トーホウジャッカル

スポンサーリンク
傾向と対策

ドゥラメンテが現役最強を証明。2016宝塚記念(G1)過去10年の傾向と対策

2016宝塚記念(G1)過去10年の傾向と対策有馬記念に比べて有力どころの回避が多く、前期を締めくくるドリームレースにしてはいまひとつ盛り上がりを欠くことが多いレース。だが、今年はドバイ帰りの最強馬ドゥラメンテ、天皇賞春を制したカレンミロテ...
徹底攻略

第153回天皇賞・春(G1)はキタサンブラックがカレンミロティックとハナ差の接戦を制す。ゴールドアクターは外枠が響き連勝ストップ。

2016第153回天皇賞・春(G1)の結果分析白い問題児ゴールドシップが引退し、世代交代の足音が聞こえ始めた今年。谷間世代からは8番人気で有馬記念を制し、日経賞でも強い競馬を見せたゴールドアクターが一歩リード。これに追い切りで7馬身突き放す...
徹底攻略

2016京都11R天皇賞・春(G1)の徹底攻略データ

2016京都11R天皇賞春(G1)の徹底攻略データ【データでばっさり】2016天皇賞春(G1)の推奨馬はこれだ!個人的なデータだが馬の能力を信用できるかどうかの物差しとして58キロを背負ったときの成績に注目している。今年の出走メンバーで前哨...
スポンサーリンク
アクセスランキング