2016阪神大賞典(G2)過去10年の傾向と対策

スポンサーリンク

2016阪神大賞典(G2)過去10年の傾向と対策

リピート率の非常に高いレース。

とはいえそれは強い馬が出ていただけといった側面もある。

にしても過去10年で荒れても5番人気で収まっている。

超一流馬がいなくとも大波乱の下地は薄いレース。

◆2015
1着7枠8ゴールドシップ 牡6岩田3.05.903-0235.558.01
2着2枠2デニムアンドルビー牝5浜中3.06.105-0535.654.07
3着1枠1ラストインパクト牡5菱田3.06.608-0735.857.02
◆2014
1着1枠1ゴールドシップ 牡5岩田3.06.602-0234.558.01
2着8枠8アドマイヤラクティ牡6四位3.07.205-0334.956.05
3着2枠2バンデ     牡4松田3.07.201-0135.655.03
◆2013
1着7枠7ゴールドシップ 牡4内田3.05.004-0336.857.01
2着6枠6デスペラード  牡5武豊3.05.307-0636.656.03
3着3枠3フォゲッタブル 牡7A.シ3.05.502-0237.756.05
◆2012
1着1枠1ギュスターヴクライ牡4福永3.11.805-0437.155.03
2着8枠12オルフェーヴル 牡4池添3.11.909-0636.757.01
3着5枠6ナムラクレセント牡7和田3.12.301-0137.857.05
◆2011
1着3枠3ナムラクレセント牡6和田3.04.402-0235.357.03
2着2枠2コスモメドウ  牡4松岡3.05.003-0335.756.01
3着6枠10モンテクリスエス牡6川田3.05.113-1034.757.06
◆2010
1着8枠13トウカイトリック牡8藤田3.07.308-0836.057.05
2着4枠6ジャミール   牡4安藤3.07.310-1035.756.04
3着7枠11メイショウベルーガ牝5池添3.07.307-0536.456.01
◆2009
1着6枠7アサクサキングス牡5四位3.13.206-0238.358.02
2着6枠8ヒカルカザブエ 牡4秋山3.13.202-0238.456.06
3着8枠11ナムラクレセント牡4小牧3.13.508-0738.356.04
◆2008
1着1枠1アドマイヤジュピタ牡5岩田3.08.702-0234.758.04
2着2枠2アイポッパー  牡8藤田3.09.104-0334.858.05
3着3枠3ポップロック  牡7武豊3.09.203-0335.158.01
◆2007
1着8枠10アイポッパー  牡7武豊3.08.304-0334.358.02
2着2枠2ドリームパスポート牡4安藤3.08.302-0134.557.01
3着6枠7トウカイトリック牡5池添3.08.307-0734.057.03
◆2006
1着2枠2ディープインパクト牡4武豊3.08.804-0236.858.01
2着1枠1トウカイトリック牡4芹沢3.09.401-0138.156.05
3着8枠8デルタブルース  牡5岩田3.10.103-0338.358.02

■人気別成績

1番人気 4.3.2

----------

2番人気 2.0.2

3番人気 2.1.2

----------

4番人気 1.1.1

5番人気 1.3.2

----------

6番人気 0.1.1

7番人気 0.1.0

8番人気 0.0.0

9番人気 0.0.0

10人下 0.0.0

※堅いレースの割に1番人気馬は4勝と普通。

ただ、3番人気までで8勝、5番人気までで10勝。

荒れても5番人気なら計算は立てやすい。

点数に余裕があれば予想なんてせずに5番人気までを押さえたい。

■枠順別成績

1枠 3.1.1

2枠 1.4.1

3枠 1.0.2

4枠 0.1.0

5枠 0.0.1

6枠 1.2.2

7枠 2.0.1

8枠 2.2.2

※1枠が3勝と多いが7枠、8枠もそれぞれ2勝と内外関係なし。

■年齢別成績

4歳 3.6.2◎

5歳 3.2.4

6歳 2.1.1

7歳 1.0.3

8歳 1.1.0

※4,5歳が主力。

高齢馬はリピーターか春の天皇賞の実績馬。

■展開

逃げ 0.1.2

先行 8.5.3

中団 1.4.4

追込 1.0.1

※直線入り口では先頭に並びかけるくらいの積極性が欲しい。

いわゆる横綱相撲が王道。

■斤量別成績

54.0 0.1.0

55.0 1.0.1

56.0 0.6.3

----------

57.0 3.2.4

58.0 6.1.2

※唯一の55キロでの勝利はギュスターブクライの1勝。

衆知の通りオルフェーヴルの歴史に残る逸走。

池添が降ろされる原因となった。

この事故がなければ57キロのオルフェーヴルが勝っていた。

となると勝ち馬の条件は完全に57キロ以上。

ギュスターブクライがハーツクライの産駒という繋がりならシュヴァルグランの55キロは許容範囲?

奇しくも鞍上も同じになりそう。

■前走分布

有馬記(G1)  3.4.2★

ダイヤ(G3)  2.2.3◎

日経新(G2)  2.1.2◎

京都記(G2)  1.1.1

ステイ(G2)  1.0.0

AJC(G2)  1.0.0

※AJCはゴールドシップの1例のみ。

有馬記念組がおらず軸馬不在。

データ的にHITするのは京都記念、ダイヤモンドS、日経新春杯。

■まとめ

・3番人気以内から5番人気まで。

・先行人気馬。

・4,5歳。

・57,58キロで牡馬。

■ピックアップ

アドマイヤデウス

シュヴァルグラン

タンタアレグリア

トーホウジャッカル

※複数条件でHITする馬がいない。

消去法で4頭になるが、ここは無難に4頭選択がベター。

■なぜ無料でここまで出来るのか普通に考えてみてください。

各情報サイトは儲かっていそうな実績を並べてはいますが、儲かっているのになぜ会員さんから高額の情報料を取るのか。

私たちが無料で競馬情報サービスをお届け出来るのは、馬券で儲かっているからです!

なので会員様から高額の料金を取る必要がないのです。

これでもか!というくらい好きなだけ無料で使ってください。

スーパーだって試食コーナーありますよね?

美味しかったら勝手に買いますよね?

競馬情報だってそれと同じです。

当りもしない不味い情報に誰が馬券代払います?私なら絶対に払いませんね。

当たらない情報が当たり前ではありません。

当たる情報が当たり前です。

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

アクセスランキング