ゴールドシップ

傾向と対策

2016天皇賞春(G1)過去10年の傾向と対策

2016天皇賞春(G1)過去10年の傾向と対策 昨年は菊花賞馬なのに2年連続人気を裏切ってきたゴールドシップが3度目の正直で勝利。菊花賞馬が天皇賞春を勝てなかったのはさすがに格好が悪かった。次は3連覇が懸かる宝塚記念は磐石と思わせながら結果...
結果分析

第60回有馬記念(G1)は吉田隼人ゴールドアクターが4連勝で人馬ともに初G1勝利。引退レースのゴールドシップは8着

2015第60回有馬記念(G1)の結果分析昨年はエピファネイアにジャスタウェイにジェンティルドンナとスターホースの出走に沸いたが、今年はドゥラメンテを欠いた3歳世代と戦国模様の古馬とまさに主役不在の大混戦。話題となったのはむしろゴールドシッ...
傾向と対策

ラブリー2枠4番、ゴルシ8枠15番。2015第60回有馬記念(G1)枠順確定後の展望と各馬の論評

2015第60回有馬記念(G1)枠順確定後の展望と各馬の論評昨年ほどの胡散臭さはないものの形式上は公開抽選となった有馬記念の枠順が発表された。京都もそうだったが中山も枠が大きく影響する舞台設定の有馬記念。公正競馬の建前をアピールしたいならも...
スポンサーリンク
ja日本語
ja日本語