ミッキークイーン

スポンサーリンク
傾向と対策

【WIN5向け】2017エリザベス女王杯(G1)過去10年の傾向と対策

【WIN5向け】2017エリザベス女王杯(G1)過去10年の傾向と対策リピーターのよく来るレース。今年の3歳は粒揃いに思えたが、ハイレベルゆえの混戦ではなく単なるどんぐりの背比べのよう。さらにはソウルスターリングの毎日王冠完敗で怪しさ満点と...
徹底攻略

【WIN5向け】2017宝塚記念(G1)の徹底攻略データ

【WIN5向け】2017宝塚記念(G1)の徹底攻略データ芝10.2.3.1、G1を5.1.3.1なんて成績を見せられたらキタサンブラックで仕方がない。馬柱を見てみてもこの馬だけが圧倒的に抜けている。ただ、ここを1点にして予想を組み立てるのは...
傾向と対策

【WIN5向け】2017宝塚記念(G1)過去10年の傾向と対策

【WIN5向け】2017宝塚記念(G1)過去10年の傾向と対策今年の下馬評は武豊キタサンブラック一色。ライバルのサトノダイヤモンドが不出走、マカヒキもディーマジェスティもいない。めぼしい相手はシュヴァルグランだが鞍上が不安。これまでの比較か...
傾向と対策

【WIN5向け】2017ヴィクトリアマイル(G1)過去10年の傾向と対策

【WIN5向け】2017ヴィクトリアマイル(G1)過去10年の傾向と対策東京芝1600m条件は好きではあるが、強い馬が強い勝ち方もすれば訳の分からない大穴が突っ込んできたりもする。昨年はストレイトガールが7歳牝馬で連覇を達成の偉業。東京の芝...
徹底攻略

第41回エリザベス女王杯(G1)はミルコのクイーンズリングが昨年8着からのリベンジV。マリアライトは不利が響いた6着で連覇ならず。

2016第41回エリザベス女王杯(G1)の結果分析昨年は6番人気で優勝したマリアライトが、今年は宝塚記念をも制する下剋上。1年経って本命馬として連覇に挑戦した。データ上もアクシデントでもなければほぼ3着以内は約束されている好走条件。唯一の懸...
スポンサーリンク
アクセスランキング