【WIN5向け】2018.4.22WIN5対象レースの展望

【WIN5向け】2018.4.22WIN5対象レースの展望

毎週波乱続きの展開でそろそろ一旦低配当で落ち着くかと思ったら今年最高配当を更新。

読み違いに自省するも勝たれた馬達は想定外でもない。

ノーマークの馬でなかったのはピックアップまでは出来ていても買えるところまで読み切れなかったのが情けない。

荒れるにしても斜め上まで荒れているのが拾い切れない原因でもある。

ただ、今週からは開催替わりで東京と京都が主場となるため、傾向は低配当寄りになる想定なのだが・・・。

とにかく内枠の前残りには警戒しておきたい。

■2018.04.15の結果

的中馬番 13-3-10-1-7
払戻金 15,173,350円
的中票数 30票
阪神10R難波S 中山10R京葉S福島11R福島民報杯阪神11RアンタレスS中山11R皐月賞
馬名馬名馬名馬名馬名

ナイトオブナイツ

3

ダノングッド

9

マイネルサージュ

5

グレイトパールエポカドーロ

7

・難波Sはダンツペンダントとブランドベルグが飛ばす展開から池添ナイトオブナイツが外から差し切り。

このクラスで安定していたが突き抜けるまではいかなかった馬もようやく卒業。池添の好騎乗も光った。

クリノヤマトノオーは復調気配、次走は勝ち負け。

・京葉Sは内枠のベストマッチョがまさかの逃げ。作戦としては悪くなかったが内田のペース配分がおかしい。

前傾ラップなのはいつもの中山ダ1200らしいが飛ばし過ぎ。

逆に普段は逃げていたのが追走に手間取ったダノングッドのまさかの追込み。

・福島民報杯は開幕週の福島にしては前が流れた。逃げたマイスタイルは強気なレースであわやのところまで。

4歳世代のレベルの高さが目に付く。

・アンタレスSは1年ぶりのグレイトパールが勝ち切れるかが注目も怪しい手ごたえのまま抜け出してしまう。

2,3着で負ける読み以上の強さを見せつけられる内容。この馬はダートの勢力図を一変させる力がある。

・皐月賞は雨の影響とダノンプレミアムの回避で前が止まらない展開。

3頭が競り合う形で飛ばしたが、4番手の戸崎が蓋をして後続が離れる。後ろのグループは実質スローになって2つのレースが混在するような流れ。

自分だけ信号をギリギリ通過して後ろは赤になったようなレース。

駆け込み乗車に成功した戸崎はしてやったりだが、これは戸崎の判断ではなく藤原師の指示。

いずれにしても戸崎以外は減点材料がなかった馬なのにスプリングSでハナ差のステルヴィオが1人気でこちらは7人気なのが違和感。

祐一のワグネリアンはダービーに向けて暗雲。一生ダービーとは縁がなさそう。

■2018.04.22の対象レース過去5年

京都10R桃山S 東京10R鎌倉S福島11R福島中央TV杯京都11RマイラーズC東京11RフローラS
馬名馬名馬名馬名馬名

コパノチャーリー

6

アキトクレッセント

2

キョウワゼノビア

5

イスラボニータ2モズカッチャン

12

マスクゾロ

7

エイシンバッケン4スマートカルロス1クルーガー

3

チェッキーノ

3

ナリタハリケーン

7

カーティスバローズ5ローズミラクル

1

レッドアリオン

8

シングウィズジョイ

2

クラージュドール3

カチューシャ

5

マイネサヴァラン8ワールドエース

3

サングレアル

4

マイネルバイカ

5

トキノエクセレント1メイショウツガル3グランプリボス

5

デニムアンドルビー

1

・京都ダ1800条件は過去には安定条件だったのが近年は地雷になりつつあるので注意。

・東京ダ1400条件はほぼほぼ5人気以内。

・福島芝1200はとにかくコース適性重視。福島専用機のような逃げ馬が穴を開けるケース。

・京都芝1600は内枠差し馬が狙い目。軽い馬場で切れ勝負になりやすいが外枠が先行タイプでないと届かない。

・東京芝2000もこの時期は内枠逃げ先行優勢。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、

点数は36点~60点(3連単の場合)で、

3連単が3回に1回的中させる事ができます。

その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

コメント

ja日本語
ja日本語