2015/05/31のWIN5対象レースの展望

スポンサーリンク

2015/05/31のWIN5対象レースの展望を各レースごとに。

■東京08R 青嵐賞 1000万 芝2400 定量

ほぼ1-4人気以内で収まる条件。

シュンドルボン
レオニーズ
プレストウィック
リノリオ

ただ、ダービー当日の同条件ということもあり、
試走も兼ねた意味合いから成績上位騎手が、
必ずしも人気馬に騎乗していない影響も考慮しておきたい。

勿論、ダービーと同じ条件なら内枠が断然有利なのも同様。

4連続2着のシュンドルボンは勝ち切れないレースが続くが、
相手関係も強力でそろそろ出番が来てもいいタイミング。

乗れるオールプレスが騎乗するのも心強い。

プレストウィックの父はダイワメジャーで今の府中には向かない。
中山や福島で好走したとはいえ、スローの瞬発力では見劣る。
ルメールの騎乗は魅力も勝ち切るイメージまでは。

リノリオは兄にイコピコの名前があり、距離の心配はなさそう。
長らく未勝利と500万にいたが前走は鮮やかな差し切り勝ち。

とはいえローカルでこそ結果の出ている丸田が、
中央場所で同じように乗れるのかは別問題。
先行馬でもなく進路取りや慣れない府中コースが懸念材料。

レオニーズは勝春が微妙な騎手ではあるが、府中ではそれなり。
前走陣馬特別はほぼ勝利を手に入れかけたところで惜敗。

敗れたとはいえ出し抜かれた形でのクビ差でタイム差なし。
勝ち時計2.25.8は同日メインの青葉賞の2.26.9を大きく上回る1.1差。
前走が3枠3番なら今回は2枠4番と限りなく再度の好走が可能。

ルミナスウォリアーは父メイショウサムソンで切れよりもしぶとさ。
同じルミナスならエダテルのレッドの方がまだ怖い。

いずれにしろ内枠が有利。

■京都09R 東大路S 1600万 ダ1800 定量

京都の1600万下、ダ1800も1-4人気でほぼ決まる条件。

この原稿を書いている段階では、以下の人気。

ショウナンアポロン
セブンフォース
チェスナットバロン
メイショウソラーレ
セイスコーピオン
ルファルシオン
スズカヴィグラス
フェリーチェレガロ

ショウナンアポロンの前走は2,3番手に絡まれて息の入りにくい流れ。
とはいえ今回も目標にされる立場に変わりはない。

持ち時計があるわけでもなく、受けて立てるほどの力差もなければ、
今回もペースメーカー的に直線で差される可能性が高い。
また、最近の藤田が乗れていないのも減点。

セブンフォースはコンスタントに善戦しているが、
勝つには展開の助けが欲しい。
浜中人気なのかもしれないが押さえ程度に。

面白そうなのはチェスナットバロンとメイショウソラーレ。
これらの2頭は似たような成績を残してちょうどいい物差しになりそう。
穴の期待が高い佑介や津村というのもいい。

ルファルシオンやスズカヴィグラスは安定感が売りだが、
WIN5のような1着を狙う買い方には向かない。

むしろ一発のなら大外になったがフェリチェレガロはどうか。
想定人気からは外れるが、昨年の15番人気ジョウノボヘミアンのような波乱のケースもなくはない。

大穴なら友一のコウユーヒーロー。

■東京09R むらさき賞 1600万 芝1800 ハンデ

ここもまた1-4人気まで想定される。

1800mでも今の府中ならやはり内枠が欲しい。
そういう意味では5枠以内の馬。

ピオネロ
アトム
マイネオーラム
フェイマスエンド
ベストドリーム
ラブラバード
オコレマルーナ

ピオネロはいい枠が引けた。
ネオユニヴァース産駒というのが切れに不安もあるが、
ダービーのポルトドートウィユよりは期待が高い。
ロスなく抜け出せれば勝機。

アトムも復調してきた内田で池江厩舎の馬。
復活の狼煙を上げるにはありがたい相棒。
休み明け前走の2000を叩いて距離短縮のディープ産駒。
前進あるのみ。

マイネオーラムも渋い馬だが、粘り込んでの3着狙いがベター。
切れの要求されるこの条件で頭は厳しい印象。

近走安定のフェイマスエンド。
イサベルを物差しにすると能力は足りている。
父シルクフェイマスはなかなか渋く先行抜け出しに期待。

ベストドリームにこの条件はあっているが、
コンスタントに好走する反面、1着までの期待はどうか。

前走で馬が見違えたのはラブラバード。
エイシンエルヴィンが昇級してすぐに勝ち負けしたことからも通用。

オコレマルーナは前走は強い勝ち方だったが、
距離延長の1800で姉にアストンマーチャンの名前を見てしまうと。

大穴に岩田のラディウス。

■京都10R 安土城S OP 芝1400 ハンデ

基本は堅い条件だが、油断すると昨年の16番人気サクラアドニスのような大波乱も。

ウリウリ
ホウライアキコ
ニンジャ
ウイングザムーン
プリムラブルガリス
メイショウヤタロウ
サクラアドニス

京都の馬場もよほどでなければスローで前が残る。
1400mの舞台設定もスワンSと同じで先行勢が断然有利。

昨年の勝ち馬ウイングザムーン、一昨年の勝ち馬サクラアドニスも出走。

前走は阪神牝馬S3着、牡馬相手の阪神C4着のウリウリが断然人気。
問題は浜中が勝負になる位置で内を捌けるかどうか。

ただ、G2の阪神Cでも4着しているようにOP特別のここは負けられない。
浜中はダービーに出られなくても存在感は見せておきたい。

ディープ産だけに切れが冴える京都になるのは歓迎。
後方待機を選択したら飛ぶ可能性が高くなる。

ホウライアキコは逃げ一手の選択肢。
これまで乗っていた和田から津村への乗り替り。

53キロで最内枠と条件が揃い過ぎているが、放牧リフレッシュの効果があれば怖い。

ニンジャはいつも複勝圏に入るかどうかの馬だけにWIN5では買えない。

昨年の覇者ウイングザムーンは叩いても良化がスローの模様。
藤田も以前ほど怖くはない。

プリムラブルガリスにしても四位がここまで使い物にならなくなっている以上は、
よほどの奇策でもなければ苦しいか。

地味に京都金杯6着や錦Sでシェルビーを負かしたメイショウヤタロウ。
切れ味を求められる新潟の谷川岳Sでえ32秒台の上がりは初めて。
7歳でもまだまだ元気で得意の京都コースなら侮れない。

サクラアドニスは昨年も16番と外枠ながら上手く内に入り込んで激走。
秋山の好判断によるところが大きかったが、松山も最近は成長している。
弘平にその発想があるかどうか。
朱鷺Sでも9番人気で波乱を起こしたように軽視は禁物。

■東京10R 東京優駿(G1) 芝2400 定量

1番人気の勝率が5割を超える。
まぎれがあっても3番人気以内。

ドゥラメンテ
リアルスティール
サトノクラウン

さらにはフェブラリーSをコパノリッキーが勝って以来、
G1の1番人気がまさかの7連敗中。

タイミング的にもドゥラメンテが連敗をストップさせそう。

完璧なレースをしても不利のあったドゥラメンテに、
楽に突き抜けられた皐月賞のリアルスティールとキタサンブラック。

切れで敵わない以上は先に抜け出しての出し抜きしかない。

ところが肝心の枠が内を引けずにリアルは13番でキタサンは、
よりにもよって17番と致命的に不利な枠。

北村宏司は東京も中山もインで脚を溜めて嵌まったらの騎手。
外から鮮やかに差し切るタイプではなく騎手面でのプラスアルファは望めない。

血統的には母父サクラバクシンオーなのもあって思った以上に人気が急落。

ただ、東京の500万でサトノラーゼンを問題なにせず楽勝した内容は悪くない。
むしろ飛ばした先行馬を捕まえに行っての抜け出しでもあり距離は持ちそう。

皐月賞で上がり34.5に対してドゥラメンテは33.9。
あの状況から0.6秒もの差をつけられた上に手綱を抑えて0.2差は完敗。

リアルスティールが勝つには共同通信杯のような自分は最内でロスなく回って、
相手には最後方くらいまで手綱を引っ張ってもらうようなハンデが欲しい。

仮に真っ向勝負を挑むならジェンティルドンナの3歳時JCのように
外からでも多少強引にインベタを取りに行っての出し抜け。

とはいえあれは岩田だからできた発想であって公務員の祐一に望むのは無理がある。

しかも今回は末脚を活かしたいなんてことを言っているらしいので、
最悪の場合はワールドエースを飛ばしたケースも片隅に入れておきたい。

いずれにしても舞台設定が中山から実力が反映されやすい東京に替わる以上、
スタンド前の発走で極端に入れ込んだり大出遅れでもしなければ、
ドゥラメンテの勝率は限りなく高い。

まとめ

後半2レースは堅く収まる可能性が高いため、不確定要素の多い前半を手広く狙いたい。

後半ではずれる精神的ダメージは大きいが、それもやはりそこまで残れていてこそというのもある。

安土城Sは資金に余裕があればウリウリ以外も買っておきたいレース。

※速報※ 日本ダービー、ドゥラメンテに衝撃の落とし穴が!?

☆東京優駿(第82回 日本ダービー)☆

皐月賞を圧倒的な力で勝利したドゥラメンテ

実は・・・

業界内では危険信号が点滅!?

その確固たる衝撃的な理由を暴露
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
↓  ↓  ↓

※今すぐにご覧ください。※
k-468x60 その2

コメント

アクセスランキング