2015ローズステークス(G2)過去10年の傾向と対策

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

191人の購読者に加わりましょう

2015ローズステークス(G2)過去10年の傾向と対策

秋華賞の王道ステップレース。

トライアルというよりも実績馬のひと叩きの意味が濃厚。

上がり馬などお構いなしに春の実績馬が順当勝ちのパターンが多い。

1,2番人気が揃って入着したのは4例。

実力馬が能力を発揮する一方で2,3着には上がり馬が割り込んで穴を開けることもある。

WIN5で考えれば穴馬の好走は着までで1着はないのは安心かもしれない。

◆2014        
1着 3枠 6 ヌーヴォレコルト 岩田 1.46.0 04-04 33.6 2
2着 2枠 3 タガノエトワール 小牧 1.46.2 09-09 33.3 15
3着 8枠 16 リラヴァティ 松山 1.46.4 01-01 34.6 9
◆2013        
1着 1枠 1 デニムアンドルビー 内田 1.47.7 18-12 36.0 1
2着 7枠 15 シャトーブランシュ 友一 1.47.8 15-17 35.7 9
3着 1枠 2 ウリウリ 浜中 1.47.8 10-09 36.4 10
◆2012        
1着 6枠 6 ジェンティルドンナ 岩田 1.46.8 02-02 33.2 1
2着 6枠 7 ヴィルシーナ 内田 1.47.0 05-05 33.2 2
3着 7枠 8 ラスヴェンチュラス 川田 1.47.1 06-07 33.1 3
◆2011        
1着 5枠 8 ホエールキャプチャ 池添 1.48.1 02-03 33.8 1
2着 7枠 11 マイネイサベル 小牧 1.48.1 07-08 33.3 10
3着 2枠 2 キョウワジャンヌ 飯田 1.48.2 05-05 33.7 7
◆2010        
1着 5枠 6 アニメイトバイオ 後藤 1.45.8 07-07 33.8 4
2着 7枠 9 ワイルドラズベリー 安藤 1.45.8 11-11 33.4 6
3着 8枠 12 エーシンリターンズ 福永 1.46.0 10-07 34.0 5
◆2009        
1着 2枠 4 ブロードストリート 藤田 1.44.7 07-08 34.2 5
2着 6枠 11 レッドディザイア 四位 1.44.7 11-12 34.0 1
3着 7枠 13 クーデグレイス 川田 1.44.9 02-02 35.0 10
◆2008        
1着 8枠 18 マイネレーツェル 川田 1.47.3 07-06 35.5 7
2着 5枠 10 ムードインディゴ 福永 1.47.3 14-11 35.0 9
3着 6枠 11 レジネッタ 小牧 1.47.4 07-06 35.6 1
◆2007        
1着 4枠 5 ダイワスカーレット 安藤 1.46.1 01-01 33.6 1
2着 1枠 1 ベッラレイア 武豊 1.46.2 05-05 33.2 2
3着 5枠 7 レインダンス 福永 1.46.3 03-03 33.6 3
◆2006        
1着 7枠 13 アドマイヤキッス 武豊 1.58.2 05-05 34.5 1
2着 5枠 10 シェルズレイ 四位 1.58.3 01-01 35.5 8
3着 4枠 8 フサイチパンドラ 福永 1.59.0 02-02 35.5 2
◆2005        
1着 5枠 9 エアメサイア 武豊 2.00.1 06-06 34.2 2
2着 6枠 10 ラインクラフト 福永 2.00.2 02-01 34.8 1
3着 7枠 12 ライラプス 松永 2.00.8 08-08 34.8 5

■人気別成績

1番人気 5.2.1★

2番人気 2.2.1◎

----------

3番人気 0.0.2

4番人気 1.0.0

5番人気 1.0.2

6番人気 0.1.0

7番人気 1.0.1

8番人気 0.1.0

9番人気 0.2.1

10人下 0.2.2

※1番人気が圧倒的な成績。

取りこぼしても2着2回に3着1回と8割は入着。
基準の期待値3割を大幅に超える5割なら信頼度は高い。

ちなみに飛んだ2回は休み明けで叩き良化型のアパパネと
戸崎が下ろされてから別馬になったレッドリヴェールの2例。

ただ、今年もレベルはそれなりだが、
1番人気が何になるかわからなさそうなところが気になるのは確か。

■枠順別成績

1枠 1.1.1

2枠 1.1.1

3枠 1.0.0

4枠 1.0.1

----------

5枠 3.2.1◎

6枠 1.3.1

7枠 1.3.3

----------

8枠 1.0.2

※強い馬が入った枠が勝っているだけで
人気上位馬の能力は信用してもよさそう。

穴馬は総じて外枠から。

人気馬から外枠の穴馬に流すのが馬券的には賢明か。

■脚質好走成績

4角4番手以内の 4.2.4

うち、4角2番手 2.2.3

4角2桁から好走 1.4.0

※後方から差し切りはデニムアンドルビーの1例のみ。
このときは雨で馬場も悪かった上にハイペースのレア。

直線2番手で2勝といってもダイワスカーレットとジェンティルドンナ。

こんなクラスの馬と比べては参考にもならない。

抜けた馬でもなければ前に行けばいいだけというわけでもない。

できれば先行差しがベスト。

■前走別成績

オーク(G1)   9.4.2

----------

桜花賞(G1)   1.0.0

NHK(G1)   0.1.0

関東オ(G2)   0.1.1

クイS(G3)   0.1.1

白百合(OP)   0.1.0

三面川(1000万) 0.0.2

ルスツ(1000万) 0.0.1

エ浜松(1000万) 0.0.1

西海賞(1000万) 0.0.1

鳥栖特(500万)  0.1.0

500万牝馬限定  0.0.1

牝馬未勝利   0.1.0

※とにもかくにもオークス経由組。

桜花賞から直行はダイワスカーレットであり参考外。

NHKマイル経由もラインクラフト。

今年の該当馬はいない。

当然オークス組から。

■まとめ

・1番人気が好成績だが今年は混戦?

・真ん中から外枠が優勢。

・先行差し。

・オークス組が2頭入着のケースが半数。
だが、3着まですべてがオークス経由の例はない。

・勝ち馬はオークスから直行が9勝。
1勝は桜花賞から直行のダイワスカーレット。

・なら必然的に勝ち馬は必ずオークスからも成り立つ。

・秋華賞の対決では桜花賞馬VSオークス馬は桜花賞が優勢だが、
ローズステークスではまずオークス直行が必然。

・どう考えてもミッキークイーンVSレッツゴードンキ。

・個人的にはトゥザワールドの妹トーセンビクトリー。
前走の勝ちっぷりは余裕十分で確かな成長。

■ピックアップ

レッツゴードンキ

ミッキークイーン

トーセンビクトリー

■本当に競馬で勝っている人が使う方法とは??

◆いつまでたっても安定して的中しない

◆的中しても大口配当とは程遠い

◆どこを見て予想していいのかわからない

もしかして、あなたもそんな悩みを抱えている一人ではないですか??

稼げないなら、もう競馬は止めよう。

なんて・・・

「まさか、思ってませんよね??」

これを見れば、勝てないなんてもう言わせません!

的中率70%を叩きだす、

べらぼうに凄い予想を今すぐご覧ください。

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

コメント