【新潟記念、小倉2歳S】帰ってきたWIN5反省会【23.09.03】

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

193人の購読者に加わりましょう
■小倉10R宮崎S(3勝)ダ1700

1着○リキサントライ
2着▲メイショウミカワ

----------
このメンバーと条件で
何がどうだと明確な指標はなし。

何となく近走で大崩れしていない馬をチョイスせざるを得ない。

リキサントライ。

ういんごリピーターのラヴィータエベラ、レガーメペスカを負かして
早鞆特別を勝利(小倉ダ1700)した。
----------

ハナを主張したレッドエランドール酒井君の逃げ。

ラップこそ激流に見えて見た目はスロー。

2番手追走のメイショウミカワと
叩き合いになったところを
捲くってきたリキサントライが交わして優勝。

勿体なかったのは4着ラズルダズルかな。

もう少し判断が早ければ
頭があったかもしれない。

■新潟10R両津湾特別(2勝)ダ1800

1着-タイセイエピソード
2着◎コスタノヴァ

----------
すんなり先手が取れたら
そのまま残りそうなコスタノヴァに展開向くか。

ただルメカスはダートの人気馬は結構飛ばす。

展開のアヤもあると見て絞るのは避けたい。

芝ではゴミのゴ三浦師匠だが
ダートの場合は馬さえ足りていれば持ってくる。
----------

コスタノヴァが逃げて5F60秒5のハイラップ。

他の馬が追い掛けなかったため
このまま決まるかと思いきや
ただ1頭伸びてきたのがタイセイエピソード。

弥富特別の2着はあったけど不良でのもの。

近走見ても一変まではないと思った。

唯一引っ掛かったのは馬主のタイセイ。

菅原が7人気で穴を開けた昨夏の新潟ダ1800もタイセイスラッガー。

冠名は同じで違う馬だし、いっかと思ったらマジで来た。

だからって遊ぶ余裕ないよここで。

■札幌11R丹頂S(OP)芝2600

1着-ジャンカズマ
2着△ダンディズム

----------
札幌芝2600mで3.2.1.0と完璧だったボスジラ。

休み明けで59.0キロを背負っていたとはいえ、
11着の大敗はいただけない。

ハンデこそ57.5キロだが
どこまでアテにしていいものか。。。

そう、下手糞でも逃げ馬なら押さえろが基本。

サンセットクラウドを狙いたい人もいるだろうが
皿倉山特別でジャンカズマに完敗しているのが引っ掛かる。

ならイヤサカも白河特別でサンセットに
ボコられてるじゃねえかという話も出るが
逃げ馬なんてのはダメなときは脆い。

次走であっさり楽勝したんだからスルー。

今回は最内1枠1番で51キロなら
出足もつきやすいのではないか。
----------

イヤサカは51キロだし逃げたらワンチャンくらいに思っていたが
5着ならまあ妥当なところか。

高齢馬も多く上位人気が信用できないと感じたため
軽量馬狙いに路線変更も考えた。

サンセットクラウドの人気については疑っていたから
それならまだジャンカズマ買うよってとこまでは閃いた。

でもなあ。。。

最終的に買う決断までは足りなかったね。

物差しに使ったサンセットも3着。

ダンディズムが勝ち切れないのは富田君に原因かもね。

■小倉11R小倉2歳S(G3)芝1200 ※逃げ多数

1着△アスクワンタイム
2着◎ミルテンベルク

----------
過去10年の小倉2歳SでWIN5の予想が外れたのって
15番人気オーミアリスが勝った14年くらいだと思う。

ではなぜ、このレースが得意なのか。

それは鉄板級の攻略法があるからだ。

函館2歳Sでも同じことが言えるのだが
前走を上がり最速で好位からの抜け出しを決めていること。

ほぼこれで何とかなる。

あと、勝ちタイムはそこまで気にする必要がない。

要はいかに楽に勝っているか。

で、それなら注目すべきは
この馬を問題にしなかったミルテンベルク。

上がりで0秒7の差をつけて3馬身置き去りにした。

前述したラップ推移と上がり3F差が優秀な証明だね。

問題は下手糞の康太じゃないかなむしろ。
----------

ミルテンベルクで勝てるだろうと思いつつ、
念のためビッグドリームは押さえた。

このレースは2点で仕上げたのだが
2点目をビッグとアスクのどっちにするかは
昼過ぎまで悩まされた。

おそらくミルテンベルクが勝つからいいやって思ったらあーた。

ホントに来ちゃうんだもんな。

望来も1200苦手だったはずだが。。。

■新潟11R新潟記念(G3)芝2000 ※逃げ不在

1着-ノッキングポイント
2着×ユーキャンスマイル

----------
ここは脳死キンカメディープ案件。

★ディープ
サリエラ
サトノルークス
プラダリア

★キンカメ
グランオフィシエ
ブラヴァス
ユーキャンスマイル

キンカメ軍団は分が悪いね。

こっちは来ても2着までじゃないかな。

3歳世代を疑うスタイルは継続する。
----------

札幌記念でトップナイフが2着入って驚かされたが
まさか新潟記念もノッキングポイントが1着。

デビュー当初はクラシック候補といわれたが
その後はワンパンチ足りない競馬が続いた。

ただマイルから距離を延ばした3戦で
毎日杯2着、ダービー5着、新潟記念1着。

チェッキーノの血だろうけど
マイラーでもなさそうねこの馬。

データ的には新潟記念って1人気2人気が強いから
サリエラが飛んだ分だけって感じか。

フラーズダルムの逃げは5F60秒6の超スロー。

直線は単純な瞬発力勝負になった。

でもサリエラは思った以上に伸びなかったね。

ディープ牝馬で合うはずなんだけどな。

やはり気になったのは斤量。

デビューから4戦連続上がり最速の馬が
55.5キロを背負ったこの2戦は切れ負け。

420キロ台の馬だからカンカン泣きなのかもね。

マイネルウィルトスはさすがになあ。

16キロ減は元に戻っただけなんだが
新潟向きの馬じゃないわこれ。

泥んこ馬場にでもならないと勝ち目なかったっぽい。

馬質だけじゃないことを証明したのが菅原君。

右回りは大したことないから典型的なサウスポー。

こういうのはゴ三浦や石橋脩には出来ない。

才能の違いだなもう。

ユーキャンスマイルは去年も狙った馬。

ただこのときも脩じゃ勝てないから2着3着までと言ってた。
今年もお察し。

菅原君なら勝ってたんじゃないか。

■回顧

はずれたレースの勝ち馬を見ても
予想の段階でノーマークだった馬はいない。

いないけど。。。

こんなの全部は買えねえよ。

2点に削って取りこぼした重賞2つくらいかな。

せいぜい反省できるのは。

別にいいんじゃないの。

こんな結果じゃ即死でもいいくらい。

来週頭を切り替えてけばOKOK。

既に勝ち逃げしてる層がいるから、

よほどでないとキャリーなんてのはならない。

見事に空振った。

春は堅くて安いのばっかりでつまらなかった。

久しぶりにワクワクする配当の夏は面白かったねえ。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。
予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと