東京10R多摩川ステークスの攻略データ

スポンサーリンク

京王杯5着のダンスアミーガの人気が予想されるが、着順ほどの中身はなかっただけに注意しておきたい。

ルメールは戸崎と違って信用できるが、この馬のベストは1400。

1600なら他馬にも付け入る隙がある。

55.5キロは牡馬に換算すると実質57.5キロのトップハンデ。

再昇級バロンドゥフォール、勢いあるトーキングドラムも有力。

他にも安定勢力のフロアクラフト、マカハ、マーブルカテドラルなど伏兵陣も多彩。

馬名騎手名斤量調教師全芝東京芝芝1600m持ち時計
ダンスアミーガC.ルメール55.5牝4中竹和也4.0.1.81.0.0.12.0.1.31.32.4(新潟/良/14.09)
セイクレットレーヴ松岡正海56牡6田中清隆2.3.0.191.1.0.90.2.0.31.33.0(東京/良/12.10)
ゴールドベル四位洋文53牡6庄野靖志4.0.3.200.0.0.02.0.0.61.33.1(京都/良/14.04)
エンドレスノット武豊52牝6国枝栄3.2.2.71.2.1.11.2.0.41.33.1(新潟/良/14.09)
キョウエイバサラ吉田豊53牡7矢作芳人1.3.2.271.0.2.50.1.1.91.33.1(東京/良/13.04)
バロンドゥフォール田辺裕信55牡5久保田貴士4.2.1.51.2.1.23.1.0.21.33.3(東京/良/13.06)
ハングリージャック石川裕紀人54牡8加藤征弘4.4.5.181.3.2.72.3.1.51.33.5(東京/良/12.05)
サトノネプチューンL.オールプレス55牡5堀宣行3.1.1.121.0.0.71.1.1.71.33.5(東京/良/13.05)
タイセイドリーム田中勝春56牡5矢作芳人4.8.3.160.1.2.61.0.1.41.33.6(東京/良/15.05)
マーブルカテドラル北村宏司55牝4上原博之3.1.0.72.0.0.12.1.0.41.33.7(中山/良/14.12)
テンペル横山典弘53牡7松永幹夫3.2.2.140.1.0.51.2.0.71.33.8(東京/良/14.06)
ダイシンサンダー戸崎圭太57牡4松田博資4.1.1.30.0.0.11.1.1.01.34.0(京都/良/15.01)
カーバ柴田大知54牡6和田雄二3.1.4.150.0.0.21.0.0.21.34.0(東京/良/15.05)
アドマイヤイナズマ丸山元気54牡5梅田智之3.1.0.20.0.0.10.1.0.11.34.1(東京/良/15.05)
オツウ三浦皇成54牝5須貝尚介3.2.1.110.0.0.21.0.0.41.34.4(中山/良/15.03)
マカハ内田博幸56牡6小崎憲4.9.4.101.4.1.20.2.1.21.34.9(中京/良/13.03)
フロアクラフト石橋脩54牝5西園正都4.6.2.120.1.0.20.1.0.11.35.1(阪神/良/12.12)
トーキングドラム福永祐一55牡5斎藤誠2.1.1.12.0.0.11.0.1.01.35.4(東京/良/15.02)

WIN5対象レース芝の勝率(2015)

総合勝率1着騎乗
祐一0.182633
戸崎0.176634
宏司0.136322
田辺0.111327
横山0.100330
内田0.087223
武豊0.067230
オール0.20015
ルメ0.067115
石脩0.053119
吉豊0.045122
大知0.000028
四位0.000022
松岡0.000021
三浦0.000020
勝春0.000019
丸山0.000015

 

総合勝率1着出走
堀 宣行0.286828
矢作芳人0.143428
上原博之0.40025
松永幹夫0.154213
斎藤 誠0.118217
松田博資0.105219
須貝尚介0.100220
梅田智之0.25014
久保田貴士0.16716
加藤征弘0.091111
西園正都0.067115
国枝 栄0.056118

WIN5対象レース東京競馬場芝の成績

騎手東京2着
宏司134
内田109
横山107
祐一99
武豊83
戸崎410
吉豊45
勝春34
石脩32
三浦32
大知25
松岡12
田辺08

 

調教師東京2着
堀 宣行99
矢作芳人68
須貝尚介46
国枝 栄42
田中清隆31
松田博資23
松永幹夫21
斎藤 誠14
加藤征弘13
西園正都03
中竹和也02
梅田智之02
小崎 憲02

■まとめ

ルメールのダンスアミーガの扱いが難しい。

信じるなら人気や点数的にも1点にしたいが、雰囲気が先週のマリオーロのときに似ている気がしなくはない。

時計だけならまだトーキングドラムの前走1.20.1の方が、参考外のタイムとなった京王杯の1.21.7より信頼度は高い。

あの超スローをほぼ最後方近くから勝ち負けしたからこそヴァンセンヌは評価できたが、ダンスアミーガは逆に超スローを最大限生かしての5着だけに。

それならまだタイム差なしだった勝ち馬のピオネロとの比較でタイセイドリームが浮上するが、この馬も勝ち切るには切れ不足が懸念材料。勝春がたまに激走するにしても非根幹距離だけに王道のマイルでは微妙。

バロンドゥフォールは評価したいが、田辺の東京実績が絶望的。いまだに未勝利で2着8回では田辺自身の不甲斐なさも影響していないとは言えない。個人的には田辺は中山の騎手。

 

それなら宏司のマーブルカテドラルが面白そう。

上原厩舎とはダイワの馬でずっとコンビを組んでいる。半年振りの休み明けで55キロはさすがに楽ではないが、人気の盲点という意味では買い材料。

マカハは内田の思い切りのよさも合っているが、何しろ4.9.4.11の4勝はともかく2着9回がいただけない。

1着でこそのWIN5だけに馬券では買えても何かしらにやられそうな馬。

トーキングドラム

マーブルカテドラル

----------

ダンスアミーガ

マカハ

タイセイドリーム

■149週(約3年間)連続的中■

■年間獲得金;1400万円■

これが私達の実績です。

しかも無料情報のみの実績です。

この数字は異常だと思いますか?

競馬で1000万なんて、
冗談はそのダルンダルンの腹だけにしろ!

と言われるかもしれません(苦笑)

ただ、あなたのその気持ちはすぐに
疑いは無くなり、確信に変わります。

私達から的中を受け取った瞬間。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そんな情報を『完全無料』で
“的中の根拠”“レース解説”と共にお伝えします。

今、あなたの競馬を変える時です。
↓  ↓  ↓
k-468x60 その2

コメント

アクセスランキング