【WIN5向け】2016有馬記念(G1)過去10年の傾向と対策

スポンサーリンク

【WIN5向け】2016有馬記念(G1)過去10年の傾向と対策

終わりよければ何でもありまんねんな有馬記念である。

ホントはその前の金曜に中山大障害という立派なJ・G1があるのだが、普段障害をまったくやらない小生としては申し訳ないが割り切ってジャンプ~!

古くはオグリキャップの復活ラストランに始まり、トウカイテイオーの奇跡の復活。

個人的には土曜のラジオたんぱ3歳のロイヤルタッチとイシノサンデーで稼いだ金をそのまま有馬に突っ込んで大口を窓口で換金した思い出。

マヤノトップガンとタイキブリザードで決まった96年が最も印象深い。

前年の1,2着馬ブライアンとアマゾンが再戦ムードだったからいい配当だった。

あの機械って100万までは出てくるんだっけ?

まだ学生の頃で4770円の馬連を2万買ってたから95万4千円だったのね。

あわせて払い戻せば帯でもらえたのに別々に払い戻したからいまだに帯は未経験のままである。

WIN5では勿論あるのだが、現金と違ってこちらは口座にそのままポンと何百万か振り込まれるから味気ない。

ネット限定をさっさとやめて場外でも購入できるようにならないものか。

高額払戻の興奮はやはり手渡しでもらってこそなんだよなあ。

まあそんな話はさておき、どんなに好調でも不調でも必死で当てたくなるのが有馬記念。

1年の計は金杯にありなんて言うけれどそこに有馬記念ほどの必死さは感じない。

せいぜい年末年始で禁断症状が出始めたおっさんが缶ビール片手に言う程度である。

本題に入ろう。

今年の注目はというか例年の注目だが世代レベルの比較。

ここを間違えると予想そのものが根底から覆ってしまう恐れがある。

はい、結論。

キタサンブラックで勝てるさ(逆襲のシャアでアムロがフィン・ファンネルで勝てるさと言った風)

■2015有馬記念(G1) ゴールドアクター

■過去10年の結果

◆2015                         
1着4枠7ゴールドアクター牡42.33.005-0334.8吉田隼人2
2着5枠9サウンズオブアース牡42.33.005-0634.7デムーロ1
3着6枠11キタサンブラック牡32.33.101-0135.1横山典弘11
◆2014         
1着2枠4ジェンティルドンナ牝52.35.303-0234.1戸崎圭太1
2着3枠6トゥザワールド牡32.35.406-0733.8ビュイッ14
3着7枠14ゴールドシップ牡52.35.406-0533.9岩田康誠3
◆2013         
1着3枠6オルフェーヴル牡52.32.312-0236.0池添謙一4
2着2枠4ウインバリアシオン牡52.33.612-0437.3岩田康誠6
3着7枠14ゴールドシップ牡42.33.808-0437.8R.ムーア5
◆2012         
1着7枠13ゴールドシップ牡32.31.914-1034.9内田博幸7
2着3枠6オーシャンブルー牡42.32.110-1035.3ルメール1
3着5枠9ルーラーシップ牡52.32.214-1235.2ウィリア3
◆2011         
1着6枠9オルフェーヴル牡32.36.008-0533.3池添謙一1
2着4枠5エイシンフラッシュ牡42.36.106-0533.6ルメール4
3着5枠7トゥザグローリー牡42.36.110-0833.3福永祐一8
◆2010         
1着1枠1ヴィクトワールピサ牡32.32.602-0234.6デムーロ5
2着4枠7ブエナビスタ牝42.32.609-0833.8スミヨン4
3着6枠11トゥザグローリー牡32.32.603-0234.4ウィリア2
◆2009         
1着5枠9ドリームジャーニー牡52.30.014-0835.2池添謙一1
2着1枠2ブエナビスタ牝32.30.104-0335.8横山典弘2
3着3枠6エアシェイディ牡82.30.815-1235.7後藤浩輝5
◆2008         
1着8枠13ダイワスカーレット牝42.31.501-0136.4安藤勝己2
2着8枠14アドマイヤモナーク牡72.31.813-1135.8川田将雅5
3着4枠6エアシェイディ牡72.31.905-0736.4後藤浩輝1
◆2007         
1着2枠3マツリダゴッホ牡42.33.603-0236.3蛯名正義3
2着4枠7ダイワスカーレット牝32.33.802-0136.6安藤勝己10
3着2枠4ダイワメジャー牡62.34.208-0436.4デムーロ4
◆2006         
1着3枠4ディープインパクト牡42.31.911-1033.8武豊2
2着1枠1ポップロック牡52.32.404-0435.0O.ペリエ7
3着4枠5ダイワメジャー牡52.32.502-0235.3安藤勝己1

■人気別成績

1番人気  5.2.1★

2番人気  2.0.2〇

----------

3番人気  0.0.1

4番人気  1.1.1

5番人気  0.2.0

6番人気  0.1.1

7番人気  0.1.0

8番人気  1.0.0

9番人気  1.1.1

10人下   0.2.3

※1番人気で勝率5割。

1,2番人気なら7割確保なら迷わず。

■枠順別成績

1枠  1.2.0

2枠  2.1.1

3枠  2.2.1

4枠  1.3.2

----------

5枠  1.1.2

6枠  1.0.2

7枠  1.0.2

8枠  1.1.0

※勝ち馬はフラットに出ているが、2,3着には内外の有利不利が顕著。

内に越したことはない。

■年齢別成績

3歳  3.3.2◎

4歳  4.4.2★

5歳  3.2.3◎

---------

6歳  0.0.1

7歳  0.1.1

8歳  0.0.1

最強クラスの馬は引退が早く6歳以上は不振。

クラブの馬なら5歳まで。

■脚質別好走成績

逃げ  1.0.1

先行  4.3.3★

差し  4.5.3★

追込  0.1.2

マクリ 1.1.1

※その年の馬場の傾向に大きく左右される。

かつて力のある馬向けだった暮れの中山だったが、最内を引かせたジェンティルドンナの2014から軽さが目につくようになった。

馬場を造り変えた影響はかなり大きく、これまで中山を苦手としていたディープ産駒の好走率が大幅に上昇。

ステイゴールド系の切れないバテないタイプよりディープ系の軽くて切れるタイプが優勢に変わった。

■前走着順別成績

1着  4.2.4★

2着  2.2.0

----------

3着  1.2.1

4着  1.0.0

----------

5着  0.1.2

6着下 2.3.3

※前走6着以下敗退の馬はドリームジャーニーの天皇賞6着とマツリダゴッホの天皇賞15着。

これはいずれも左回りが苦手だった馬でデータとしては参考外とすることが可能。

他はヴィクトワールピサのJC3着とジェンティルドンナのJC4着の2例。

これらの2頭については既にG1勝ち実績のあった馬。

G1馬ならば前走JCの3,4着はギリギリ許容範囲。

■前走別成績

JC(G1)     3.4.4 ジェンティルドンナ、ヴィクトワールピサ、ディープインパクト

天皇賞秋(G1)   3.0.1 ドリームジャーニー、ダイワスカーレット、マツリダゴッホ

菊花賞(G1)    2.1.1 ゴールドシップ、オルフェーヴル

凱旋門賞(G1)   1.0.1 オルフェーヴル

アル共杯(G2)   1.0.0 ゴールドアクター

----------

金鯱賞(G2)    0.2.0

エリ女杯(G1)   0.2.0

メルボC(G1)   0.1.0

マイルCS(G1)   0.0.2

中日新杯(G3)   0.0.1

※マツリダゴッホとドリームジャーニーのレアケースを除くと秋天はアウト。

凱旋門賞に使うレベルの馬は不在。

アル共を勝ったシュヴァルグランはJCに出走。

となると勝ち馬の候補は早くもJC4着以内と菊花賞勝ち馬に絞られる。

ところが菊花賞勝ち馬の有馬優勝はオルフェーヴルとゴールドシップの2頭のみ。

そしてこの2頭に共通するのは世代最強の評価と1番人気での勝利。

ここまではサトノダイヤモンドもクリア可能なのだが、有馬記念での1番人気が条件となるためこれで脱落。

おそらくキタサンブラックが1番人気濃厚であり、サトノは勝ち馬候補としては失格となる。

■まとめ

・1番人気。

・内枠有利。

・3,4,5歳で6歳上不可。

・先行差し。

・前走1着。

・前走JC。

■ピックアップ

キタサンブラック

※データを拾えば拾うほどキタサンブラックしか残らない。

最近のサトノのG1好走は見逃せないが、ハイレベル3歳の前評判は既に崩壊済。

2歳マイルでは減点にならないクリストフだったが、古馬中距離G1なら平常運転。

また、菊花賞から有馬に出走して勝てなくても入着した馬は翌年に天下を取る傾向。

ゼンノロブロイやテイエムオペラオーなど。

■2016ジャパンカップ(G1)のレース結果分析

父ブラックタイドに主戦は北村宏司と地味な背景から実力先行タイプの馬だったが、豊への乗替りをきっかけに人気が追い付いてきた。

ジャパンカップは見た目の落差とは裏腹にシビアな駆け引きがあった。

第36回ジャパンカップ(G1)は武豊の1番人気キタサンブラックが他馬を圧逃!武豊はJC最多の4勝目
2016第36回ジャパンカップ(G1)の結果分析雨予報が心配されたが、馬場に影響することもなく良での開催。差しの決まる馬場だった京都でまたいつものごとく前残りが多発するようになってきた中で東京は開幕週から依然として外差し馬場が維持のまま。逃...

■なぜ無料でここまで出来るのか普通に考えてみてください。

各情報サイトは儲かっていそうな実績を並べてはいますが、儲かっているのになぜ会員さんから高額の情報料を取るのか。

私たちが無料で競馬情報サービスをお届け出来るのは、馬券で儲かっているからです!

なので会員様から高額の料金を取る必要がないのです。

これでもか!というくらい好きなだけ無料で使ってください。

スーパーだって試食コーナーありますよね?

美味しかったら勝手に買いますよね?

競馬情報だってそれと同じです。

当りもしない不味い情報に誰が馬券代払います?私なら絶対に払いませんね。

当たらない情報が当たり前ではありません。

当たる情報が当たり前です。

▼ ▼ ▼

k-468x60 その2

アクセスランキング