【WIN5】函館記念他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

193人の購読者に加わりましょう
■福島10R会津S(3勝)ダ1150 ※逃げ多数

ハンデ戦とはいえ、前走より斤量の減る馬が多い。

不良にでもなって紛れがなければ
外の逃げ馬にはしんどいか。

福島ダ1150は持ちタイムが良で1分7秒台なら勝ち負けライン。

サザンエルフの1分7秒8は買える。

次の目安は中山ダ1200。

スプリンターズSよりテンの3Fが速いことも珍しくない。

こちらの良でトップはパウオレ。

ならこの2頭が飛車角扱い。

現級上位のイスラアネーロ。

目下の好調を評価してアイスリアン。

前走秀逸スプラウティング。

◎パウオレ
○サザンエルフ
▲イスラアネーロ
△アイスリアン
×スプラウティング

■函館10R駒場特別(2勝)ダ1700

良の持ちタイムで考えれば
ローズスターとスマートサニーがリード。

これにアスクビックスターやシンヨモギネスあたりが
人気で続きそう。

ただ一考したいのはロイガヴェーグル。

前走タイムは稍重参考だが1分44秒6と悪くない。

道中口を割りながら
鞍上が折り合えてなかったにもかかわらず
しっかりと捕え切ったレースぶりは評価したい。

馬体重大幅減から戻しての復調だけにいい。

未勝利勝ちの際に完勝した相手の
ノボリクレバーは先週のフィリピンTで勝ち負け。

勝ち身が遅いアスクや頭打ちのヨモギよりは面白い。

◎ローズスター
○スマートサニー
▲ロイガヴェーグル
△アスクビックスター
×シンヨモギネス

■中京11R名鉄杯(L)ダ1800

ウェルカムニュースは休み明けで
追い切りでも遅れたのが不安。

先週は康太でも勝てたが
2週連続はさすがに欲張りすぎ。

それくらい下手糞ではある。

メイクアリープの近走は
こちらの予想を上回る走り。

前走敗れはしたが相手もキングズソードならやむなし。

むしろハナ差だったことを評価すべきか。

で、その三宮Sで下手糞に乗ったのが子猿のフィロロッソ。

へったくそやったなあこのとき。

今回は人間的には嫌いでも
腕は認めざるを得ない生姜君。

鞍上としては大幅強化で狙える。

一発の期待は菱田のアーテルアストレア。

なんでこの牝馬が気になるのかというと
アルテイシアに似ていたかららしい。

この条件で4戦3勝なら面白い。

◎メイクアリープ
○フィロロッソ
▲アーテルアストレア
△ウェルカムニュース
×ダノンハーロック

■福島11R福島テレビオープン 芝1200 ※逃げ不在

勝ち切れないストーンリッジに
戸崎割があっても面白みに欠ける。

休み明けではない分、スリーパーダの勢いを買うか。

土曜福島で10,11,12Rをぶっこ抜いた菅原君の好調は見逃せない。

中山はダメで東京や新潟で活躍した典型的なサウスポー。

しかし福島でコース取りの妙を見せていた土曜。

これは騎手買いしたくなる。

戸崎うんこ戸崎よりはなんぼかいい。

相手もエナジーグランでえんとちゃうか。

ハート様は一時期波に乗れそうな感じだったのに
レイハリアの挫折と共に落ち込んだ。

それがまた徐々に存在感を見せ始めているのは好感。

ジャングルポケット産駒というのも渋いね今。

クリノとスマートはどちらを上位に採るか考えたが
エナジーとの直接対決でクリノは完敗。

それならそこそこいい馬に乗ると頑張る先生が魅力。

◎スリーパーダ
○エナジーグラン
▲スマートリアン
△クリノマジン
×ストーンリッジ

■函館11R函館記念(G3)芝2000

先週の七夕賞は牝馬の勝てないレースだったが
2頭しかいなかった牝馬が2着3着。

それでも勝ち馬は牡馬だからデータの勝ち。

これは函館記念においても継続すると考える。

馬券に絡んでも頭はなし。

これでルビーカサブランカとローゼライトは消せる。

ういんごだからねこれ。

で、次に重視したいのが
前走自己条件の馬が勝てないレースであること。

データ的にも2000年以降で一例もない。

直近でも99年ジョービッグバンが500万下から1勝。

その前が92年のヒガシマジョルカの900万下勝ち。

つまり、それだけ信頼性が高い訳だ。

これはもうデータ派なら受け入れたい。

ブローザボーン
ローシャムパーク
ローゼライト(2度目)
アルナシーム

以上が脱落。

やはり前走重賞敗戦組が底力で上ということなのだろう。

あ、そういやエリモハリアーはこの条件大好きだったねえ。

新潟大賞典は不良馬場で論外。

論外だけどセイウンハーゲスはカラテと接戦。

そこから8馬身も置き去りにされてはイクスプロージョンは?

気になるのは金鯱賞かなあ。

アラタ4着でハヤヤッコが5着。

ハヤヤッコは昨年◎級の扱いにして優勝。

あのときは春天の惨敗が目くらましになっただけで
日経賞の内容が良かった。

ただこの馬は57.5キロ以上で馬券に絡めていない。

微妙に斤量に敏感なタイプの印象がある。

つうわけで1着は疑問かな今年は。

やっぱハンデ重賞だけあって気になるのよね。

今年の芝重賞を59キロ背負って勝った馬って
新潟大賞典のカラテと日経賞のタイトルホルダーと
日経新春杯のヴェルトライゼンデの3頭。

彼らに比べると函館記念のメンバーは見劣りする。

落ち着いたのは斤量の心配をしなくてもいい巴賞組。

今年のアラタは使いこんでない感じなんよ。

そう、真っ黒でビラビラはみ出とるやないかって訳じゃない。

ただドーブネも外枠だったし目標にされた。

交わされはしたけどバテたというより切れ味の差ってとこ。

特注は昨年の1番人気マイネルウィルトス。

1年ぶりにここてどうなん。

函館記念ってそもそも休み明けで使うレースちゃうやん。

でも追い切りが良過ぎた。

あれを見せられると色気も出た。

◎アラタ
○ドーブネ
▲マイネルウィルトス
△ハヤヤッコ
×ユニコーンライオン

※当サイトの予想はWIN5を想定しています。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと