【WIN5】阪神11R 大阪杯(G1)の予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう

■阪神11R 大阪杯(G1) 芝2000

サートゥルナーリアが出ていれば鉄板級だったが回避。

ブラストワンピースとの使い分けとルメールの兼ね合いだろうが、使うなら逆だったのではないか。

ブラストは馬場が荒れて来る宝塚の方がよかった。
サートゥルは今の緩くてスローの良馬場大阪杯向き。

また、このレースの特徴としてディープがやたらと走る。

昨年も内からアルアインがキセキとの切れ勝負に勝利。

川田がキセキの特性を無駄にしたのもあったが、G1を勝てない致命的な欠陥もある。

また、馬場が内しか伸びない状況で外枠は不利。

昨年の馬場もペースさえ上がれば届くのではと言われながらもやはりスローの切れ勝負だった。

それを考えるとスムーズなギアチェンジと一瞬の切れが必要な条件。

ディープが好走する理由として整合性が取れる。

枠にしても3,4枠が好走するデータもある。

祐一以外の条件はワグネリアンに最も無難な内容となった。

とはいえ、祐一以前にディープのダービー馬は古馬になってG1を勝てないのも事実。

マカヒキなんかを見てると馬券には押さえられてもWIN5で考えたときの1着はない。

連下候補までか。

ステップで比較した場合、AJCCと中山記念は雲泥の差があった。

当方はブラストワンピースを推している身としてこの馬は好きなのだが、勝ち切ったことを評価できてもあれが強かったのかといわれると微妙なライン。

あわや勝利のステイフーリッシュが京都記念で牝馬2頭に完敗している。

では結局何がよかったのかとなった場合、中山記念の評価が高くなる。

ソウルスターリングが3着になったところであれは評価できないが、そんなレースを関係なく抜け出したダノンキングリーの安定感と明らかに手応えが悪くなった状況から盛り返したラッキーライラック。

内容としては輸送に不安が残るダノンよりはラッキーを上位に見たい。

ただ、ディープなのはダノンキングリーなんだなあ。

クロノジェネシスは追い切りが超抜。

内なら狙い目だったのだが、12頭とはいえ大外は明らかに割引材料。

馬券的にもラッキーライラックを軸に内枠の馬に流したい。

川田は後ろから競馬をしないで、それこそ昨年のキセキの乗り方なら勝機ある。

下げてしまうと内はおそらく開かないだろうし加速が間に合わないのではないか。

◎ラッキーライラック
〇ダノンキングリー
▲ブラストワンピース
△ワグネリアン
×サトノソルタス

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと