【WIN5向け】2017フラワーカップ(G3)過去10年の傾向と対策

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

194人の購読者に加わりましょう

【WIN5向け】2017フラワーカップ(G3)過去10年の傾向と対策

近年では2006年にキストゥヘヴンが桜花賞を勝ったが、それ以外は2010年にオウケンサクラが2着に来た程度。

やはりプレ桜花賞としてはチューリップ賞が絶対的な王道。

ただ、今年はファンディーナという大物の参戦が興味深いところ。

勝ち方次第では絶対王者ソウルスターリングを脅かす存在になれるかもしれない。

■2016 フラワーカップ(G3) エンジェルフェイス

◆2016
1着 5枠 9 エンジェルフェイス 牝3 福永 1.49.3 01-01 35.6 54.0 1
2着 2枠 3 ゲッカコウ 牝3 松岡 1.49.5 06-07 35.4 54.0 2
3着 5枠 10 ウインクルサルーテ 牝3 秋山 1.49.5 08-08 35.2 54.0 14
◆2015
1着 1枠 1 アルビアーノ   牝3 柴山 1.49.4 01-01 35.4 54.0 1
2着 3枠 5 アースライズ   牝3 三浦 1.49.6 08-08 34.9 54.0 12
3着 6枠 12 ディアマイダーリン 牝3 M.デ 1.49.6 07-05 35.0 54.0 2
◆2014
1着 4枠 7 バウンスシャッセ 牝3 宏司 1.51.3 05-04 36.6 54.0 3
2着 5枠 9 マイネグレヴィル 牝3 大知 1.51.6 02-02 37.2 54.0 4
2着 7枠 13 パシフィックギャル 牝3 A.シ 1.51.6 03-03 37.0 54.0 6
◆2013
1着 3枠 4 サクラプレジール 牝3 横山 1.50.0 03-03 35.2 54.0 2
2着 7枠 11 エバーブロッサム 牝3 戸崎 1.50.0 12-12 34.3 54.0 3
3着 4枠 6 リラコサージュ  牝3 善臣 1.50.0 04-03 34.9 54.0 6
◆2012
1着 7枠 13 オメガハートランド 牝3 石脩 1.53.3 11-08 36.5 54.0 6
2着 4枠 7 メイショウスザンナ 牝3 武豊 1.53.6 06-05 37.3 54.0 1
3着 5枠 9 サンキューアスク 牝3 内田 1.53.6 14-13 36.5 54.0 10
◆2011
1着 3枠 5 トレンドハンター 牝3 岩田 1.47.0 15-13 35.0 54.0 5
2着 6枠 11 ハブルバブル    牝3 U.リ 1.47.2 09-08 35.6 54.0 1
3着 2枠 3 マヒナ      牝3 蛯名 1.47.6 16-17 35.4 54.0 7
◆2010
1着 6枠 12 オウケンサクラ  牝3 後藤 1.50.3 03-03 34.9 54.0 3
2着 6枠 11 コスモネモシン  牝3 石脩 1.50.5 09-07 34.5 55.0 4
3着 5枠 9 サンテミリオン  牝3 横山 1.50.7 08-07 34.8 54.0 1
◆2009                   
1着 2枠 4 ヴィーヴァヴォドカ 牝3 村田 1.49.3 01-01 36.2 54.0 11
2着 8枠 16 ディアジーナ   牝3 内田 1.49.4 02-03 36.1 55.0 1
3着 2枠 3 マジックシアター 牝3 隼人 1.49.8 09-10 36.0 54.0 2
◆2008
1着 1枠 1 ブラックエンブレム 牝3 松岡 1.49.5 01-01 36.1 54.0 1
2着 4枠 8 レッドアゲート  牝3 内田 1.49.5 12-11 34.9 54.0 8
3着 5枠 10 シングライクバード 牝3 川田 1.49.9 14-13 34.9 54.0 2
◆2007
1着 3枠 5 ショウナンタレント 牝3 善臣 1.49.6 01-01 35.9 54.0 1
2着 8枠 15 ホクレレ     牝3 蛯名 1.49.8 06-09 35.5 54.0 6
3着 2枠 4 クロコレーヌ   牝3 高智 1.49.9 06-06 35.6 54.0 12

■人気別成績

1番人気 4.3.1

----------

2番人気 1.1.3

3番人気 2.1.0

4番人気 0.2.0

5番人気 1.0.0

6番人気 1.2.1

----------

7番人気 0.0.1

8番人気 0.1.0

9番人気 0.0.0

10人下 1.1.3

※牝馬の重賞だけに荒れているイメージだが、一応は6番人気以内で9勝。

■枠順別成績

1枠 2.0.0

2枠 1.1.3

3枠 3.1.0

----------

4枠 1.2.1

5枠 1.1.4

6枠 1.2.1

7枠 1.2.0

8枠 0.2.0

※昨年の中山は外差し馬場だったが、今年は一転して前も残る。

かつての残り放題の中山ほどではないが、スローペースが多いのは気になる。

■展開

中山記念や弥生賞、中山牝馬をみても前にいる組が有利。

抜けた馬ならば外差しでも届くが、フラワーカップは特に前残りの多いレース。

■前走分布

500万下    2勝

きんせ(500万) 2勝

クイン(G3)  1勝

チュリ(G3)  1勝

新馬     1勝

寒竹賞(500万) 1勝

黄梅賞(500万) 1勝

未勝利    1勝

※キャリアの浅い時期のため、ある程度の能力の裏付けが取れていれば未勝利からでも勝てる。

■まとめ

・6番人気までケアしたい。

・内枠先行馬。

・前残り注意。

■ピックアップ

・ファンディーナ

・ウインシャトレーヌ

・デアレガーロ

・ハナレイムーン

※人気はファンディーナに一極集中しそうだが、3歳牝馬を過信するのもリスクが大きい。

少額勝負ならともかく配当を狙っていくなら疑うのもあり。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、

点数は36点~60点(3連単の場合)で、

3連単が3回に1回的中させる事ができます。

その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

コメント