2015.11.22のWIN5徹底攻略予想

スポンサーリンク

■最近の的中情報

◆2015年11月1日(日)

的中馬番 1-5-8-2-8

払戻金 10,260円

◆2015年9月21日(月)

的中馬番 7-12-1-2-13

払戻金 213,060円

◆2015年9月6日(日)

的中馬番 6-3-3-3-3

払戻金 2,365,800円

◆2015年8月23日(日)

的中馬番 11-6-11-3-1

払戻金 4,465,670円

◆2015年8月9日(日)

的中馬番 2-3-12-15-9

払戻金 396,100円

◆2015年7月5日(日)

的中馬番 3-3-1-6-3

払戻金 40,290円

■2015.11.22のWIN5徹底攻略

連続して週末を狙ったかのような雨。

ただ、全体的に荒れた訳ではなく影響したのはいずれもメインレース。

今週からCコースに変更されてまた外なのか内なのか分からなくなってくる。

馬の能力ではなく馬場状態が馬券を深刻に左右するのだから馬場造園課は偏重馬場ではなくフラットな馬場を維持できるように何とかして欲しいものである。

今更お役所仕事が変わるとは思えもしないのだが。。。

ちなみに日曜は何とかなりそうだが月曜は崩れる見込み。

来週のジャパンカップの週は是非とも好天での開催に期待したい。

■京都9R 嵯峨野特別 1000万 芝2000 定量

馬券に絡むという意味ではエイシンアロンジーの安定感は魅力。

相手なりに走れても突き抜けることがないのはもどかしい。

おそらくWIN5では敬遠するのがベターな馬。

以前も対象レースで期待して裏切られた記憶もある。

今回は2000でより一瞬の切れと反応が求められるなら適性は低い。

ここは休み明けでも能力は重賞級のクルーガーに期待。

京成杯タイム差なし3着の実績はここでは上位。

外枠でも少頭数の8枠ならごちゃつかないから逆にいい。

展開の助けがあれば一度使って粘りが増すグッドスピリッツ。

頼りない川須でも逃げ馬なら買える。

一発があるならエイシンよりもサイモンラムセスの方が怖い。

鞍上が幸の分だけ割り引いて2,3着までの評価。

◎クルーガー

○グッドスピリッツ

----------

▲サイモンラムセス

△エイシンアロンジー

△コウエイワンマン

■東京10R ユートピアS 1600万 芝1600 定量

メンツが弱いと思ったらやはり牝馬限定戦。

これならプロクリスで足りる印象。

前走は混合戦で先着を許したのは牡馬のみ。

時計の1.33.1も優秀だし引き続き評価したい。

外枠のトーセン2頭はいずれも良血で能力上位。

前走好内容マジックタイムも有力。

休み明けだが素質馬コンテッサトゥーレも気になる。

◎プロクリス

○トーセンビクトリー

▲トーセンソレイユ

△マジックタイム

----------

△コンテッサトゥーレ

■京都10R 観月橋S 1600万 ダ1800 定量

ミルコの騎乗もあってフォローハートが上位人気。

とはいえKBC杯、内房Sとミヤジタイガに連敗している。

ダート苦手なミルコを考慮するとむしろミヤジを信頼する手。

前走で芝を使った着順の見た目の悪さの差だけ。

妙味はこちらか。

ウエスタンレベッカは元はOP重賞クラスでも穴人気していた馬。

芝の上がり馬として注目していたが低迷が長かった。

復調気配の見えていた近走からようやく勝利。

前走はクラスこそ1000万とはいえ勝ち時計の1.48.5は速い。

同日メインのみやこS(G3)がハイペースで流れて1.47.8だからその差はわずかに0.7でしかない。

ちなみに単純比較でウエスタンの1.48.5は6着ダノンリバティと0.1差で7着モンドクラッセよりは0.1速い。

そのモンドが千切って楽勝した相手がフォローとミヤジなら通用の下地。

問題は戸崎が逃げるかどうかの方。

フォローもミヤジもハナには拘らないタイプだから絡まれる可能性は低い。

後は現級安定勢力のマヤノオントロジーとセイスコーピオン。

ダート1000万の川田と友一の期待値が高い。

◎ウエスタンレベッカ

○ミヤジタイガ

▲フォローハート

----------

△マヤノオントロジー

△セイスコーピオン

■東京11R 霜月S OP ダ1400 ハンデ

ハンデ戦とはいえ大差がなくそれほど気にする必要もない。

57キロで留まったなら引き続きグレイスフルリープ。

前走は初コンビの内田が好騎乗で快勝。

1馬身1/4離した2着馬ニシケンモノノフが次走武蔵野S(G3)で4着。

オープン特別なら連勝の可能性はかなり高いと見る。

また、内田の東京ダ1400の期待も高くここは信用したい。

OPの東京ダ1400は比較的荒れる条件だが、他メンバーを見た感じでは怖い馬はいない。

カジキは勢いのある馬だが、京都の1200と東京1400だと適性が異なる。

比較的ペースは流れそうなだけに楽ではない。

◎グレイスフルリープ

----------

○カジキ

▲カーティスバローズ

△ヒラボクプリンス

△カチューシャ

■京都11R マイルCS(G1) 芝1600 定量

勝率5割の天皇賞好走経由の出走。

さらには皐月賞勝ちにダービー2着となれば、
思い出すのはジェニュインがイメージに近い。

ダイワメジャーも同じく皐月賞馬だった。

そして復調した蛯名ならどう考えてもデータ的に最有力。

ただ、問題ないはずなのにどこか不安を感じるのはなぜだろうか。

問題がなさ過ぎて問題といえばいいのだろうか。
いや、おそらくは中山記念と毎日王冠の敗退が底力不足を予感させるからだろう。

ジェニュインは中山記念で強かったし、ダイワメジャーは毎日王冠を勝った。
イスラボニータは中山記念ではロゴタイプにも敗れている。

強い馬は調子が悪いなりにも強さは見せるだけに弱い負け方をした印象が悪い。

かといって他にこれといって魅力的な馬がいる訳でもない。
これが釈然としない理由でありマイルCSの予想における残尿感だろうか。

まあ王道路線に比べてマイル路線のレベルが下がるのは歴史的な事実。
それでも足りてしまう可能性は十分に考えられるからよしとする。

では改めて昨年のこのレースを振り返ってみたい。

スワンSで2着とやらかした祐一のフィエロが勝利目前で岩田奇襲に遭いハナ差2着。
これでWIN5で4億を取り損ねたフィエロの持ち主は精神的に心配。

今年はミルコがやらかして2着だが、昨年同様上がり最速33.2。
少なくともこの馬の能力に翳りは見当たらない。

ここ1番での藤原厩舎の仕上げは抜かりがない上に状態もいいなら間違いない。
そして今年は祐一とは違ってG1でこそ頼りになるミルコの騎乗。

ダノンシャーク岩田もさすがに2年連続あれをやれというのは無理な話。

基本的な構図はイスラボニータVSフィエロの2強で問題ない。

ここまでは普通の話だが堅いからといって無理に穴を狙う理由もない。
人気なら掛け金を増やせばいいだけのこと。

ならば後は予想に誤差や誤算が生まれる可能性をケアしたい。

本来ならダノンプラチナ◎予定だったので消化不良だが、
誤差があるならモーリスが万全だった場合とヴァンセンヌの復活。

続いて岩田ダノンシャークのもう一丁。
ロゴタイプも皐月賞馬ですがというオチ。

特注は2年前の2着馬ダイワマッジョーレ。
気のせいかもしれないが復調気配を感じる。

◎フィエロ

○イスラボニータ

----------

▲モーリス

△ヴァンセンヌ

△サトノアラジン

△ダイワマッジョーレ

△ロゴタイプ

■マイルチャンピオンシップでは、あの「ダークホース」がやって参る!!

ちなみに・・・マイルチャンピオンシップの美味しい穴馬だけを公開しているわけではございません!

平場のレースから新馬戦、各会場各レースの穴馬情報を毎週無料公開中です!

穴馬見つけるならコレしかない!!

そう断言出来るほどの高精度な穴馬情報が遂に解禁!!

競馬新聞などがノーマークの二桁人気のド穴馬もバッチリ指名。

直近ではこんな馬券が炸裂!

◆10月11日(日) 

東京7R 4番人気→9番人気→8番人気の三連単80万馬券をゲット!!

◆10月24日(土) 

東京7R11番人気→12番人気→13番人気の三連単470万馬券をゲット!!

◆11月1日(日) 

東京1R3番人気→6番人気→9番人気の三連単13万馬券をゲット!!

◆11月8日(日) 

京都9R1番人気→11番人気→7番人の三連単26万馬券をゲット!!

まだまだありますが、長くなるので省略します(笑)

これぞ・・・鬼熱の穴馬が繰り出す、激アツ馬券。

毎週飛び出すとんでもない穴馬馬券。

誰でも無料で見れます!

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

アクセスランキング