【WIN5】弥生賞、他WIN5対象レースの予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

189人の購読者に加わりましょう
■阪神10R戎橋S(3勝)芝1400 ※逃げ不在

抜けた馬がいない混戦は平常運転。

ただ先週の阪急杯でも分かるように
この時期の阪神は公正競馬じゃない。

徹頭徹尾内前狙いがベターだ。

ウインマーベルだって内枠じゃなきゃ
1点絞りにしていなかった。

外枠のアサカラキングが好走したのは
枠の割引を受けない逃げ馬だったからだろう。

まずは持ちタイムがあって
前々で競馬のデキそうな内枠。

雲雀S
ミシシッピ 1.20.5→2番
ヤマニン  1.20.5→10番
レイベ   1.20.6→7番

前走1着
テーオーダヴィンチ

近走安定
レベレンシア 先行

六甲アイランドS
レイベリング 1.20.6
ベルクレスタ 1.20.6
----------
サンライズロナ1.20.9→阪急杯3着

テーオーダヴィンチを押さえるなら
1400で先着したイティラネートルの一発にも警戒か。

この馬は行ってこそのタイプ。

ただキズナ産駒がこの条件未勝利なんだよな。

スーサンアッシャーは横山典弘だけが怖い(笑)

◎テーオーダヴィンチ
○レベレンシア
▲レイベリング
△ミシシッピテソーロ
×スーサンアッシャー

■中山10R総武S(OP)ダ1800 ※逃げ不在

前走で負かしたミラクルティアラが
土曜中山の上総S(3勝)で勝利。

しかも牡馬相手に56キロのハンデで勝利。

サーマルソアリングが
牝馬限定戦を連勝しているという隙はなくなった?

ただ1倍台のような大本命になるようなら
ここは逆張りがWIN5の戦い方。

その一方で大事なのは欲張らないことだ。

1倍台、即ち多くの初心者が1点で済ませようとする。
穴馬を狙わずとも負けてくれればいいだけ。

脳死で234人気あたりまでフォローしとけばOK。

芝の場合は7人気くらいまで警戒する必要があるけどね。

元々のポテンシャルではデリカダが断然。

伏竜Sで負かした面々が強過ぎる。

いやでも、14着はさすがに負け過ぎじゃないか。

あそこまで惨敗すると一度くらい使っても
一変までは期待できそうにない。

しかもゴ三浦師匠でしょ?

ダートの傾向に従って
上から5頭くらいをチョイスしたい。

最後に気持ち悪いデータを紹介。

★過去10年の総武Sの勝ち馬は
全馬が500キロ以上。

キングストンボーイ ○
デリカダ      ○
パワーブローキング ○
セファーラジエル  ○
サトノロイヤル   ○
アルドーレ     ○
サンライズウルス  ○
テイエムアトム   ○
----------
ケイアイシェルビー ×
ロードヴァレンチ  ×
ガンダルフ     ×
ゴールドハイアー  ×
キタノヴィジョン  ×
サーマルソアリング ×
プライドランド   ×

◎サーマルソアリング
○キングストンボーイ
▲キタノヴィジョン
△サンライズウルス
×セファーラジエル

■小倉11R関門橋S(3勝)芝2000

まず安田先生の引退ヤリ。

机とエーデルブルーメは押さえる。

後は貫太のニホンピロキーフ。

小倉だと2割増しの浜中あたりか。

ハンパに警戒して点数は増やしたくない。

小倉が使い込むと使い込むほど
前残りするようになってるのは造園課の仕業か?

逃げ馬2頭も一応気になるね。

前走1着ウインシュクランはスローの前残り。
レースレベルには疑問が残る。

それならまだウィズユアドリーム。

◎エーデルブルーメ
○ニホンピロキーフ
▲シホノスペランツァ
△シェイクユアハート
×ウィズユアドリーム

■阪神11R大阪城S(L)芝1800

OPやLは前走の着順より
重賞で負けている馬の方が好走しやすい。

まあ単純に強い相手に負けているだけだから
弱い者いじめをしている馬より強いだけ。

ここの引退ヤリは
ザバエフ&安田先生とガシマン&中野先生。

デビッドバローズの前走は
休み明けの大敗で嫌われたが
元々の能力は高かった馬。

底力なら58.5キロでもステラヴェローチェ。

後はピンハイまで。

◎グラティアス
○デビッドバローズ
▲ステラヴェローチェ
△ピンハイ
×フォワードアゲン

■中山11R弥生賞(G2)芝2000

前売りオッズは
1人気トロヴァトーレ
2人気シンエンペラー
3人気ダノンエアズロック

今年のういんごさんは
とにかくラストがKYばかり。

ここまで10回が終わって
1人気の勝利は根岸Sのエンペラーワケアのみ。

データ派としても10戦1勝は不安材料。

とはいえG2なら、そこまで未知な馬ばかりでもない。

でもここは点数使いたくねえなあ。

過去10年の傾向としても
18年ダノンプレミアムの優勝を最後に
1人気馬は5連敗中。

その間に勝ったのは
82433人気。

8人気メイショウテンゲンの年はキャリーになる大波乱。

てことは234人気の3頭でいい。

というデータ的な意味だけではなく
トロヴァトーレを信用していないのも理由だ。

この馬はデビュー2連勝を決めているものの
実はマイネルフランツに連勝しただけ。

デビュー戦で0秒5差3着がマイネルフランツ。
2戦目の0秒3差もまたマイネルフランツ。

つまりマイネルフランツより少し強いくらいなのよ。

で、そのフランツさんはトロヴァトーレやった後に
京成杯で1秒2差の大敗を喫し
水仙賞で0秒2差の2着。

勝ち馬クリスマスパレードで2戦無敗。

なるほどね。

12月頭の葉牡丹賞(2.00.4)と
暮れの傷み過ぎたホープフル(2.00.2)なら
当然レベルはG1だよな。

あとは、個人的な印象も否定しないが
葉牡丹賞とか中山2000で強い競馬をして注目された馬は
基本大成しない。

ミッキーカプチーノとかそうだったよね。

東京で強い馬が中山でも強いはあり。

中山だけ強い馬が他でも強いかは疑問。

また、ダノンエアズロックについても疑わしい。

血統的にモシーンの仔で父はモーリス。

姉のプリモシーンはディープ産駒だったが
モーリスなら秋に良くなりそう。

アイビーSでレガレイアを負かした事実はあれど
ホウオウプロザンゲまで先着できてしまうクソ八百長馬場。

この馬は次走京都2歳でシンエンペラーに完敗し
さらにすみれS(L)も7着って程度。

当時の府中は行ったまましか好走できない馬場だった。

あの逆境で勝ったのってゴンバデカーブースくらいでしょ?

だからあの馬はかなり高い評価をしている。

ということで本命はシンエンペラーに落ち着いた。

矢作先生が川田を指名してまで勝負。

ガシマン乗せてやらんのか。

暮れの外差し馬場に比べて今は内前でしょ?

前走はソラを使ったらしいが
内で脚を溜めて狡いレースをすればいい。

元々サンライズジパング狙いたかったくらいだから
この馬に2馬身先着なら上等。

内前狙うなら当然シュバルツクーゲルも買うよね。

鹿戸厩舎の2頭出しなら人気薄を買えの格言通り。

土曜は川田ラーメン食べたしフラグも立てた(笑)

◎シンエンペラー
○シュバルツクーゲル
▲トロヴァトーレ
△ダノンエアズロック
×アドミラルシップ

※当サイトの予想はWIN5を想定しています。

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと