【WIN5】優駿牝馬(G1)他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
■中京10R 鳳雛S OP ダ1800

実績的にタケルペガサスの人気は仕方なし。

ただ、他の上位人気は横の比較が不鮮明。

例年は京都開催のレースが
中京で傾向が変わることには注意したい。

スクリーンプロセスは3戦すべて中山。

中京とリンクしないコースのため過大評価は禁物。

ウェルドーンも阪神巧者の雰囲気が強い。

未知の怖さがあるならまだ初ダートのショウナンアレス。

血統的にこなしてきそうだが・・・。

中京コースで圧勝のある馬を優位に見ると
ダッシュダクラウン、タイセイアゲインが不気味。

特に前者はゴールドハイアーの2着に入った1月。

勝ち馬は伏竜Sで3着の馬。
このレースの4着がタイセイアゲイン。

また、前走は砂を被って一旦最後方近くまで下がって
大外からまた伸びて来る破天荒な競馬。

内枠を引いたのが残念だが、ポテンシャルは高い。

◎タケルペガサス
○ダッシュダクラウン
▲タイセイアゲイン
△ショウナンアレス
×スクリーンプロセス

■東京10R フリーウェイS 1600万 芝1400 ※逃げ不在

今回最も難解な対象レース。

よく見る顔触れが多いが、リピーターはなし。

要するに常連だけど勝てない馬ばかりということ。

カルリーノ、ネリッサ、トオヤリトセイト、アプルーヴァルとか

この辺は思い切ってバッサリやった方がスッキリする。

リアンティサージュにしても怖さがないタイプ。

分かりやすく狙えそうなのは
前走、戸崎がやらかしたショウナンアオゾラ。

ルメールサン安定はフレッチア。
まあこの馬ももう一つ勝ち切れないが。

後はKY力のありそうなのをピックアップ。

◎ショウナンアオゾラ
○リアンティサージュ
▲フレッチア
△カヌメラビーチ
×フォッサマグナ

■新潟11R 韋駄天S OP 芝1000

同レース3連覇を狙うライオンボスの58キロをどうするか。

一昨年は53キロ、昨年は57.5キロで勝利。

逃げ先行勢はこの馬が掃除しそうなだけに
不覚を取るなら差し馬かもしれない。

贔屓の克駿が乗るだけに応援したいが配当は別。

WIN5リピーターはヒロイックアゲンとライオンボスの2頭のみ。

ヒロイックは7歳牝馬と難しいところもあるが
重賞のオーシャンSで4着はこのメンバーでは抜けている。

基本は2頭の戦いと思われるが、
不気味なのは48キロのワンモアバイト。

前走3着は黛がやらかして後方から追い込んだ3着。

内容的にはオルダージュ、タピオカより濃い競馬をしている。

また、440キロ台と小柄な馬だけに
この軽量は他馬以上に効果が見込める。

永島まなみがどこまでやれるかはわからないが
ローカルは若手が活躍する場。

ケイアイサクソニーは一本調子の単調な馬だけに
千直の舞台は合わないと見る。

あとは順当に外枠の2頭。

アルミューテンは休み明けを叩いて上昇。
スタートさえミスらなければずっと外ラチを走ればチャンス。

◎ライオンボス
○ヒロイックアゲン
▲ワンモアバイト
△サンノゼテソーロ
×アルミューテン

■中京11R 大垣S 1600万 ダ1200

ハンデ戦でもないし、スリーグランドとの比較を考えれば
イメルで十分足りるメンバーのはず。

ダートで結果出てない浜中が心配な程度。

注意が必要なのは前残りのダート。

行ったままが怖いので逃げ馬に警戒したい。

差しはまず決まらないので逃げ先行狙い。

◎イメル
○ワイドカント
▲ディサーニング
△デンコウリジエール
×クインズヴィヴィ

■東京11R 優駿牝馬(G1)芝2400 ※逃げ不在

ソダシという馬にアンチはほぼいないだろう。

白毛の起点は祖母シラユキヒメ。

現役時代は500万下で3着1回のみ。

珍しさだけで競走馬としての注目はなかった。

その娘ブチコは白毛にブチ模様。

母よりも大幅に好成績を残し、
1000万を大差勝ち、1600万でも楽勝した。

これだけでも十分に存在感はあっただろう。

だが、そんなブチコの仔ソダシがいきなりG1勝ち。

まるでダビスタのような成功例ではないだろうか。

現役時代未勝利の繁殖牝馬が
代を重ねて5戦無敗のG1馬を生んだ。

これはもうロマンというにも限度がある。

金子オーナーは持っているなんてレベルじゃない。

ディープ、キンカメ、クロフネ他、枚挙にいとまがない。
ここまで勝ち組の馬主はいない。

で、話を戻すとソダシについては評価しながらも
疑いながらの応援をして来た馬。

周知の事実であるクロフネ産駒の切れ不足。

多分に漏れず、スパッと切れる一瞬の脚はない。

ただ、それを補って余りあるセンスと先行力もある。

強い馬ならば、騎手が多少下手に乗ったところで
帳消しにしてくれる。

思えば強気な競馬をやり過ぎた札幌2歳S、
スローなのに下げた阪神JF。

いずれも隼人の好騎乗どころか
下手に乗ったとすらいえそうな内容だったが勝ち切った。

その反面、自信を持てたのか桜花賞は好騎乗。

早めに抜け出してサトノレイナスの追撃を凌ぎ切った。

このレースはJFのように下げていたら交わされたかもしれない。

しかし、ここまで無敗で来たのも事実。

血統面でも阪神マイルはクロフネが苦手としてきた条件で
これまでもWIN5で未勝利だったがソダシが初勝利。

それもJF、桜花賞と連勝。

それを考えると中距離どうこうより

クロフネ産駒がはるかに得意な東京コース。

母系的に短距離よりも中距離型の馬に何の不安があるだろうか。

軸に最適より単に最適まで昇格したならサトノレイナスがいても◎。

ソダシ以外は大差がないメンバーのため、
ヒモ荒れには警戒したい。

桜花賞のレベル自体は評価可能で他よりは上位。

◎ソダシ
○アールドヴィーヴル
▲ククナ
△ファインルージュ
×アカイトリノムスメ
×タガノパッション
×クールキャット

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと

アクセスランキング