【WIN5】東京11R NHKマイルC(G1)の予想

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

192人の購読者に加わりましょう

■東京11R NHKマイルC(G1)芝1600

レシステンシアのJFはとにかくハイパフォーマンスだった。

内容も時計もFSのサリオスを上回る勝ち方。

この時期の2歳牝馬が出せるものではないというのが率直な感想。

皐月賞のサリオスを割り引くきっかけとなったのもこれ。

ところがチューリップ賞の走りは一転して別馬のような負け方。

溜めると拍子抜けするほど伸びなかった。

なら超速馬場の阪神で溜めたら切れ負けすると見たのが桜花賞。

乗り替わった豊が積極策を取らないと見たからだ。

で、実際スマイルカナを先にやって展開的には見立て通りにはなったが、直前の大雨が大きく影響した。

あれで、無理に飛ばさなくてもちょうどいいラップを刻めたことで好走条件を満たした。

展開的には当然スマイルカナの好走条件も同じなわけだからセットで残る。

ここまでは理解が追い付く。

で、今回NHKの舞台は東京。

だが、最近の東京の高速馬場の特徴はスローだと逆に差しが決まっている。

今回も同じなのかどうか確認するために土曜の傾向を見ていたのだが違った。

前にいればそのまま残れている。

そして外差しも強い馬が伸びてはいても勝ち切るまではいっていない。

なら逃げ先行で問題はなさそう。

そこへきて追い風となるのがNHKマイルというレース自体が前傾になりやすいレース。

過去の傾向でもほぼほぼ前傾ラップが刻まれている。

ということは最低普通にレースをしても前傾が想定しやすい。

残る不安材料は桜花賞激走の疲れとルメールのテン乗り。

疲れに関しては正直外野が推測したところでわからない。

結果的に終わってみればそうだったのかもしれないというのが分かる程度。

レースの前に下手に勘ぐったところで大丈夫でしたではしょうがない。

これは考えるだけ無駄。

追い切りが軽めだったといってもフットワークは乱れていなかったし見た目も悪くなかった。

時計だけ見て勝手に不安になってもマイラーズCのインディチャンプだって普通に走った。

そのときもしまいが13.6で不安視される原因となった。

まあインディチャンプについてはラスト1Fだけ落ちて全体ラップは速かったが。。。

レシステンシアは全体時計も56.5と遅いのだから一理ある。

ただ、時計自体は1週前に53.2を出しているのだから現状維持なのだろう。

個人的にはむしろルメールの方が不安材料かもしれない。

一度レースで乗っていればかつてのメジャーエンブレムのように失敗してもアジャストは出来るが今回は初騎乗。

勝つならサイレンススズカのような馬鹿逃げが理想。

どうせ切れる脚はないのだからスピードを活かしてセーフティリードを取れば、大楽勝すらある。

また、今の馬場状態を考えたときに出遅れ癖のあるサトノインプレッサは非常に危うい。
出遅れ⇒大外回すしかない⇒伸びないというのは容易に想像できそう。

レーンは怖いがルフトシュトロームも気乗りしない馬。

シーズンズギフトやウイングレイテストと大差ない競馬。

NZT組は好走した馬より敗れた馬が巻き返すステップだけにどうか。

そもそも中山しか経験をしていない馬が東京で同じように走れるかは疑問。

怖さがあるならまだファルコンS組やアーリントン組。

タイセイビジョンの人気にも納得。

この馬は内枠を引けたのがよかった。

豊もサトノよりこっちならよかったが脩での参戦。

過去にルメールも豊も乗って脩なのだからどちらにも選ばれなかった。

また、能力は認めてもJFより下のFSでサリオスに完敗なら
レシステンシアが普通に入ったときには敵わない相手。

タワーオブロンドンと似たような臨戦過程でもあり、連下までの評価。

突き抜けるまでのイメージはわかなかった。

外の人気馬はばっさりやってそれより内の穴馬に絨毯爆撃したい感じ。

◎レシステンシア
〇タイセイビジョン
▲ラインベック
△シャインガーネット
×プリンスリターン

■あなたは、このページを見た今週末から3回に1回三連単が的中します。

予想する必要は一切なく、

買い目は1レース1分で出す事ができ、 点数は36点~60点(3連単の場合)で、 3連単が3回に1回的中させる事ができます。 その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

まずは、無料で使ってください。

思う存分、使い倒してください。

思う存分、的中させてください。

思う存分、稼いでください。

▼ ▼ ▼

うまとみらいと うまとみらいと