【WIN5】日経新春杯、京成杯他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

180人の購読者に加わりましょう
■京都10R雅S(3勝)ダ1800

おまいらちょっとぶりー。

変則スケジュールも終わったので
今週から平常運転に戻るよ。

で、まずしょっぱなから堅そうなレースだよねえ。

今回、そこそこ手応えあるのはダートのレースが3鞍組まれているところ。

何気なくデータの記事をボケーっと見ている人もいたかと思うが
あの記事で乗せてる印は予想ソフトの当馬くんのもの。

左がデフォルト設定で右側が騎手なしの評価。

こういった指数を調べるソフトの利点は
感情的な先入観を取り除ける点だ。

ただ、芝の場合はバイアスも掛かるので誤差が出る。

となると必然的にダートの信頼度がこれを上回るって訳。

以前書いたnoteにも当馬くんは
ダートでこそ使えるから見とけって書いたと思う。

◎から×までが対象となるため、
そこから削るのは各自のセンス次第だが、
こいつがなかなか有能なんだわ。

つうことでVANを使ってない人にもサービスしているのがこちら。

1▲△ ミラクルティアラ 牝4 松山弘平 55 130★※逃げ
----------
2○◎ ヤマニンウルス  牡4 武豊   57 120★※逃げ
3△▲ メテオリート   牝4 西村淳也 55 115
4◎○ バハルダール   牡5 川田将雅 58 114★
5 × キュールエフウジン 牡5 田口貫太 58 110
6× プリモスペランツァ 牡5 田辺裕信 58 108
7×× インベルシオン  牡5 菅原明良 58 106

まあここで無印なんてもらうようなら
一気に危険な人気馬って意味なんだが、
話題のヤマニンウルスは問題なさそうな感じね。

ここからさらに後ろからの脚質なら
疑う手もあるのだが、この馬は優等生。

逃げなくても2番手から抜け出せるタイプだ。

牡馬は低レベルの4歳世代だがダートはそれなりに期待値がある。

こいつは信じていいんじゃないかって思う。

そもそも底力のない馬は1900で勝てない。

絞るならここからもしれないね。

オッズが1.4倍以下ならGOサイン。

◎ヤマニンウルス
○ミラクルティアラ
▲バハルダール
△キュールエフウジン
×レガーメペスカ

★直近WIN5京都ダ1800
川田1→幸1→友一4→友一1→デム1人気

基本的に堅い案件と見る。

■中山10RジャニュアリーS(OP)ダ1200

ダートということでここも印を優先できるぞ。

ただ、不思議だったのはオルダージュが
なぜここまで高評価なんかってとこだなあ。

原君は不気味だけど、さすがにこれは同調できぬ。

まあとにかくねえ。

中山のダート1200ってのは特殊過ぎる。

ここで強かったからって他のコースでスライドしねえんだわ。

つまり専用機しか走らない条件ってこと。

そうなるとコース適性重視が正解だね。

いつからだろなあ。

中山ダ1200ってイメージほど荒れなくなったよね。

上位人気でも5頭くらいまで押さえておけば足りそうかな。

1×× サイクロトロン  牡7 三浦皇成 57 120★
----------
2▲× クロジシジョー  牡5 戸崎圭太 56 114★
3○○ タイセイブレイズ 牡6 岩田望来 56 112★
5△▲ スズカコテキタイ 牡5 岩田康誠 57 109
7 ハコダテブショウ 牡6 石川裕紀 57 102 ※逃げ

上位人気で無難に拾いに行けば
何とかなりそうな傾向が現在。

アティードに不気味さ感じるも
ピーヒュレクで激走はイメージしにくいからパス。

印はついていないのだが個人的な狙いならハコダテブショウか。

土曜に雪も降ってダートは湿りそうなんだよ。

時計が一気に速くなっていったままに急変することもある。

となると行き切れるタイプに食指が動くのは当然。

◎ハコダテブショウ
○クロジシジョー
▲スズカコテキタイ
△サイクロトロン
×タイセイブレイズ

■小倉11R門司S(OP)ダ1700

まず注目の印はこんな感じ。

1×△ デリカダ     牝5 富田暁  55 124
2○▲ ペースセッティング 牡4 鮫島克駿 56 122★
3△× ロッシュローブ  牡7 浜中俊  59 118
4▲○ スレイマン    牡6 斎藤新  58 117★
9◎◎ ハギノアトラス  セ8 藤岡康太 58 101 ※逃げ

潜在能力の高さで言えばデリヘルが一番だな。

この馬は伏竜Sまで無敗の3連勝中。
ただいかんせん超長期休養明け。

勝たれても不思議じゃないが負けても不思議じゃあない。

消せるのかというと微妙だがね。

あと、確かこの条件は前走奥羽S組が好相性だったはず。

福島と小倉の違いはあるものの
同じダ1700でレースレベルがリンクしやすいのかもしれない。

8番人気エクレアスパークルをぶっこ抜いた時もこれ。
昨年のロッシュローブだって福島民報杯からの臨戦。

これはある程度使えるデータとしたい。

今年ならスレイマン一択となる。

当方がダートのエースで精査に使っているのが
同距離同条件の良ダートの持ちタイム比較。

これ信用できるから覚えておいてね。

例えばこのレースなら

1.42.2 スレイマン
----------
1.43.2 フルヴォート
----------
1.44.8 ロッシュローブ
1.45.0 スマートサニー

これ良限定なのがポイントね。

芝ではなくダートだから誤差が少なくていい。

上の2頭はまず外せねえわな。

さてと、ここからまだ気持ち悪そうなのもいるから怖いよね。

あるとしたらサンマルレジェンド、ペースセッティングだろうか。

点数広げて許されるならこいつらも突っ込みたい気がするよ。

◎スレイマン
○フルヴォート
▲ロッシュローブ
△スマートサニー
×ペースセッティング

★直近小倉ダ1700
幸5→武豊7→浜中5→西村4→松山2人気

■京都11R日経新春杯(G2)芝2400

例年4歳が強いレース。

過去10年で7勝も挙げているんだから
下手に捻らない方がいいのでは?

でも今回はハンデ戦なんだよな。

ここは意外と影響しそうだから注意したい。

菊花賞組が4頭もいるからチェックする。

★菊花賞
4着リビアングラス   3.04.1 57キロ
5着サヴォーナ     3.04.1 57キロ
6着ハーツコンチェルト 3.04.1 57キロ
10着サトノグランツ   3.04.3 57キロ

★神戸新聞杯
1着サトノグランツ   2.23.5 56キロ
2着サヴォーナ     2.23.5 56キロ
5着ハーツコンチェルト 2.23.6 56キロ

うーん、これ左回りならともかく
右回りでハーツが逆転できなさそう。

で、今回のハンデ

リビアングラス   54キロ
サヴォーナ     56キロ
ハーツコンチェルト 55キロ
サトノグランツ   57.5キロ

これねえ、タイム差なしの2頭だから
1.5キロも開いたらサヴォーナじゃね?

まあそんな計算で結果が直結したら
簡単過ぎる訳でそう甘くはない。

だがしかしだ、菊花賞の謙一は
当方がブチ切れるくらいに酷い騎乗をしていたことを
覚えているだろうか(知らねえよ

スタートで後手になって終始外々を回し続けた上にクソマクリ。
あんなアホ丸出しの乗り方で勝てたら馬が化け物だっての。

これは謙ちゃんが中卒だから仕方ないよね。

でも条件が京都2400なら違うのだ。

データの方でも掲載したけど
謙ちゃんはここしか勝てねえんじゃねえかってくらい得意なのよ。

これ知ってたから京都大賞典はプラダリアを狙えた。

■WIN5京都芝2400
騎手 着別度数 勝率
池添謙一 5- 1- 0-15/21 23.8% サヴォーナ
武豊   4- 0- 1- 8/13 30.8% カレンルシェルブル
川田将雅 4- 1- 1- 9/15 26.7% サトノグランツ
----------
北村友一 1- 1- 1-11/14 7.1%
松山弘平 1- 0- 0-13/14 7.1%
高田潤  0- 0- 0- 1/ 1 0.0%
西村淳也 0- 0- 0- 1/ 1 0.0%
菅原明良 0- 0- 0- 1/ 1 0.0%
----------
和田竜二 0- 3- 2-14/19 0.0% ナイママ

★直近WIN5京都芝2400
坂井11→池添2→池添3→川田3→池添5人気

ね?騎手の期待値も直近のWIN5も謙一祭りになるってことさ。

馬は菊花賞で2着に来るだけの力があったと信じて疑わない。

足りてなかったのは謙ちゃんだから
得意条件のここなら問題なし。

迷わず◎だ。

追い切りも問題なく良かった。

少額で攻めるなら1点にしてもいいくらいだよ。

ただ、そうはいっても秋ではなく冬の京都は一筋縄じゃあいかねえ。

結局7番人気くらいまで警戒しておくのがベター。

ハーツは切れるとしてサトノも川田が好調とはいえ57.5キロがなあ。
しかも大外なら割引可能か。

人気的に旨味のない貫太も気が乗らない。

レッドバリエンテ西村淳也もそう。

菅原は東京だけ買いたい騎手だが
ヤスを降ろしてまで継続騎乗なんだからやむなし。

もう一捻りしてディアスティマと貧乳タイムズでワンチャンねえかな。

これどちらも追い切り悪くなかったんよ。

ディアスティマは前走が走らなさ過ぎやろ。

貧乳も京都大賞典4着で3着ディープボンドとクビ差。

偽ルメールはそれなりに乗れてるから面白そう。

◎サヴォーナ
○ブローザホーン
▲ヒンドゥタイムズ
△ディアスティマ
×サトノグランツ

■中山11R京成杯(G3)芝2000

WIN5で1663万の出た2年前は
最後の最後のここでオニャンコポンにやられて死亡。

このときから菅原明良はマークするようになった。
後の左回り専用機である。

それはともかくとしてここ。

まだキャリアの少ない3歳のこの時期。

まともな能力比較なんてできやしねえ。

最初に気になるのはハヤテノフクノスケ君。

前走の未勝利を稍重2分1秒6で5馬身差のぶっちぎり。

暮れのホープフルSでミスタージーティーを狙った人からしたら
比較としてもこの馬を買いたくなる気も分かる。

ただ、このとき完全に勝ちパターンだったことも確か。

これはとても届かないような位置から差し切ってしまったからこそ
ミスタージーティーの評価ができるのであって
ハヤテノフクノスケは噛ませ犬ならぬ噛ませ馬的なポジションである。

本馬から半馬身差3着だったダンツトレントが
その後の未勝利で8着10着14着では強気になれない。

未勝利で5馬身千切ったショウナンガチももうひとつなら
レースレベルを高いと評するには疑問が残った。

実際11月京都の芝2000戦を確認すると
同日メインのアンドロメダSを制したディープモンスターは
同じく稍重で1分59秒6の勝ちタイム。

ハヤテのそれが2分1秒6なら2秒4も差がついてしまっていた。

そこへきてワシの嫌いな子猿。

こいつは散々藤原英昭先生に迷惑かけて厩舎を追い出された割に
マスクトディーヴァをはじめ
いい馬を乗り散らかしている。

つまり、禊も終えていないのに待遇は上がったまま。

そうじゃのう。

ファンをつまみ食いして博多に左遷されたはずの整形指原が
なぜか1位を取ってAKBをぶっこわしたようなものじゃ。

こんなことは許されていいものではない。

とまあ感情的な好き嫌いはさておき、
芝2000m重賞のデータも持ってくるか。

こっちは過去10年の京成杯な。

前走レース名 着別度数 勝率
未勝利*  0- 4- 2-23/29 0.0% 3頭

未勝利経由は2着までしか来ねえぞ。

あとこれな。

2021年以降のWIN5対象レースの芝2000m重賞ね。

騎手 着別度数 勝率
横山武史 6- 2- 2-19/29 20.7% アーバンシック
ルメール 6- 5- 8-11/30 20.0% バードウォッチャー
----------
戸崎圭太 3- 3- 2-21/29 10.3% グローリーアテイン
----------
内田博幸 0- 0- 0-12/12 0.0% エコロマーズ
石川裕紀 0- 3- 0-10/13 0.0% コスモブッドレア
松岡正海 0- 0- 1-13/14 0.0% ロジルーラー
大野拓弥 0- 0- 2-14/16 0.0% アスクナイスショー
石橋脩  0- 3- 1-15/19 0.0% レイデラルース
岩田望来 0- 1- 0-20/21 0.0% ハヤテノフクノスケ
三浦皇成 0- 0- 1-24/25 0.0% ニシノフィアンス

ワイがしょっちゅう下手糞だとこき下ろしとる連中がぎょーさんおるやろ。

ガシマンは1勝あり。

だが、ジュンゴールドはなかなか素晴らしい。

こいつの前走は紫菊賞なのだが、
京都芝1800で1分47秒2の勝ち時計。

ちなみに1週前の同距離を
ジャンタルマンタルが1分47秒4で走破している。

余裕残しの逃げ切りでなこれ。

L4も11.8-11.6-11.0-11.4というえげつねえものじゃ。

こいつのいいところは別に一本調子の逃げ馬ではないことだ。

デビュー戦はむしろ小倉の1800を後ろからぶっこ抜いて楽勝しとる。

で、これだけならまだわからんのだが
今週の追い切りを見たかい?

なんじゃありゃ。

スケール感を見せた超抜だったぞおい。

ここまで強けりゃ大外の方が不利を受けてなくていい。

ワンチャン倒せるなら武史のアーバンシックじゃろ。

これはもうそこそこ知られてるだろうが
百日草特別を好走した馬は重賞級の活躍をするフラグがあるのだ。

14年1着ルージュバック2着ベルーフ
16年1着アドマイヤミヤビ2着カデナ
18年1着トーラスジェミニ2着ボスジラ
19年1着ホウオウピースフル2着アカイイト
20年1着エフフォーリア2着レインフロムヘヴン
21年1着オニャンコポン2着ホウオウプレミア

お分かりいただけただろうか。

正味の話、バードウォッチャーは罠だと思うぞ。

11月東京の芝1800でまったく目立たん勝ちタイムやった。

上がり33秒5についてもこれより速くてタイムも速いレースがある。

常識に引っ掛かる馬なら足りねえわ。

先週のノーブルロジャーなんかは
逆に時計比較でエコロブルームに完敗してからの逆転だったがな。

あれこそ規格外の走りってやつだろうさ。

ワイは2点で抜けるという結論だ。

◎ジュンゴールド
○アーバンシック
----------
▲バードウォッチャー
△ハヤテノフクノスケ
×ダノンデサイル

※当サイトの予想はWIN5を想定しています。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと