【2015菊花賞】あれれ~おかしいぞ~リアルスティールが買えないぞ~

スポンサーリンク

ミッキークイーンの秋華賞優勝で最速重賞100勝となり、父サンデーサイレンスの記録を更新したディープインパクト。

ただ、社台の全面的なバックアップでこれだけ調子に乗っていてもいまだに1200mと3000m超のG1は未勝利。

サンプル数は多くはないが、菊花賞と天皇賞春でのディープインパクト産駒の成績を参考までに。

開催コースは最も得意と言える京都競馬場でもあり、言い訳は出来そうにない。

■天皇賞

2015 4着ラストインパクト、7着キズナ

2014 4着キズナ、8着サトノノブレス

2013 2着トーセンラー

■菊花賞

2014 6着サトノアラジン、8着トーセンスターダム

2013 2着サトノノブレス、4着ラストインパクト

2012 4着ベールドインパクト、6着ロードアクレイム

2011 3着トーセンラー

※かろうじてトーセンラー、サトノノブレスが馬券対象とはなっている。

■菊花賞過去10年のダービー出走馬と不出走馬の成績

着順馬名父馬ダービー成績
◆2014        
1着トーホウジャッカルスペシャルウィーク不出走
2着サウンズオブアースネオユニヴァース11着
3着ゴールドアクタースクリーンヒーロー不出走
◆2013        
1着エピファネイアシンボリクリスエス2着
2着サトノノブレスディープインパクト不出走
3着バンデAuthorized不出走
◆2012        
1着ゴールドシップステイゴールド5着
2着スカイディグニティブライアンズタイム不出走
3着ユウキソルジャートーセンダンス不出走
◆2011        
1着オルフェーヴルステイゴールド1着
2着ウインバリアシオンハーツクライ2着
3着トーセンラーディープインパクト11着
◆2010        
1着ビッグウィークミスキャスト不出走
2着ローズキングダムキングカメハメハ2着
3着ビートブラックミスキャスト不出走
◆2009        
1着スリーロールスダンスインザダーク不出走
2着フォゲッタブルダンスインザダーク不出走
3着セイウンワンダーグラスワンダー13着
◆2008        
1着オウケンブルースリジャングルポケット不出走
2着フローテーションスペシャルウィーク8着
3着ナムラクレセントヤマニンセラフィム不出走
◆2007        
1着アサクサキングスホワイトマズル2着
2着アルナスラインアドマイヤベガ不出走
3着ロックドゥカンブRed Ransom不出走
◆2006        
1着ソングオブウインドエルコンドルパサー不出走
2着ドリームパスポートフジキセキ3着
3着アドマイヤメインサンデーサイレンス2着
◆2005        
1着ディープインパクトサンデーサイレンス1着
2着アドマイヤジャパンサンデーサイレンス10着
3着ローゼンクロイツサンデーサイレンス8着

■ダービー出走馬VS不出走馬

・出走馬 5.6.4

・不出走 5.4.6

※意外なことにダービー不出走馬が互角の成績。

神戸新聞杯と違い、ダービー出走条件となると様相は一変。

となるとダービー不出走から神戸新聞杯好走は評価可能。

■菊花賞馬となったダービー出走馬の着順

2013 エピファネイア 2着

2012 ゴールドシップ 5着

2011 オルフェーヴル 1着

2007 アサクサキングス 2着

2005 ディープインパクト 1着

※オルフェ、ディープは三冠馬クラス。

エピファネイアも鞍上が違っていれば三冠もありえた馬。

アサクサキングスのダービーはウオッカが勝利とはいえ2着から上り詰めた。

ゴールドシップの2012は超高速馬場の八百長仕様の東京競馬だった。

トーセンホマレボシがハイペースで飛ばしても残れてしまうような酷い馬場。

今思えばゴールドシップには完全アウェイの馬場と展開。

とはいえゴールドシップは【神戸新聞杯では負けていない】上に【皐月賞馬】だった。

■考察

確かに三冠クラスの馬の出走がないのはあれど、そもそもディープ産駒の大物が出るのは牝馬がほぼで牡馬では大物が出ていないのがむしろ現実。

少なくともダービー出走であれば既にG1勝ちがあるか、最低でも2着が条件。

そう考えるとリアルスティールの4着という着順は絶望的にすら思えてくる。

建前上は骨折を理由にしたが、同じ骨折でもいまだに復帰に時間を要しそうなドゥラメンテに比べるとリアルスティールの場合はレースにはまったく影響しなかったと考えてもいいのではないか。

当然ながら展開を読めていなかった福永の騎乗ミスは褒められたものではないが、距離の不安も考慮すればある程度は納得できる内容。

そしてダービー同様に馬のスタミナもさながらお約束の不安要素の鞍上。

そもそも牡馬、古馬の2000m以上のG1で80だか90だかの連敗をしていた前科がある。

で、それをストップしてくれたのがエピファネイアとジャスタウェイの2頭。

だがこの2頭で勝つのに騎手の腕が必要だったのか?

否。

当時のエピファネイアなんてのは捕まってさえいれば勝てる相手関係。

ジャスタウェイの本格化にしても天皇賞以降だった。

1.ディープインパクトの長距離実績が不足。

2.ダービー経由での菊優勝には2着以内、または最低でも神戸新聞杯優勝条件。

3.鞍上。

4.G1で岩田に勝てない法則からもまだサトノラーゼンの方がダービー2着で引っ掛かる。

5.ただ、サトノにしても勝つまでは微妙か。

人気馬だけに半端に押さえるよりも思い切っての消しも一考が当欄の結論。

外枠を引いたらGOサイン。

■今週の菊花賞(G1)の勝ち馬は、誰もが目を疑うあのド穴馬!?

未知なる距離の適正が問われる波乱含みな3歳クラシック最終戦

《 第76回 菊花賞(G1) 》

距離が未知なだけに波乱が起こる事もしばしば。

秋G1の中でも実に難解なレースである事は間違いない!

そんな中、今年の菊花賞の出走メンバーを多角的に検証した結果、

ドンピシャで勝ち馬傾向に当てはまる、超ド穴馬がいた!?

 

超高額配当を実現する、秋華賞の超ド穴馬情報。

 

今だけ特別無料公開中です!

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

アクセスランキング