マイラプソディ

スポンサーリンク
徹底攻略

脆くも崩れ去った共同通信杯(G3)武豊マイラプソディへの過度の期待と厳しい現実

 共同通信杯もまた、京都記念同様に人気馬がアテにならない傾向の強いレースだ。過去10年で6頭もの単勝1倍台だった馬たちが、その期待を裏切ってきた歴史がある。19年は1.7倍のアドマイヤマーズ、15年は1.8倍のドゥラメンテ、12年は1.4倍...
徹底攻略

【共同通信杯・京都記念】東京よりも京都で狙いたい追い切り注目馬

日曜京都11R京都記念(G2) クロノジェネシス 栗東CWで68.0-52.5-37.9-11.9と軽快。 動ける体だが、エリ女と同じ2200mでスタミナには不安。 ステイフーリッシュ 栗東坂路で52.7-38.3-25.0-...
傾向と対策

【共同通信杯2020】武豊マイラプソディに黄信号!? 検証で浮き出たレースレベルへの疑問

 先週のきさらぎ賞(G3)は、川田騎乗の8枠8番アルジャンナが単勝1.5倍の圧倒的支持を裏切り、3着敗退。  さすがに少し気になってきたタイミングで、共同通信杯には満を持して武豊マイラプソディが登場。  当たり年と言われるハーツクライの...
傾向と対策

【共同通信杯2020】武豊マイラプソディ強過ぎて勝てない!?歴史が紐解く危険な人気馬の条件とは

 16日の東京11Rは共同通信杯(G3)が開催される。3歳牡馬は朝日杯FS(G1)勝ちのサリオス、ホープフルS(G1)を勝ったコントレイルが他馬を大きくリード。これに続くのが、京成杯(G3)を粗削りながら強い勝ち方をしたクリスタルブラッ...
スポンサーリンク
アクセスランキング