2015菊花賞(G1)過去10年の傾向と対策

スポンサーリンク

2015菊花賞(G1)過去10年の傾向と対策

昨年は高速馬場の影響でイン突きが勝利条件だったが、今年の京都も相変わらずの八百長高速馬場。

秋華賞は思わぬハイペースとなった為、外差しが決まったかのように見えるがそれは内側にいる逃げ先行馬が止まっただけの結果。

また、淀の3000mとなればウチをキープするのと外を追走するのではコーナリングも含めるとかなりの差が出てくる。

道中の不利のリスクも考慮すれば枠順発表の段階で勝敗は既に半分は決している状況。

やはりそこは運も味方につけてこそ勝機が見えよう。

中距離以上のG1で結果の出せなかった祐一と先週のタッチングスピーチでミスしたルメール。

ただ、2週連続のミスは考え難いルメールに比べると好騎乗の浜中から長距離が苦手の祐一ならこちらの方が組しやすいのではないだろうか。

祐一のベストオブ長距離騎乗といえば春の天皇賞のエリモエクスパイア。

エピファネイアの菊花賞なんてのは捕まっているだけで誰でも勝てたレースで評価に値しない。

◆2014        
1着1枠2トーホウジャッカル酒井3.01.005-0234.53
2着2枠4サウンズオブアース蛯名3.01.108-0434.44
3着5枠10ゴールドアクター隼人3.01.707-0635.07
◆2013        
1着2枠3エピファネイア福永3.05.202-0235.91
2着7枠14サトノノブレス岩田3.06.006-0436.25
3着5枠10バンデ松田3.06.001-0136.93
◆2012        
1着1枠1ゴールドシップ内田3.02.904-0235.91
2着8枠16スカイディグニティI.メ3.03.207-0436.15
3着7枠15ユウキソルジャー秋山3.03.512-1036.07
◆2011        
1着7枠14オルフェーヴル池添3.02.806-0334.61
2着7枠13ウインバリアシオン安藤3.03.216-1434.32
3着1枠1トーセンラー蛯名3.03.508-0635.23
◆2010        
1着3枠6ビッグウィーク川田3.06.102-0234.47
2着5枠10ローズキングダム武豊3.06.310-1033.91
3着6枠12ビートブラック3.06.303-0334.413
◆2009        
1着1枠1スリーロールス浜中3.03.505-0435.28
2着2枠3フォゲッタブル隼人3.03.509-0735.07
3着6枠12セイウンワンダー福永3.03.709-0735.26
◆2008        
1着7枠14オウケンブルースリ内田3.05.710-0234.81
2着1枠1フローテーション佑介3.05.913-1634.615
3着3枠5ナムラクレセント和田3.06.103-0235.49
◆2007        
1着5枠10アサクサキングス四位3.05.105-0235.84
2着6枠12アルナスライン和田3.05.106-0535.56
3着2枠4ロックドゥカンブ柴山3.05.313-1435.41
◆2006        
1着8枠18ソングオブウインド武幸3.02.716-0833.58
2着7枠13ドリームパスポート横山3.02.706-0734.02
3着3枠5アドマイヤメイン武豊3.03.001-0135.93
◆2005        
1着4枠7ディープインパクト武豊3.04.607-0733.31
2着3枠6アドマイヤジャパン横山3.04.902-0235.56
3着2枠4ローゼンクロイツ安藤3.05.604-0334.83

■人気別成績

1番人気 5.1.1★

----------

2番人気 0.2.0

3番人気 1.0.4△

4番人気 1.1.0

5番人気 0.2.0

6番人気 0.2.1

7番人気 1.1.2

8番人気 2.0.0▲

9番人気 0.0.1

10人下 0.1.1

※1人気が5.1.1の勝率5割複勝率7割なら上等。
対してそれ以外は多数のパターンがあり傾向が固まらない。

WIN5としては1人気の5割を信じて1点が思い切りがいい。

■枠順別成績

1枠 3.1.1◎

2枠 1.2.2

3枠 1.1.2

4枠 1.0.0

5枠 1.1.2

6枠 0.1.2

7枠 2.3.1○

8枠 1.1.0

※差しで好走の組は能力上位の馬。
枠の恩恵は内。

秋華賞は外の差しもある程度来たが、
あれはハイペースの特殊な展開の影響。

内にいるのは逃げ先行馬だから止まって当然。

■脚質好走成績

4角4番手以内の 8.4.5

うち、4角2番手 6.1.3

4角2桁から好走 0.3.2

※逃げ先行断然有利。

純粋な逃げ馬としてはバンデとアドマイヤメインのみ。
他は後方からでもまくってのポジション上げ。
ワンテンポ早く仕掛けて直線では先頭を狙える位置がVポジ。
器用さも求められる。

■前走別成績

神戸新聞杯(G2) 9.7.5★

セント記念(G2) 0.2.2

京都大賞典(G2) 0.1.0

野分特別(1000万)1.0.0

兵庫特別(1000万)0.0.2

支笏湖特(1000万)0.0.1

※当然ながら神戸新聞杯組で断然。

WIN5なら少なくとも1着馬狙いであるからして勝率9割のこの組から。

■まとめ

・1番人気は信頼出来るがリアルスティールかリアファルのどちらか。

 関係ないけれど名前が似ている2頭。

・当然内枠が有利だが、リアファルに関しては行く馬のため、

 それほど枠の影響はないかもしれない。

・リアルスティールが外枠でリアファルが1番人気になるようなら勝利は濃厚。

■ピックアップ

リアルスティール

リアファル

■今週の菊花賞(G1)の勝ち馬は、誰もが目を疑うあのド穴馬!?

未知なる距離の適正が問われる波乱含みな3歳クラシック最終戦

《 第76回 菊花賞(G1) 》

距離が未知なだけに波乱が起こる事もしばしば。

秋G1の中でも実に難解なレースである事は間違いない!

そんな中、今年の菊花賞の出走メンバーを多角的に検証した結果、

ドンピシャで勝ち馬傾向に当てはまる、超ド穴馬がいた!?

 

超高額配当を実現する、秋華賞の超ド穴馬情報。

 

今だけ特別無料公開中です!

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

アクセスランキング