかと思うが
日本人よりはマシじゃないの?

タスティエーラは新馬で突き抜けた上がりはマークしていないものの
33.5で上がれば後ろはどうしようもない。

L3を11.2-11.1-11.2でまとめているのは優秀だ。

タッチウッドも逸材ぶりを証明しているL3で11.8-11.0-11.2。

そもそも今年の3歳世代は近年稀に見る低レベルの危機。

既存勢力にここを勝たれたらいよいよお先真っ暗になる。

そういう意味でもニューヒーロー登場に期待したい。

◎タッチウッド
○タスティエーラ
▲レイベリング
△ファントムシーフ
×ダノンザタイガー

※当サイトの予想はWIN5を想定しています。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと