【WIN5】朝日杯FS他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう
■中山10R北総S(3勝)ダ1800 ※逃げ不在

これといって主張する逃げ馬はいないのだが
スローになったらなったでマクリも決まる。

混戦のメンバーだが絞れるわけではないため
色々なファクターを考えて予想しておきたい。

人気のナチュラルハイは毎回惜敗続き。

ダートで人気の3歳馬は信用ならないため
疑っていいはずだろう。

同じく前走好走組のもう1頭。
モズマゾクは人気薄の前走で狙った馬。

ただこれは津村だからこそ買ったのであって
石川では買えない。

1800の石川は最近データの信頼度が落ちてるし。

なんだかんだで鬱陶しいのは
肝心なタイミングで邪魔をしてくる戸崎か。

近2走は福島で崩れたが中山ダ1800は得意条件。
ここで軽視はしにくいタイプだ。

結論として辿り着いたのは丸田トップスティール。

この馬はハマるかどうかだけども
内房Sのまくりは良かった。

あれなら少々後ろからの競馬でも通用する。

58キロ背負って55キロのナチュラルハイに完勝した。

1700と1800のダートはリンクしないので
軽視されるようなら穴で期待できる。

◎トップスティール
○ナチュラルハイ
▲レッドラパルマ
△モズマゾク
×タイセイスラッガー

■阪神10R六甲アイランドS(3勝)芝1400

断然人気が予想されるダノンティンパニーに川田。

あっさりもあるだろうが
危険か安心かどっちで扱うかが難しいところ。

まずそういう意味では
真ん中よりも外に入ったのは引っ掛かる。

馬の強さは中京記念勝ちセルバーグを負かした実力。
まともなら抜けてると思うけども
人災に警戒しないとWIN5の穴は拾えない。

穴を開けるなら内枠の逃げ先行型。

イティネラートル 53キロ
レベレンシア   56キロ
ダルエスサラーム 53キロ
レイベリング   56キロ
ルージュラテール 55キロ

この辺が妥当な候補だろうか。

となると次は騎手の期待値だが

浜中
ミルコ
川田
池添

この辺は買えても望来や克駿が苦戦傾向。

でもって武史は関西のWIN5対象レースで
菊花賞のタイトルホルダーしか勝ててない。

あと、川田がすんなり勝つようなら
ここで広げても無駄打ちになるリスクもあるか。

望来は下手糞なら逃げろをやれるかねえ。

◎ダノンティンパニー
○ダルエスサラーム
▲イティネラートル
△ルージュラテール
×レイベリング

■中京11RコールドストーンS(OP)ダ1400

ここはもう荒れる。

荒れなきゃおかしい。

絞ってる場合じゃねえ。

前走が思った以上の楽勝だったゴ三浦レオノーレ。
このクラスで安定エーティーマクフィ、カセノダンサー。

これらはやむを得ないだろう。

エルバリオも一発に期待できる実力はある。

で、ズドンとやってくれそうなのがハセドンだわな。

まとめて面倒見るならこういうタイプ。

近走なんか度外視でいいだろう。

◎ハセドン
○エーティーマクフィ
▲エルバリオ
△カセノダンサー
×レオノーレ

■中山11RディセンバーS(L)芝1800

毎回人気で出て来ては負けるサンストックトン。

裏開催で和生だし
そこそこ信じたくもなるけどそうはならんやろと。

OPやLはハンデの重い馬に穴が出やすいとはいえ
旨味のありそうな実力馬は不在。

あえて狙えるなら昨年の同レース勝ち馬のショウナンマグマ。

1年経って忘れた頃にやって来るってね。

ただガースーが狙えるのって東京だしなあ。

うんこ脩も下手糞だから逃げがハマったステイヤーズ。
元々の腕で持ってこれる器でもない。

他の騎手なら考えたが…。

牝馬は全消しでいいと決断。

アサマノイタズラも今更だよなあ。

で、中山はとにかくコース適性がモノをいう。

2勝しているのは
ガンダルフとショウナンとアサマの3頭。

ならアサマを削った2頭を残すか。

後は外枠が気になるとはいえ
穴の丹内とバジオウは入れておきたいかな。

◎ショウナンマグマ
○バジオウ
▲ロングラン
△サンストックトン
×フライライクバード

■阪神11R朝日杯FS(G1)芝1600

22年 ドルチェモア    1人気
19年 サリオス      1人気
17年 ダノンプレミアム  1人気
14年 ダノンプラチナ   1人気
18年 アドマイヤマーズ  2人気
15年 リオンディーズ   2人気
21年 ドウデュース    3人気
13年 アジアエクスプレス 4人気
16年 サトノアレス    6人気
20年 グレナディアガーズ 7人気

過去10年で1人気4勝、2人気2勝
3、4、6、7人気が1勝ずつ。

どっちかってえと堅いG1だなあ。

狙うならどう穴目で引っ張れるかどうか。

勝ち馬条件は前走1着は当然ながら
評価も2人気以内であること。

最多3勝サウジ経由で
次がベゴニア賞の2勝。

東スポ杯組は未勝利。

明確に抜けた存在なら信頼できるものの
今年のメンバーはそこまでのの器はいない感じ。

このモヤっとしてるイメージをある程度
可視化できないものか。

シュトラウスはまあぼちぼち担保は取れてる。

問題は2軍のマーカンドと大外17番枠だよね。

改修後の阪神で外枠不利はなくなったからといって
有利になったというわけではない。

能力上位ではあるが1着で考えると割り引きたい。

ジャンタルマンタルについても微妙。

この馬の2戦は克駿が騎乗して
ロスのない内の経済コースを上手く乗った。

だからこそ見た目以上に強くも見える。

今回も内枠を引けたのは幸運。

懸念があるとしたら時計の裏付けがないこと。

11月京都のBコースで行われた芝1600m。
最速が1.33.2で次点が1.33.3
ジャンタルは稍重で1.34.5。
稍重とはいえ1秒1以上の遅れは?

ダノンマッキンリーは時計面ではそこそこ。

ただ2歳相手なら圧倒しているタイムも
古馬が同時期同距離で走っていないからわからん。

2週くらい回って辿り着いたのは
オーサムストローク。

この馬は4戦2勝でデビューから2連敗していた。

だが思えば札幌で連敗した馬が
主場開催で連勝しているのは違和感。

大抵逆パターンなのよこういうのって。

ベゴニア賞組が好相性なのもいいが
強調できるのは3戦目の未勝利。

勝ちタイムは1.34.7良

中山マイルで5馬身差の圧勝をしたわけだが
ただの未勝利と侮るなかれ。

実は同日の8Rサフラン賞が1.35.8も要しているのだ。

ちなみに勝ち馬はスプリングノヴァで
2着が先週の阪神JFで2着のステレンボッシュ。

ラップ構成を確認すると
3F35.4-36.3、4F47.2-48.6。

対するオーサムの方は
3F35.6-35.1、4F47.6-47.1

これ逃げ切りなんですよ。

その上に勝ちタイムで1秒1も大楽勝ですの。

ステレンボッシュちゃんがJFで
あれだけやれたなら
額面上の数字ならオーサムが圧勝してるねJF。

あ、キャットファイトがアスター賞で
1.33.1だってって話はナシね。

あれは開幕週の超速馬場で
京成杯AHも1.31.6の状態。

よって上っ面の数字で価値はなかったってこと。

エコロヴァルツとセットアップは同じくらいの評価。

時計も1.48.8と1.48.5って程度。

ただAコースとCコースの違いもあって
実際のところはエコロヴァルツが少し上。

いつも以上に日本語が下手糞だな(笑)

はい結論。

◎の理由は、一番マシな裏が取れたから。

エピファネイア産駒もこの条件は得意。
ガシマンも波が来てるしね。

7番人気?ええやん

◎オーサムストローク
○ダノンマッキンリー
▲エコロヴァルツ
△シュトラウス
×ジャンタルマンタル

※当サイトの予想はWIN5を想定しています。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと