【WIN5】エプソムC(G3)、函館スプリントS(G3)他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
■中京10R 常滑特別 1000万 芝2000

レース条件的には上位人気での決着が多数。

3歳馬出走なし。

1000万条件ということを考えると4歳優勢。

最内ホウオウエクレールの粘り込みには警戒したい。

血統的にディープインパクト、エピファネイアは押さえる。

騎手は弘平と祐一の期待値高い。

◎メイショウボサツ
○サウンドレベッカ
▲ホウオウエクレール
△リノキアナ
×ウィズダイヤモンズ

■東京10R 夏至S 1600万 ダ1600

バンブトンハートはこの条件の安定勢力。

ただ、好走しても1着というのは縁がないタイプ。

タガノビューティーに完勝実績あるスマッシングハーツ有力。

ヘニーヒューズの好走条件にも当てはまる。

デュアライズ、エースレイジングの前走時計秀逸。

中山好走組は割引。

◎スマッシングハーツ
○デュアライズ
▲エースライジング
△ハギノリュクス
×アドマイヤスコール

■札幌11R 函館SS(G3)芝1200

オーシャンSが優位。

カレンモエは条件戦から見ているが、
どうにも勝ち切れていないイメージが残る。

馬券の軸には最適でも1着はコスパ悪い馬。

しかも今回は大外に入ったため、
位置を取りに行くまで脚を使いそう。

また、内からスタールビー、ケープコッド。

外もビアンフェなんかもいるから前は流れそう。

シゲルピンクルビーは相性いい桜花賞経由の3歳。

泉谷君なのは和田が斤量的に乗れないからだろう。

腕自体に問題はない若手の有望株。

ここでチャンスを手に入れたいところ。

カレンモエが疑わしい反面、鞍上は推している克駿。

少しもどかしい。

前が流れるならコントラチェックの評価を下げる必要はなし。

元気が不安なくらい。

騎手期待値は池添と佑介。

◎コントラチェック
○シゲルピンクルビー
▲カレンモエ
△ミッキーブリランテ
×ジョーアラビカ

■中京11R 三宮S OP ダ1800

盲点になりやすいのがOPのハンデ。

気持ち的にハンデの重い馬を
割引いてしまうのが心理だが、
WIN5的には軽量馬が来ないのが傾向。

攻略法的にはあえてトップハンデ馬を狙え。

確かに実績を考えると57キロでも
マイネルユキツバキは強い。

また、差しの決まる1900と前が残る1800も
読み違いの原因となりやすいので注意が必要。

連戦の疲れがなければメモリーコウはそろそろありそう。

1800津村サトノギャロス。

タマモサンシーロあたりで。

サンライズホープは人気しそうだが、
54キロというのは所詮その程度の実績でもある。

サクラアリュールも侮れないが祐一は今年まだダート未勝利。

◎マイネルユキツバキ
○サトノギャロス
▲メモリーコウ
△タマモサンシーロ
×サクラアリュール

■東京11R エプソムC(G3)芝1800

昨年9人気ダイワキャグニーが勝って波乱。

ただ、あれはズブズブドロドロの以上馬場の産物。

ここはあくまで傾向通りに5人気以内で拾う条件。

アルジャンナ
ファルコニア
ザダル
シュリ
ヤシャマル

本稿の時点での人気順。

昇級組は勝利例がなくファルコニア、ヤシャマルは脱落。

アルジャンナ、ザダル、シュリが残る。

これにしつこく言っている1800石川セダブリランテス。

5人気以内で当方の分析と合致しそうなのは
アルジャンナとザダルくらい。

シュリは前走の谷川岳Sが平凡。

スローで逃げ切った鞍上の手腕が大きい。

そもそも池江厩舎が近年調子落ちの上に
2頭出しのアルジャンナをルメールに任せた時点で。。。

不気味なのは今回、条件合いそうな2頭。

◎アルジャンナ
○セダブリランテス
▲ザダル
△ヒュミドール
×アドマイヤビルゴ

馬券にはプレシャスブルー特注

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと

アクセスランキング