【WIN5】金鯱賞、フィリーズレビュー他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

189人の購読者に加わりましょう
■阪神10Rオークランド(3勝)ダ2000

最近は1人気か6人気ってところの案件。

混戦模様だが狙ってみたいのはエクセスリターン。

前走の勝ち方がなかなか唸らせられる内容。

映像を見た感じでも惨敗すらありそうな位置から
長くいい脚を使って突き抜けた。

団野の乗り方は綺麗ではなかったものの
あれで勝ち切れるんだから強い。

相手には豊ちゃんのサイモンザナドゥ。

ジュタロウがいるのにこちらに乗るんだからあり。

そのジュタロウは勝てない武史。

後は無難に上位人気想定どころ。

傾向としては前走3着以内が目安。

ダノンブレットは能力上位でも
勝ち切れないのは気になる。

◎エクセスリターン
○サイモンザナドゥ
▲グリューヴルム
△レッドプロフェシー
×ダノンブレット

■中山10R東風S(L)芝1600

高勝率の奥村案件でヤス。

少なくともホウオウビスケッツは
1点縛り級の扱い。

だって東京新聞杯組のレベル高かったでしょ。

1着サクラトゥジュール→内枠とイン伸び偏重馬場でキング
2着ウインカーネリアン→下手糞でも逃げたら好走ゴ三浦
3着ホウオウビスケッツ→ヤスと東風S
4着アスクコンナモンダ→3着なら3連複10万やったぞボケ武史
5着マテンロウスカイ→おじさんと中山記念勝ち  
6着マスクトディーヴァ→下手糞望来とゲート開かない出遅れ

で、G3でもないリステッド。

こんなん予想すらいらんわ。

だからまあ中山記念でマテンロウスカイに◎打ったんや。

ヤスも継続で勝負駆けの賞金加算狙い。

悩む必要あるんか?

しかしだな、過去10年で引っ掛かるのは
前走東京新聞杯組が未勝利な点。

念のため調べてみたところ
うーん、大した馬いなくね?

これなら問題ないかもなあ。

一応この手のレースで警戒すべきは
前年の勝ち馬や好走馬。

該当するのはツムツムのラインベック。

そらそうよ津村案件ね。

となると本馬に米子Sと京成杯AHで
先着のメイショウシンタケはセット。

この馬は康太でも去年の戎橋Sで穴開けた前科者。

ディオは名前好きだけど相手が強いか。

中山マイル王のエスパーも馬はマイルが長い。

◎ホウオウビスケッツ
○ラインベック
▲メイショウシンタケ
△ディオ
×グレイイングリーン

■中京11R金鯱賞(G2)芝2000 ※逃げ不在

まあ普通に考えてドゥレッツァとプログノーシスの二強よね。

普通に考えたらね。

戦前に要警戒だったのは
たまにいじってくる中京の八百長馬場。

造園課がこれやりだすとバカみたいな超速になる。

メイケイエールが1分6秒2出したり
アスクワイルドモアが2分9秒5で芝2200m走破したりね。

2年前の金鯱賞だってジャックドールが行ったままで
1分57秒2なんて酷いのやってたでしょ。

だから大阪杯で足りなかったんだよあの年。

土曜中京は雪なんかも降ってたようだが
芝のレースはすべて良馬場で開催。

逃げ馬の粘りはあったものの
行ったままって程ではなかった。

2勝クラスの恋路ケ浜特別で出遅れたエイカイマッケンロが間に合った。

芝2000m同条件で2分フラットで6番手からの差し切り。

うん、馬場いじりによる逃げ切りは
そこまでマークしなくていいかも。

ゴ三浦のヤマニンサルバムがギベオンする可能性はなくなったはず。

じゃ本題。

多分これドゥレッツァで何とかなりそう。

皐月賞馬ソールオリエンス、ダービー馬タスティエーラって弱いじゃん。

誰だってそう思う。俺もそう思う。

でもこいつら問題にしなかったドゥレッツァさんは強かったじゃん。

この馬はスローでも好位で上がり最速出せるとこがいい。

追い切り見たけどよう動いとったで。

懸念は59キロくらいだが、これも必要以上にビビんなくてもいい?

これ去年の重賞で59キロ背負って勝った馬。

オータムHG3 ソウルラッシュ
新潟大賞HG3 カラテ
アンタレG3 プロミストウォリア
日経賞G2 タイトルホルダー
日経新春HG2 ヴェルトライゼンデ

タイトルホルダーくらいじゃない?強かったの。

ふむ、ほなドゥレッツァも菊花賞馬やけの。

共通点はG1馬。はいおしまい(適当

逆にプログノーシスは優等生の競馬が出来ないタイプ。

去年のメンツもしょぼかったさ。

2着フェーングロッテン
3着アラタ
4着ハヤヤッコ
7着ヤマニンサルバム

こいつらの逆転があるかどうか。

それならまだヨーホーレイクやノッキングポイントの方が怖いかもね。

気持ち的には2点で安心したいとこだが
むしろ断然人気にならなかったことを前向きにとらえるのもあり?

ふふふ、ゴ三浦なんぞ重賞で買わねえぞ。

◎ドゥレッツァ
○プログノーシス
▲ノッキングポイント
△アラタ
×ハヤヤッコ

■阪神11Rフィリーズレビュー(G2)芝1400 ※逃げ不在

馬の実力的に抜けているのはコラソンビート。

JFでも気にしてみていたけど
あ、やっぱ強いんだなこいつって思った。

なぜかって?

関西でど下手糞の武史が乗ってたから。

武史はエフフォーリアだけで過大評価されたけど
中山と北海道以外では結果が出ていない。

特に最近はイップスなのか酷い、酷過ぎるね。

関西圏の勝ちってチューリップ賞のナミュールと
菊花賞のタイトルホルダーのみじゃね?

それ以外は悉く人気馬ぶっ飛ばしてるよ。

ということで飛ぶとしたら武史がやらかしたときくらい。

外枠なら疑っていいけど内枠引けたのはよかったね。

この条件は脳死で123枠買えばいい。

シカゴスティングがギリ6番の4枠でここがボーダー。

例年桜花賞でどうこうって馬はおらず
看板だけなぜかG2のトライアルである。

先を見据えるより1400ベストの勝負駆けを狙え。

でも前走1200は来ないからエトヴプレは割引。

まあハゲとけや。

不気味なのはザバエフのレディマリオン。

福島小倉とゴチャつく上に機動力のいる小回りで2戦。

エンジン掛かったときの
ギアチェンジの早さが短距離向き。

ザバエフが乗るのもあり。

コラソンビート
バウンシーステップ
カルチャーデイ
シカゴスティング

■中山11RアネモネS(L)芝1600

馬主になってどうしてゴ三浦や大野や石橋脩を乗せるんだろう。

広瀬すずカスが言ったとか言わなかったとか。

過去10年の勝ち馬は前走4着以内がマスト。

該当するのは
テウメッサ 1着
サクセスカラー 4着
ソルトクィーン 1着
ラヴスコール 3着
エリカエスティーム 3着
ガジュノリ 1着

8枠サヨナラなのでガジュノリはNG。

2着スウィープフィートがチューリップ賞勝ったように
フェアリーS<<<エルフィンSだから
ラヴスコールは割り引いていい。

和生もマイルは来ない。

ソルトはエルフィンより勝ちタイム速かった。

1分34秒7(未勝利)
1分35秒1(エルフィン)

テウメッサも勝ちタイム1分33秒9は
クイーンCの1分33秒1と0秒8差。

うーんこっちはサクセスカラーいればいいかなあ。

個人的にはサフラン賞勝ってる
スプリングノヴァを評価したいんだが
小さな馬で中間も物足りず。

◎エリカエスティーム
○サクセスカラー
▲ソルトクィーン
△ラヴスコール
×テウメッサ

※当サイトの予想はWIN5を想定しています。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと