2015朝日杯フューチュリティーステークス(G1)過去10年の傾向と対策

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう

2015朝日杯フューチュリティーステークス(G1)過去10年の傾向と対策

過去10年でクラシックで勝負になったのは12ロゴタイプ、09ローズキングダム、07キャプテントゥーレの3頭。

この時期のマイルG1だけに大物の参戦はどちらかというと少ない傾向。

クラシックの関連性ならまだかつてのラジオNIKKEI2歳Sに分があった。

その伝統のレースもホープフルステークスに代用されて中山の芝2000mに移行。

とはいえその第1回の勝ち馬シャイニングレイはその後低迷。

まだラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの方が後継としては注目かもしれない。

◆2014          
1着 1枠 2 ダノンプラチナ  牡2 蛯名 1.35.9   14-12 35.4 1
2着 3枠 6 アルマワイオリ  牡2 勝浦 1.36.0 3/4 14-12 35.5 14
3着 7枠 14 クラリティスカイ 牡2 岩田 1.36.1 3/4 07-06 35.9 3
◆2013          
1着 3枠 6 アジアエクスプレス 牡2 R.ム 1.34.7   09-07 35.3 4
2着 6枠 11 ショウナンアチーヴ 牡2 後藤 1.34.9 1 1/4 07-03 35.7 6
3着 7枠 14 ウインフルブルーム 牡2 和田 1.34.9 クビ 05-03 35.8 5
◆2012          
1着 7枠 14 ロゴタイプ    牡2 M.デ 1.33.4   02-02 36.1 7
2着 3枠 5 コディーノ    牡2 横山 1.33.4 クビ 02-05 36.0 1
3着 2枠 3 ゴットフリート  牡2 C.ス 1.33.8 2 1/2 08-07 36.0 3
◆2011          
1着 2枠 3 アルフレード   牡2 C.ウ 1.33.4   04-03 35.3 1
2着 2枠 4 マイネルロブスト 牡2 蛯名 1.33.7 2 08-05 35.4 4
3着 8枠 15 レオアクティブ  牡2 横山 1.33.8 1/2 15-15 34.9 8
◆2010          
1着 6枠 11 グランプリボス  牡2 M.デ 1.33.9   10-07 34.5 5
2着 3枠 5 リアルインパクト 牡2 F.ベ 1.34.0 3/4 07-07 34.8 4
3着 1枠 2 リベルタス    牡2 福永 1.34.0 アタマ 04-03 35.0 2
◆2009          
1着 4枠 8 ローズキングダム 牡2 小牧 1.34.0   09-08 34.7 1
2着 6枠 12 エイシンアポロン 牡2 池添 1.34.2 1 1/4 06-05 35.2 2
3着 1枠 2 ダイワバーバリアン 牡2 蛯名 1.34.5 2 05-05 35.6 5
◆2008          
1着 2枠 3 セイウンワンダー 牡2 岩田 1.35.1   09-09 35.0 2
2着 6枠 11 フィフスペトル  牡2 C.ル 1.35.1 アタマ 08-08 35.2 5
3着 3枠 5 ブレイクランアウト 牡2 武豊 1.35.2 1/2 09-06 35.1 1
◆2007          
1着 1枠 1 ゴスホークケン  牡2 勝浦 1.33.5   01-01 35.2 3
2着 2枠 3 レッツゴーキリシマ 牡2 1.33.9 2 1/2 04-03 35.3 10
3着 4枠 7 キャプテントゥーレ 牡2 川田 1.33.9 クビ 02-02 35.4 4
◆2006          
1着 2枠 3 ドリームジャーニー 牡2 蛯名 1.34.4   14-12 34.0 2
2着 5枠 9 ローレルゲレイロ 牡2 本田 1.34.5 1/2 03-02 35.4 7
3着 6枠 11 オースミダイドウ 牡2 O.ペ 1.34.6 3/4 01-01 35.7 1
◆2005          
1着 6枠 12 フサイチリシャール 牡2 福永 1.33.7   02-02 34.4 2
2着 3枠 5 スーパーホーネット 牡2 内田 1.33.7 クビ 07-06 34.0 5
3着 4枠 7 ジャリスコライト 牡2 K.デ 1.34.0 1 3/4 05-03 34.4 1

■人気別成績

1番人気 3.1.3◎

2番人気 3.1.1★

----------

3番人気 1.0.2

4番人気 1.2.1

5番人気 1.2.2

----------

6番人気 0.1.0

7番人気 1.1.0

8番人気 0.0.1

9番人気 0.0.0

10人下 0.2.0

※1,2番人気で6勝と本命サイド。

これまでの中山から阪神に開催が替わり、
中山マイルという紛れの多いコースからより実力馬に有利になった。

他も5番人気までで収まっており、
7番人気での優勝はロゴタイプのみ該当。

これはもうロゴタイプというよりもミルコの勝利。
ミルコが出てくるなら要警戒。

■枠順別成績

阪神開催となるため、これまでの内枠有利の傾向は薄らぐ。

※外枠でも強い馬なら問題ない。

■脚質好走成績

※中山マイルでは好位差しが勝ちパターンだったが、
阪神マイルとなった昨年は早速直線二桁ポジションからの追い込み。

■前走別成績

京王杯2歳(G2)  1.4.1▲

デイリー杯(G2)  0.2.2

東スポ杯2歳(G3) 4.2.1★

新潟2歳S(G3)  1.0.0

いちょうS(G)  0.0.2

ベゴニア賞(500万) 2.0.0◎

きんもく特(500万) 1.0.1

オキザリス(500万) 1.0.0

からまつ賞(500万) 0.1.0

くるみ賞(500万) 0.1.0

千両賞(500万)  0.0.2

500万下     0.0.1

※強敵となるはずのロードクエストや東スポ杯上位が不出走。

京王杯組ならシュウジの方が上。

■まとめ

・1,2番人気信用。

・内外の有利不利は影響なし。

・無敗馬か前走2着まで。

・芝1800経験馬の好走率が高いレース。

・父ディープインパクト。

■ピックアップ

エアスピネルでほぼ間違いない。

が、何かあるとすればエピファネイアの下、リオンディーズ。

父キングカメハメハが同じならスピネルの母エアメサイアは、

リオンディーズの母シーザリオにオークスでクビ差2着に敗れた。

母からの因果が子にも影響するとしたら因縁の対決でもある。

そしてリオンディーズには仕事人ミルコならやはり警戒すべき相手。

新馬で負かした2着ピースマインドは次走の中京で2歳未勝利戦ながらも2000mを2.02.9で走破。

これは12Rの3歳以上1000万下である遠州灘特別の2.03.4を0.5も上回る数字。

桜花賞のレベルが同日古馬1000万と比較されるだけに12月のこの時期で既に古馬1000万を楽に越えた時計を出した馬相手に快勝してみせたリオンディーズも自ずと評価が上がる。

■なぜ無料でここまで出来るのか普通に考えてみてください。

各情報サイトは儲かっていそうな実績を並べてはいますが、儲かっているのになぜ会員さんから高額の情報料を取るのか。

私たちが無料で競馬情報サービスをお届け出来るのは、馬券で儲かっているからです!

なので会員様から高額の料金を取る必要がないのです。

これでもか!というくらい好きなだけ無料で使ってください。

スーパーだって試食コーナーありますよね?

美味しかったら勝手に買いますよね?

競馬情報だってそれと同じです。

当りもしない不味い情報に誰が馬券代払います?私なら絶対に払いませんね。

当たらない情報が当たり前ではありません。

当たる情報が当たり前です。

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

コメント