2015.10.25WIN5対象レースの展望

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

189人の購読者に加わりましょう

2015.10.25WIN5対象レースの展望

ローズSで思わぬ不覚を取ったミッキークイーンVSこれを撃破してみせたタッチングスピーチの一騎打ちムード。

不利と思われた大外枠のために待たされずにゲートを出られたミッキーが中団につける積極策。

対してタッチングスピーチはスタートしてすぐ岩田のレッツゴードンキに前を塞がれて最後方からの追走。

いくら前が速くなろうとも今の京都の馬場で最後方からでは届くすべはない。

やることなすことすべてがうまくはまった浜中の好騎乗も光った。

2015.10.18 1,268,860円(321票)
東京10R昇仙峡 京都10R鳴滝特 新潟11R信越S 東京11Rアイル 京都11R秋華賞
リアライズブラ グリュイエール ダノンプログラ ヒストリカル ミッキークイーン
4番人気 2番人気 6番人気 3番人気 1番人気

・東京10R・・・馬の強さも脚色も完全にカンデラが上回っていたがちょうど脚を使ったタイミングでのペースダウン時にゴール前を迎えてわずかなハナ差2着。

リアライズブラザーはいつもの後方待機から前々で運んだ田辺の読みが奏功。

・京都10R・・・展開は最内ヤマニンボワラクテが絶好もそこはキングカメハメハとディープインパクト産駒の京都適性が明暗を分けた。

今の京都の八百長馬場は完全にディープインパクト産駒専用と言ってもいいほど切れを要求される。

・新潟11R・・・9歳とはとても思えないダノンプログラマーが順当勝ち。朱鷺Sを見ていればこの馬が6番人気の評価にはとても信じられないほど。

レースをしっかりと分析できていたかどうかがポイント。

・東京11R・・・前走福島TVOPは戸崎のミスで取りこぼしたヒストリカルが順当勝ち。

勝春も危なっかしかったが馬場が渋ったのも幸い。

・京都11R・・・とにかく出遅れなかったのがミッキークイーンの勝因。

エリ女杯でのルージュバックとの再戦が待ち遠しい。

また、明らかに展開が向かずに力を出していなかったタッチングスピーチも巻き返し必至。

2015 東京10R甲斐路 京都10R桂川S 新潟11R北陸S 東京11RブラジルC 京都11R菊花賞
2014 ヒュウマ(6)     マイネルバイカ(9) トーホウジャッ(3)
2013 ディサイファ(1) アースソニッ(1)   ベルシャザール(1) エピファネイア(1)
2012 ダイワマッジ(2) アイラブリリ(1) シセイオウジ(4) ナムラビクター(1) ゴールドシップ(1)
2011 モンテエン(4) ナイアード(12) アースサウン(1) インバルコ(3) オルフェーヴル(1)
2010 ケイアイドウ(4) ティファニー(8)   インバルコ(2) ビッグウィーク(7)
備考          

京都の10R,11Rが比較的堅く収まりそうなだけにポイントとなりそうなのは東京10R,11R。

京都で絞って東京で以下に穴を拾うか。新潟も波乱はなさそう。

・甲斐路の昨年はヒュウマとセキショウの行ったままの決着となったが、今年の東京は差し追込みが決まる。

京都同様に切れ味勝負だけにディープ産駒は積極的に押さえておきたい。

・桂川Sは内枠逃げ先行馬が狙い目。前走は相手が悪かったアドマイヤナイト対エイシンブルズアイ。

・北陸Sは基本は行ったままの新潟ダ1200条件。逃げ先行有利で後ろは届かない。

・ブラジルCは混戦ムード。東京ダ2100mは波乱も多く人気サイドも信用できない。

上位人気を信用して絞らずに手広く網を張っていたい。

・菊花賞は正直リアファルだけでいい気がする・・・。

■今週の菊花賞(G1)の勝ち馬は、誰もが目を疑うあのド穴馬!?

未知なる距離の適性が問われる波乱含みな3歳クラシック最終戦

《 第76回 菊花賞(G1) 》

距離が未知なだけに波乱が起こる事もしばしば。

秋G1の中でも実に難解なレースである事は間違いない!

そんな中、今年の菊花賞の出走メンバーを多角的に検証した結果、

ドンピシャで勝ち馬傾向に当てはまる、超ド穴馬がいた!?

 

超高額配当を実現する、秋華賞の超ド穴馬情報。

 

今だけ特別無料公開中です!

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

コメント