【第82回東京優駿】枠順確定後の展望【ダービー】

スポンサーリンク

枠順も発表になったということで改めてダービーの展望を。

それにしてもディープ産駒が3頭なのはともかくとして兄のブラックタイド産駒まで3頭とは。
要はサンデーサイレンス×ウインドインハーヘア産駒で6頭だから1/3が該当。

これはもう独占禁止法違反みたいな感じか。

ディープインパクト*3頭
ブラックタイド*3頭
キングカメハメハ*3頭
スクリーンヒーロー*2頭
ゼンノロブロイ*2頭

とりあえずは気になった馬を枠順にあわせて独断と偏見いっぱいに取り上げていきたい。

■第82回東京優駿(日本ダービー)

馬名騎手名父馬名東京芝前走
11サトノラーゼン岩田 康誠ディープインパクト0.1.0.0京新杯(G2)1着
2タンタアレグリア蛯名 正義ゼンノロブロイ1.2.0.0青葉賞(G2)2着
23コメート嘉藤 貴行ブラックタイド0.0.0.0皐月賞(G1)10着
4グァンチャーレ松岡 正海スクリーンヒーロー0.0.0.3NHK(G1)12着
35ダノンメジャー小牧 太ダイワメジャー0.0.0.2NHK(G1)11着
6ポルトドートウィユ武 豊ディープインパクト0.0.0.0京新杯(G2)2着
47レーヴミストラル川田 将雅キングカメハメハ1.0.0.0青葉賞(G2)1着
8ベルラップ三浦 皇成ハーツクライ0.0.0.1皐月賞(G1)14着
59コスモナインボール柴田 大知ハイアーゲーム1.0.0.2NHK(G1)10着
10ミュゼエイリアン横山 典弘スクリーンヒーロー0.0.1.1皐月賞(G1)7着
611サトノクラウンC.ルメールMarju2.0.0.0皐月賞(G1)6着
12アダムスブリッジ和田 竜二ゼンノロブロイ0.0.0.0若葉S(OP)3着
713リアルスティール福永 祐一ディープインパクト1.0.0.0皐月賞(G1)2着
14ドゥラメンテM.デムーロキングカメハメハ2.2.0.0皐月賞(G1)1着
15ミュゼスルタン柴田 善臣キングカメハメハ0.0.1.0NHK(G1)3着
816スピリッツミノル酒井 学ディープスカイ0.0.0.0京新杯(G2)6着
17キタサンブラック北村 宏司ブラックタイド2.0.0.0皐月賞(G1)3着
18タガノエスプレッソ菱田 裕二ブラックタイド0.0.0.0皐月賞(G1)13着

 

1枠1番サトノラーゼン、1枠2番タンタアレグリア

この時期特有の内伸び偏重馬場を味方につけられる絶好枠。
京都新聞杯の2.11.3は今年の開催では最速。

数字だけなら京都記念の2.11.5より速いが、京都記念は超高速馬場での超スローのレース。
馬場も違えば出走馬のレベルも違い過ぎて参考外。

信用出来るのはむしろ横の能力比較でポルトドートウィユやアルバートドック。

唯一の頼みは岩田がジェンティルの3歳時のJCのように内々で器用に立ち回れた場合。
肝心の岩田の春G1での不調がどこまで影響するか。

タンタアレグリアは青葉賞のエントリで低レベルと結論を出した以上は評価しない。
サトノラーゼンが負かしているレーヴミストラルに敗れている。

それに東京2400mの蛯名は乗れている方だが、王道の立ち回りをするタイプの騎手。
常日頃から他の騎手のラフプレイに苦言を呈しているスタンスから狭いところは突かない。

3枠6番ポルトドートウィユ

血統的にはエアグルーヴの仔ポルトフィーノの仔だからドゥラメンテの従兄弟として応援したい。
しかも鞍上にダービー5勝の豊さんでロマンも広がる。

が、これはあくまで来たらそれはとっても嬉しいなって程度であり、馬券購入するには奇跡も、魔法も、あるんだよとでも信じないといけない。
この人の凄さは重々承知しているけれども強い馬をきっちり勝たせる技術はともかくとしてジャイアントキリング的な期待は薄い。

ポジション取りも後ろよりが多く脚を余すケースも多数見掛けるようになっていることから、父クロフネで切れるタイプではない同馬の入着は厳しいか。
それでも100円くらいは買うんだろうな自分。

4枠7番レーヴミストラル

アプレザンレーヴが5着だったようにコンスタントにいい馬は出しても底力的にはG2までの血統。
青葉賞のこちらもエントリで軽視可能の結論済。

川田にまた騙されたい人はどうぞ。

5枠10番ミュゼエイリアン

この馬は個人的な穴馬として推奨。
人気はないだろうが、新馬戦でココロノアイを3馬身半千切ったように楽しみはある。

共同通信杯では4着も5着はアヴニールマルシェ、6着ソールインパクトならば東スポ杯の2,3着馬。
ますます皐月賞のサトノクラウンが力負けだったことを証明するだけかもしれないが・・・。

6枠11番サトノクラウン

皐月賞4着以内の好走条件から外れてしまったのがまず減点。
情状酌量の余地があるならば、4着ブラックエンブレムと5着クラリティスカイの離脱。

ブラックエンブレム、クラリティスカイにはともに弥生賞で先着し、
出遅れと勝負どころでの不利を考慮すれば実質繰り上がり評価は成立しそう。
東スポ杯を直線一気で差し切ったのも鮮やかだった。

とはいえ、今思うと負かした2着がアヴニールマルシェ、3着がソールインパクトと小物。
ハイレベルだった共同通信杯組が皐月賞で序列を守ったことからも不利がなくとも勝てたイメージは湧かない。

6枠12番アダムスブリッジ

思わぬ激走があるかもしれないのがこの馬か。
父ゼンノロブロイは微妙だがペルーサやサンテミリオンの例からは悪くはない。

若葉Sから皐月賞ではなくダービーという異例のローテーション。
新馬でレーヴミストラルを軽く捻るくらいの素質はあった。

-16キロ減ながら若葉Sでポルトドートウィユに先着していることからも馬体が回復しているば案外走れるかも。

7枠13番リアルスティール

リアルスティールの13番は微妙な枠。
仮にドゥラメンテがいないのであれば、ドゥラメンテ同様に外から各馬の動きを見られるだけに実力を発揮するだけでいい。

ただ、ドゥラメンテ相手に1着を取りたいなら同じような位置でレースをしても勝機は薄い。
完璧なレース運びをした皐月賞で上がりに0.6もの大差をつけられて差し切られた。

リアル自身も34.5で上がっており、末が鈍った訳ではない。
だからこそドゥラメンテの圧倒的な強さが際立った結果となった。

2着の可能性は限りなく高くなったものの、この馬が勝つにはドゥラメンテより先に抜け出してセーフティーリードを取りたかった。
さすがにこの枠では真っ向勝負を挑むしかなくなった以上、福永とミルコの差まで立ちはだかってくる。

7枠14番ドゥラメンテ

1番人気であろうドゥラメンテは先週のルージュバックと同じ14番。
あまり行儀のいい馬ではないため、伸び伸びと走れる外枠は歓迎。

ここならば内側の各馬の動きを視野に入れつつレースもしやすいのではないか。
まさかこの馬を外から差し切るような末脚を持つ馬はいない。

あとはこの血統に付きまとう気性面の問題が出るかどうか。
母アドマイヤグルーヴが桜花賞オークスと立て続けに出遅れたのは記憶に鮮明に残っている。

この馬に関しては能力の差で強引になんとかなってしまいそうな多少の出遅れよりも、共同通信杯で見せた折り合いを欠くケースの方が怖い。

8枠17番キタサンブラック

スプリングSは超スローをインぴったりに走る【セコイ】レース。
ただ、皐月賞はリアルスティールにマークされて2馬身半と決定的な差をつけられた。
とはいえ実力馬が油断をすれば負かせる能力はあることを証明。

東京の2000mで勝ち鞍はあるものの、母父サクラバクシンオーで母母オトメゴコロは典型的なスプリンター。
2000までは持つだろうが2400への延長はマイナス材料。
さらにほぼ大外の17番枠はこれまでのスプリングSや皐月賞のような立ち回りが出来ないのは痛恨。

PR

2015_0524_oaks

2015-0524_tokyo11_kuriyama_umatan

2015_0523_heianstakes

2015_0523_kyoto11_edogawa_sanrentan

やるな競馬スピリッツ。。。

わいもWIN5当たったらこれより儲かるはず(震え声)

k-468x60 その2

コメント

アクセスランキング